禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おでん東大

toudai1.jpg

事前に調べて知ってたとはいえ、薄暗い繁華街の路地裏で看板の灯りもつけずに夜9時過ぎに開店…というスタイルは、あまりに特殊で驚いた(写真で看板が光ってるのは隣のスナック)。実際、開店10分後に店内の明かりすら漏らさぬように目隠しが貼られた扉を開けるとカウンターから座敷まで満席!どうにか相席させてもらい座る事ができた。さすが人気店…

toudai4.jpg

おでん(各100円台)…昆布の濃いダシが効いていて文句なしに美味。柔らかくプルプルのモツ、味が染みコリコリのハツ、太いヒジキがギッシリ入った袋は個性的、厚揚げは単なる豆腐じゃなく練り物系の食感があった…ちょっとした沖縄らしい特徴が面白い。

toudai3.jpg

焼きてびち(小600円)…この店の一番人気で、お客さん皆が注文している。我々は店内にいる客の中でラストに入店してきたので「何時に出せるかわからないけど…」と言われたけど、それでもお願いしますと頼んだ。一時間程かかりやっとテーブルに置かれた時は、思わず「うわっ!」と声が出た。外側はカリカリに揚げ焼きにされており、内側はコラーゲンと脂でトロトロ…もちろん美味しい!美味しいんだけど、さすがにこの脂…ボクは1/4でギブアップだったけど、残りは豚足大好きなジュンがキレイに!ホント骨までキレイにしゃぶりつくして完食!

toudai2.jpg

ミミガーとマメのサシミ(200円)…料理はたいらげてしまったけど、まだグラスの泡盛は残ってるね…という事で軽い気持ちで注文したこのひと皿、まさかのボリューム!これで200円ていったい??しかもスゴく美味しい!サシミと書いてはあるが、サッと湯通しされたミミガーとマメ(腎臓)がコリコリで醤油とコーレーグースの辛いタレに合うこと合うこと!

こんな人気店なのに、リーズナブルで美味しくて店員のお姉さんお兄さんも愛想よく…なんか、あまりのレベルの高さにクラッとしてしまった。決してキレイな店ではないし、騒がしいお客さんがいたりもあるだろうけど、それを乗り越えてでも来たくなる良店であった。

住所/沖縄県那覇市安里388-8
時間/21:30~翌4:00、日月曜定休・祝祭休・お盆休
 
スポンサーサイト
  1. 2012/12/12(水) 23:23:23|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山羊料理 美咲

今回の沖縄旅行で、ジュンが「絶対食べてみたい」と言っていたのが、山羊刺しだった。ネットで調べた人気店、早めの時間に伺ったつもりだったが、残念ながら満席!店のおばちゃんが「2時間くらい散歩してから来て~」とカウンター越しに笑う。小雨降る中、ホントに1時間ばかり街を歩くが、空腹と喉の乾きMAXで険悪なムードになってしまい人気店を諦め別の店に…で、無事入れたのがモノレール安里駅近くのこのお店。

長いカウンターと、その奥のカラオケの機械…場末のスナック?といった雰囲気だが、カウンターの中の元気なおばちゃんに促されるままに席についた。オリオンの生と、何はともあれまずは「山羊刺し」!

yagisasi1.jpg

山羊刺し(1人前1,200円)…驚くほど美味しかった!生肉好きな嫁に付き合い、かなり色々な生肉を食べてきたが今迄で一番美味しい生肉だと思った。生肉刺しの評価で必ず言われるのが「生臭いか?臭くないか?」だが、臭くないならないで味気なく、面白味に欠け「美味しい」には繋がらない気がする。その点、この山羊刺しはちゃんと肉に旨味が…ジンギスカンで香るような独特な旨味を感じることが出来る。タレのショウガ酢醤油の味が咀嚼と共に薄れると、噛むごとに旨味がどんどん強くなり「いま自分は山羊を食べてる!生で!」という思いが強くなるのだ。

柔らかい赤肉部とコリコリした皮部がセットになって切られているのもいい!あまり美味しいので、泡盛と共にお替わりしてしまった。肉の下に見慣れない葉っぱが敷かれていたので、おばちゃんに「コレ何ですか?」と聞くと「ヨモギだよ」と言い、我々の皿のヨモギを何枚かつまむとギュッギュと揉んでタレをつけてパクリ。我々も続けて真似てみたが、強烈な草の存在感!おばちゃんも苦そうな顔してた…でも、ホントに山羊料理にヨモギは付き物らしい。

yagisasi3.jpg

おばちゃんも隣席のじいちゃんも山形の話題を興味深そうに聞いてくれ盛り上がった。じいちゃんの「こういう、旅行に来て地元の人間と話し弾むの楽しいだろ?」という言葉が、嫌味じゃなく素直に伝わる。ボクも山形で県外の方と居酒屋で同席すると、同じような事を考えるもの。

yagisasi4.jpg

おばちゃんが「これ良かったら食べてみて」と出してくれたモズクの天麩羅やソーメンチャンプルー、何だかんだお代に入ってるんだろうな…と思ってたが、会計時に入ってない事がわかってビックリ!逆に悪い気すらしてしまった。たった一合の泡盛を注文するのに「オススメありますか?」と質問したら並んだ泡盛一種類ずつ細かく説明してくれたり、お替わりの山羊刺し半量でいいなと思い「オカーサン、ちょっとお願いあるんだけど」と声かけると「なに?なに?」とカウンターから身を乗り出してきてくれたりと、情の深さがいちいちハンパない!

yagisasi5.jpg

酒場を渡り歩く者には、ある意味挨拶のようなものだが、帰り際の「また来ます」がこれほど力強く口をついて出たのは久々かもしれない。ホント、行けるものなら今夜も行きたいと思ってしまう居酒屋だった。

住所/沖縄県那覇市安里388-6
時間/17:00~翌3:00
 
  1. 2012/12/11(火) 19:19:19|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

那覇亭

nahatei1.jpg

那覇空港のスグそば、レンタカー屋の多い通りの交差点にある沖縄料理屋さん。外観の雰囲気から「観光客向けの浮ついた店じゃないか?」なんて邪推してたけど、店内は地元のファミリー客や仕事の休憩時間て感じの若者がパラパラ…店員のおばちゃんもハキハキしてて悪くない。

nahatei4.jpg

那覇そば(800円)…この店のオリジナルだろうか?沖縄そばやソーキそばは、それぞれのってる肉がちがうのだが、この『那覇そば』は、三枚肉・軟骨ソーキ・本ソーキという3種類がドドン!とのってるスペシャルなメニュー!スープは「こってり」と「あっさり」が選べる…こってりは豚骨スープだそうだが、ノーマルな鰹ダシメインのあっさりを選んだ。麺は、ボソボソ度が高くコシの強いものだった(同じ沖縄そばでもボソボソ度の低いものもある)。テーブルに置かれた紅しょうがとコーレーグスをババッと入れると、鰹のふんわりしたダシがビッと締まり美味。

nahatei2.jpg

煮付け定食(880円)…「沖縄についたらまず食べよう」と思ってたのが煮物だったので、迷わずこれを注文。ホロホロの豚三枚肉、野菜、独特のしっとり感がある厚揚げ、コンニャク等を濃い昆布ダシで煮込んである…もちろん美味しい!小ぶりの沖縄そばとオマケのような刺身(甘エビ・サーモン)、モズクが付いている。満腹満足!

nahatei3.jpg

住所/沖縄県那覇市金城2-18-7
時間/10:30~21:30(LO.21:00)年中無休
 
  1. 2012/12/05(水) 00:00:00|
  2. 街の食堂消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道頓堀

doutom1.jpg

観光客なら一度は訪れるであろう国際通りからほど近い公設市場2階にある食堂。1階で購入した海産物を2階で調理してもらうことも出来る。数軒の食堂がひしめき合い呼び込みも激しいが、いわゆる“観光地価格”という程ひどいボッタクリ店は無い印象。もちろんアーケード奥にある「ソーキそば 350円」みたいな大衆食堂然とした店もいいが、色んな物が食べたい!みたいな時に、こういった食堂は便利だと思う。

doutom6.jpg

近海物刺身盛り合わせ(1,000円)…海を見てると生魚を食べずにはいられない!というジュンが頼んだ。美味しいかどうかではない「食べずにはいられない!」のだから。ブダイ(イラブチャー)、マグロ、イカ辺りが近海物か?ボク的には、柔らかいイカだけが美味しかった。

doutom5.jpg

天麩羅の三種盛(500円)…島らっきょう・紅しょうが・モズクの三品を沖縄らしくボッテリした衣の天麩羅にしてある。美味しいかどうか聞かれたら「ボッテリしてるね」としか答えられないかもしれないが、「食べました!」という満足度は低くなかった。

doutom4.jpg

ライスチャンポン(650円)…ボクが定食屋等で、ちょっと風変わりな物を頼むとハズレな事が多いのだが、これは会心の一撃と言っていい程の大当たり!ポーク入りの野菜炒め(つまりポークチャンプルー)をたっぷりの玉子でとじて、ウスターソースがサッとかけられ白飯の上にのっかってるのですが…素晴らしい!

doutom3.jpg

具のメインが野菜炒めじゃ味薄いんじゃない?と思う人もいるかもしれないが、そこらへんを考慮して濃いめの味付けになっているので、白飯もゴンゴンすすんでしまう。名前も『野菜玉子丼』みたいなだと弱々しくなってしまうとこ、『ライスチャンポン』という個性的なネーミングが魅力的…個人的に凄い潜在能力を持ったメニューだと思う。

doutom2.jpg

沖縄そば(小380円)…当たり外れのない安定した美味しさの沖縄そば、麺はボソボソ度の低いツルツルタイプ。運ばれて来た時に「ちっさ!」と一瞬思ってしまったが、沖縄そばって麺のボリュームがあるから、意外に食べ応えあるのよね…御見逸れ致しました。

住所/沖縄県那覇市松尾2-10-1第一牧志公設市場2F
時間/9:00~21:00(LO)第四日曜休
 
  1. 2012/12/04(火) 00:00:00|
  2. 街の食堂消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄旅行2012

この10年間「旅行どこ行きたい?」と質問すると、まっ先に「沖縄!」と答えてたジュンだが、なんやかんやとボクに説き伏せられ結局、タイやベトナムや台湾へ…今回、体外受精一回目残念でした!という事で気晴らし旅行「どこに?」と聞くと、やはり「沖縄!」そんなわけで、ようやく2泊3日と短いながらも、10年ぶりの沖縄旅行に行って来たのでした。

仙台からの飛行機は相変わらず、定年後のびのび富裕層ジジババや不倫風年齢差カップルばかり!本格的な冬がはじまったばかりの東北から、タイムマシーンで2ヶ月前に戻ったような暖かさの沖縄に3時間で到着!

空港からレンタカーに乗り、渋滞の那覇市内を抜け北谷の『ザ・ビーチタワー沖縄』にチェックイン。思えば、アジア旅行ではいつも格安ツアーなので低ランクのホテル、仙台や東北旅行でも価格重視の安ビジネスホテル利用で、たまに東横インに泊まると「やっぱ、部屋がキレイだと寝つきがイイな~」なんて感動するレベルな我々なので、久々のリゾートホテル然とした佇まいにテンション上がる。

ookinaw14.jpg

高層階の広々とした部屋へ荷物を放り投げ、ベットに倒れ込むとそこから陽が沈んでいく海が見える…たまらん!ロケーション良過ぎるぞ。そのままひと寝…とゆきたい気持ちもあったが、夜は短いのだ!と部屋を飛び出す。

ookinaw13.jpg

北谷のアメリカンな商業施設を練り歩く…週末だが、オフシーズンだからか客の姿が薄くて快適。気温はTシャツだけでギリギリいける感じ。雑貨屋でウインドウショッピングを楽しみつつ、夕飯のため良さげな飲食店もチェックする。顔ヌキや面白いマネキンがあるたびジュンに「ほら、一緒に撮っときなさい!ネタになるから!」とけしかけると嬉しそうに並んでる。楽しそうで良かった。

ookinaw15.jpg

ホテル隣の沖縄では珍しい温泉施設でひとっ風呂浴びてサッパリし、再び商業施設へ…沖縄そばの店でオリオン生ビール!メキシカンな屋台でオリオン生ビール!23時過ぎると飲食店がほとんど閉まってしまったので、国道近くまで歩いて広いだけが取り柄の居酒屋で〆。部屋に戻ってバタンキュウ。

ookinaw12.jpg

翌朝は、ビーチの見えるレストランで沖縄料理バイキングな朝食!海に入れるシーズンなら恩納村とか名護の方が良かっただろうけど、どうせ泳げないならホテル付近で遊べた方が…と北谷にして良かった!枕が合わなかったのか首の調子が良くなったので、もう一度昨日の温泉施設で体をほぐしてからチェックアウト。

ookinaw11.jpg

R58号をひたすら北進して、10年前に入りそびれた『美ら海水族館』へ!道中、朝は晴れてた空が曇り雨が降り出したが、どうにか到着!念願の水族館は、文字通り美しく楽しかった。いつ見てもかわいいチンアナゴが愛らしかった。

ookinaw8.jpg

ookinaw10.jpg

ookinaw7.jpg

ookinaw6.jpg

ookinaw9.jpg

帰りは高速を使い、一路那覇へ…レンタカーを返却して国道沿いのビジネスホテルにチェックイン。今夜は昨夜と一転、いつもながらの安くて狭い部屋。すぐに表へ出てプラプラ歩く、国際通り~アケード街を散策。アケード街大好きなので、ついついリンパ浮腫になりやすいジュンの事を忘れて歩き過ぎ、「疲れた、そろそろ夕飯にしない?」と言われてハッとする。

ookinaw5.jpg

慌てて目星をつけといた店に行ったが、あいにく満席で入れず…次の店はiPhoneナビの誤作動で迷い、歩き回ったあげく全然見当外れの場所に来てしまう。2人してピリピリしながら、さらにそこから距離のある3つ目の候補店に…どうにか入れて、やっとひと安心!ジュンが楽しみにしていたヤギ刺しも無事食べれて雰囲気も和らぐ。2軒目も良店だったが、そこでジュンの足が限界になってしまい、タクシーでホテルに帰還。いやはや、疲れたけど楽しかった!

ookinaw4.jpg

最終日、ホテルで朝食をいただきチェックアウト。荷物を担ぎ、今日もアケード街をグルグル徘徊…島ラッキョウやモズク、ジーマーミ豆腐に海ぶどう等買い込み、昼飯は公設市場の2階でいただいた。モノレールで空港~あっという間に仙台着。

ookinaw2.jpg

ookinaw3.jpg

ookinaw1.jpg

最終日が一番天気良くTシャツいっちょでも汗ばむくらいだったので、そのまま帰って来たら(当たり前だが)仙台の寒いこと寒いこと!ベルトコンベアー前で荷物を待ってたら後ろから「さむ~い、トランクに上着入れっぱなしなのよね~」という声が…見ればジャケット姿の女性、あなたより薄着のポッチャリ男性が目の前にいるだろうにと思ってると、ベルトコンベアー挟んだ向いにボクより強者のTシャツ短パン男性がブルブル震えてる!さすがに噴き出しそうになった。

高速を使いピュッと1時間ばかりで帰宅。コタツに刺さりゼニを撫でながら、ビールで島ラッキョウ。「楽しかったね」なんてジュンと話す。10年ぶりの沖縄は、相変わらず人懐っこく優しい街だった。今の暮らしも幸せだが、手に届く場所にキレイな海や安くて美味しいビールのある生活も魅力的だ。今度は10年も間を空けずに行こうねと2人で誓い、いつもの安発泡酒を飲み干した。
 
  1. 2012/12/03(月) 03:03:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

醤々ラーメン 総本店

jyanjya1.jpg

昔は山形市内にも数店舗あり、それなりに人気があったと噂はかねがね聞いていた『醤々ラーメン』、最近は置賜方面でしか看板を見かけないので、なかなかノレンをくぐれず念願の初入店。広めの座敷の派手に油シミのついた座布団に腰を降ろしメニューに見入る。

jyanjya4.jpg

jyanjya2.jpg

醤々味噌ラーメン(780円)…挽肉を唐辛子やニンニク等調味料で炒めたトッピングが『醤』というらしい。胡麻油たっぷりのスープとこの『醤』の組み合わせで、ひと昔前風の“こってりラーメン”の完成。スープはそれほど濃厚ではないがコクがあって、ついついレンゲが止らなくなる。麺は少し平ったい中太ちぢれ麺で、油っこいスープに負けない存在感がある。これで価格が600円台だったら「また来たい!」と思うとこだが、そうは甘くない(数年前まで実際100円ばかり安かったらしいが…残念)。

jyanjya3.jpg

中華そば(650円)…こちらもスープにバッチリ油の層があるコッテリ系の中華そば。麺は味噌と同じ中太ちぢれで、チャーシューも小ぶりながら3枚入っててボリュームがある。

最近流行ってるラーメンの無駄に濃い味や背脂が苦手という人でも、ここの“ひと昔前風こってりラーメン”はいけるのではないだろうか?ホント、この油の層がクセ者で「いかん、いかん」と思いながらも、ついついスープを飲み過ぎてしまうのだ。そんなわけで、ラーメンの完成度は高く食後の満足感も大きいが、ファミレス系のキレイな店舗で安価なラーメンを提供する店や、ワンコインでクオリティ高い中華そばがいただける老舗の多い山形で、この価格設定と座布団(笑)では…そんな余計な心配をしつつ店を後にした。

住所/山形県南陽市椚塚1260-10
時間/11:00~21:00(月曜定休)
 
  1. 2012/12/02(日) 23:23:23|
  2. 街の食堂消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad