禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洋麺屋 五右衛門(仙台青葉店)

五右衛門にはじめて行ったのは、中学生の頃だったか…多分、女子が「行きたい」と言ったのだろう数名の男女グループで訪れた記憶がある。スパゲティーといえばナポリタンとミートソースしか知らないような男子学生に、五右衛門のスパゲティーは彩り鮮やかで青を基調とした内装と共に“オシャレ”を感じさせてくれるお店であった。女性がやたらと「パスタパスタ」言い出した時代を経て来てるので、もちろんお付き合いしていた彼女とも行ったし、時には男友達数名で訪れ「大盛り」や「ハーフ&ハーフ」を連呼し、意外にコッテリしている五右衛門のスパゲティーで若い腹を満たしたのであった。

山形に五右衛門は無かったが、特に「千葉に帰省したら絶対行ってやろう」とは思わなかった。その程度の存在だったのだ…が、最近仙台であの青い外観を見かける事が何度かあった。店の前を通りがかるたびジュンに「五右衛門のスパゲティ美味しいんだよ」と繰り返した。繰り返しながら、何となく自分自身が行きたい気持ちになっていた…懐かしい味を確かめたいのか、共有できるはずのない何かをジュンにも触れて欲しかったのか

goemonu1.jpg

ボクは、北海道の大地の恵みのチーズクリームスープスパゲッティー・サラダバー・ロイヤルミルクティーフロートのセット。ジュンは、モッツァレラチーズとなすのミートソース・サラダバー・アイスバー、クリームソーダのセットを食べた。

goemonu2.jpg

「別に美味しくはないな」と思った。ジュンはナポリタンが好物なのだが、もっぱら家で自作したのばかり食べ、外で食べようとはしない。「なんで?」と聞くと「自分で作った方が美味しいから」と言うのを聞いて「そんな自信あるの?」と笑っていたが、確かにジュンが作ったスパゲティーの方がうまい。それに、この30年で外食業界の価格設定がかなり低くなっているので、五右衛門のスパゲティー1人前1,000円弱、セット物で1,500円弱という値段設定は割高に感じられてしまったのもある。サラダバーは品数少なく、アイスミルクティーは水っぽかった。ジュンは、アイスバーの杏仁アイスが美味しいよと笑っていた。

kayankuriso.jpg

思い出は心の中だけで輝くものなのかもしれないし、ボクはその光を掴み損ねてしまったけれども、五右衛門の店内はギッシリと混み合っていて、又そこで新たな思い出が作られていた。こうして変に昔の記憶を美化したままでいられない現在の“しあわせ”を大事に、ボクもまた新たな『美味しい思い出』を作る旅を続けよう。

住所/宮城県仙台市青葉区川平5-12-1
営業/11:00~22:30(LO 22:00)
 
スポンサーサイト
  1. 2012/10/27(土) 23:23:23|
  2. 街の食堂消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

不妊治療近況

結局、人工受精を4回やった。7月にやった4回目がダメで、8月はマルッと休んで(病院のお盆休みとの兼ね合いもあって無理だった)2人でガッツリ遊んだ。9月は体外受精の準備の為にマメに病院へ通い、ホルモンバランスを整えるために点鼻薬が処方されたり、自己注射を覚えたり…ジュンには、かなりハードな日々だった。ホルモンを薬でドーコーされているジュンは怒りっぽくなり、治療なのだから仕方ないとボクも耐えていたが、ついに互いにブチ切れ9月に大喧嘩をした。「そんなに嫌なら、もう(体外受精)止めよう」とまで言ったが、どうにか不妊治療中止は免れた。

10月に入ってからは、ほぼ毎日通院…ボクと一緒に、ジュンひとりで、友達のえっちゃんに連れてってもらった日もあった。仙台までヒーコラ通って卵胞を育て、11日に採卵!全身麻酔をしたので病院に一泊。で、16日に受精卵を胎内に戻し、どうにか体外受精完了…31日の検査まで結果はおあずけ。

厳しいね…そうじゃないかと思ってはいたけど、厳しい戦いだ。夫婦で戦ってるつもりだったけど、ボクはピルも飲まなきゃ点鼻薬もしない。毎日自己注射する事もなけりゃ、病院に行ってもお医者さんの前でパンツを降ろす事もない。通院に付添って待合室で居眠り、帰りに美味しいものを食べて、たまに精子を出すだけ…あげく「そんなに嫌なら止めよう」とまで言ってしまっている。

人生が不公平なものだというのは知っていたが、妊娠がこんなに難しい事とは知らなかった。採卵の翌日、ボク達は結婚10周年を迎えた。おめでとうのメッセージと共に優しい友人達が「体外受精きっとうまくいくよ」「ここまで頑張ったんだもん、きっといい結果がでる」と暖かい声をかけてくれる…

ボクとジュンは宝くじ売場の前に佇んでいる…ポケットから一枚きりの宝くじを出し、窓口のおばさんに当選確認をしてもらう。「どうせ当らない」と強がりながら、心のどこかで「もしかしたら…」と変な閃きを感じ、でもやっぱり絶望しながら立ちすくんでいる。あわよくばバンザイする事になっても、ガックリとひざまずく事になっても、握りしめた手は絶対に離さないでいようと思う…もう二度と、絶対に。

sansetto.jpg
 
  1. 2012/10/25(木) 21:21:21|
  2. ウツのツレがガンになりまして
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中嘉屋食堂  麺飯甜(泉タピオ店)

izumiout2.jpg

ラーメンギョーザ定食(945円)…ラーメンという料理の面白さのひとつに、「ひと目で素性がバッチリわかってしまう」というのがあるように思う。のせられたトッピングのクオリティや置き方、その下に見隠れする麺、そしてすべてを浸しているスープ、それぞれ丁寧だったり雑だったり、澄んでいたり濁っていたり…どれが良い悪いでなく、すべてがひと目でわかってしまい、時にはそれに裏切られたり予想を凌駕していたり…そういったドラマチックな体験すら与えてくれる。

ここのラーメンは、寝坊して慌てて家を出てきたおばさんのような顔をしている。すべてのトッピングは“とりあえず”そこに置かれている。メンマやキヌサヤに海苔がかぶさり、手元が狂ったのか多量にばらまかれた刻みネギがまるで中年男の無精髭のようだ。厚めの生地に油をジットリ吸い込んだ餃子も、ダンスしてるかのように飛び散っている。

izumiout1.jpg

仙台泉アウトレットのフードコートにあるラーメン店。店構えの雰囲気もいいし、メニューも食いしん坊心を良い感じに突いてくる適度に凝ったラインナップ。きっと、有能な飲食店経営アドバイザーが「アウトレットに来る客の財布から何とか千円くらい引っ張り出す為に…」と本気で一生懸命考え、会議を重ねて作り出した店なのだろう。そんな雰囲気が、出される料理からも提供するアルバイト従業員からも匂い過ぎて、へそ曲りの食いしん坊的にはちょっとケチをつけたくなってしまった…ラーメンの不思議、ラーメンの素敵。

住所/宮城県仙台市泉区寺岡6-5-1  泉パークタウンタピオ2F
営業/10:00~21:00(LO 20:30)
 
  1. 2012/10/23(火) 21:21:21|
  2. 街の食堂消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾料理 美香居

taiwanbiko4.jpg

花楯の『小福』跡に何やらリーズナブルな台湾料理屋が出来たというので、ジュンを誘って「ほら、ボクたち今年台湾行ったし…そろそろあの味が懐かしいような懐かしくないような…ねっ?ねっ?」とか言いながら行って来た。お目当てだった安価なラーメンセット(700円)は昼ランチ限定とのことで一瞬どこも見てない目になったりしたけど、定食関係が充実してたので悩みに悩んで注文!

taiwanbiko1.jpg

麻婆豆腐定食(880円)…皿から溢れる麻婆豆腐は、丸美屋風!「辛くしてください」とお願いしたけど、あまり辛くはなかった。棒棒鶏など小皿が充実してるので定食としての華やかさはあるが、麻婆の豆腐がやけに多くて“オカズ”としてのパワーが足りず残念。ほとんどフルーツ缶詰な杏仁豆腐の存在感が際立っていた。

taiwanbiko2.jpg

台湾ラーメン(400円)…名古屋で発明された『台湾ラーメン』を台湾の人が作るとどうなるかというと「こうなるのか〜」という、あっさり味で悪くはないが、ちょっと物足りなさも感じてしまう一杯。

taiwanbiko3.jpg

餃子(280円)…台湾で餃子っていうと、水餃子なので「どんなんだろう?」とワクワクしてたら、まさかの棒餃子が!でも、具の味が濃いめで美味しかった。もちろん、皮はパリパリでビール飲みたくなる!夜の宴会プランがかなり充実してたので、機会があれば是非飲み会で利用してみたいなと思いました。

住所/山形県山形市花楯1-1-3
営業/11:00~15:00、17:00~24:00(不定休)
 
  1. 2012/10/21(日) 23:23:23|
  2. 街の食堂消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いさわ食堂

isawa1.jpg

住宅街にある何の変哲もないラーメン屋。以前は路地裏にあったそうだが、道路拡張で交通量の多い通りに面してしまったそうな…でも駐車場は無いので、近くで現場仕事してる職人や地元の常連客が多い。店内は5席程のカウンターと4人掛けテーブルが2つ。じいちゃんと息子さんがカウンターの中で鍋を振るい、ばあちゃんが配膳から会計までこなしている。11時半に店に入ったが、すでにほぼ満席…推定年齢80代の御大がお一人で座ってたテーブルに相席させてもらう。御大は、塩ラーメンを眺めながら瓶ビールを手酌で煽っている。平日昼から…羨ましいじゃないか

isawa2.jpg

ラーメン(500円)…ちょっと濁りのあるスープ、プリッとした食感の中細麺はやや柔らかめの茹で加減、青菜と薄味のメンマ、脂が走りしっとりとしたチャーシューは厚めに切られている。『ラーメンショップ』がチェーン店になる前って、こーいうラーメン出してたんじゃないかな?そんなことを想ったりした。優しい味。

isawa3.jpg

セットのミニチャーハン(250円)…本格的中華飯店ほどパラパラではない、ちょっとゴハンのしっとり感の残る、でもちゃんと作り立てな「こういう店ってこうだよな!」な、チャーハン。具も味付けもシンプルなんだけど、とにかくラーメンと合う!本当はラーメンライス好きなボクとしては、ライスを頼むつもりだったんだけど、「ん?もしや…」と思いコッチを注文して正解だった!

そこに暮らす人の量によって街の色は変わる気がする。仙台はちょうど山形と東京の中間みたいなイメージ、山形には無いけど仙台にはこういう…ボクが昔、新小岩で働いてた時によく通ってた店みたいな場所がたまにあって、何か懐かしい気持ちにさせられる。

住所/宮城県仙台市青葉区柏木1-7-15
営業/11:00~15:00、17:00~20:00(火曜定休)
 
  1. 2012/10/19(金) 18:18:18|
  2. 街の食堂消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三幸

寿司等生魚が好物のジュンだが、無類のハンバーグ好きでもある。特に昔から好物なのが、三幸の和風ハンバーグである。貧乏サラリーマンの我が家には、決してリーズナブルといえる店ではないので、しょっちゅうは来れないが「どこに食事行こうか?」という時にはよく名前が出てくる。

sanko1.jpg

ジュンの通院付き添いの帰り、時間的に中途半端だったので寄りたい店が見つからず、ズルズルとそのまま山形まで戻ってきてしまった…夕方でもう辺りは真っ暗、診察頑張ったジュンに店を選ばせたらココになった。

sanko3.jpg

ボクがいただいたのはディナー日替定食、牛さがりステーキ・カニクリームコロッケ・サーモンフライのセット(1,380円)。赤身の残る牛さがりは、肉の風味はそれ程強くないものの中々柔らかくて美味しい…バルサミコ酢を使ったコクと酸味のあるソースもマッチしてました。手造り感あるボッテリとしたカニクリームコロッケは最高…食べ応えあり!サーモンも旬を感じさせてくれるシットリと味の濃い身が美味だった。ライスの量は少なめ。

sanko2.jpg

ジュンはもちろん、和風ハンバーグ定食(1,050円)。小ぶりだけど肉ギッシリで固めに丸められたハンバーグに、かなり濃いカツオ風味のトロミソース(あんかけ?)がかかり、温野菜が彩りとして添えられている。はじめて食べる人はおそらく戸惑うであろうレベルのカツオ風味が、クセになる人にはクセになるのではないだろうか…いや、美味しいんだコレが。ライスやスープと共に別皿で出て来るサラダのドレッシングが又うまい!よく、これを真似たドレッシングをジュンにリクエストして作ってもらうくらい好き。

お腹空いてる時って“ボリュームある店”に惹かれてしまい勝ちだけど、やはり“美味しい店”の方が、食後の幸福度は高い気がする…ていうか「気がする」とか言ってないで、悩む事なくそーいうお店を選ぶような年齢というか、体型というか…ともかく自分は、そのへん色々と肝に命じるべきと思う。

住所/山形県山形市南栄町2-12-19
営業/11:30~14:30、17:00~21:30(水曜定休)
 
  1. 2012/10/17(水) 21:21:21|
  2. 街の食堂消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劇団『きのこ牛乳』

kinogyu1.jpg

山形で暮らしはじめて新鮮だったことのひとつに“夢を持って東京に出てく人”の存在がある。電車で一時間ばかり揺られれば都内に行ける千葉人だった自分の周囲にも、仕事の都合などで都内に居を移す友人はいたが、それはそれ「故郷を捨てて夢を追う」みたいなドラマチックなものはなかった。なんたって電車で一時間、「一緒に暮らしてた友達が女の所に転がり込んじゃったたから、実家に戻るわ」程度の話しである。

いまお世話になってる会社の同僚女子も、歌手を夢見て東京に出ていった…数年後こっちに戻ったと聞くが、顔を見かけてはいない。今も山形に帰省した時に遊んだりしてるサチちゃんとはじめて会ったのは、彼女が純朴な山形の女子高生だった頃だ。福島を経て東京で暮らし、今も頑張っている。僅か12年ばかりのボクの山形ライフの中でも、ちょっと考えると5〜6人はスッと東京に出て行った友人の顔が思い浮かんでくる。

そんな中で、唯一“二度東京に出て行った人”がいる。それが、たわしくんだ。役者を志して山形から上京、作・演出の方に興味が移り戯曲を学ぶが、一旦東京を出て実家に戻る…ちょうどそのタイミングで、共通の知り合いを介し山形で我々夫婦と友達になる。この頃もたわしくんは演劇の脚本を書くことに夢中で、『ラジカルガジベリビンバ』の話しかなんかで盛り上がったボクに、自作コントのシナリオを見せてくれたりした。その後、満を持して再び上京したたわしくんは自分の劇団を立ち上げ、コンスタントに公演を重ね、今回ついに山形で凱旋公演を行うことになったになったのであったのであった!

いや、結構長くなっちゃったな…そんな、たわしくんの劇団『きのこ牛乳』の山形公演【正しい雨】は、七日町の瑳蔵で今週末、10月13日・14日の2日間(時間は、きのこ牛乳HPでご確認ください)行われます。音楽は地元の『けちょんけちょんジャグバンド』が担当、入場料は前売・当日共に2000円とそんなに気負わずに“二度東京に出て行ったヤツ”の「そこまでしてやりたかったこと」を見ることができるという…なかなか、こんな機会おまへんで!というわけで、興味持たれた方は是非足を運んでいただければ幸い。

kinogyu2.jpg
 
  1. 2012/10/10(水) 23:23:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CBJAM'2012

アジアン雑貨屋台用の荷物をクルマにぎっしり詰め込み、会場に向かいながらジュンと話していた。地方ならではなのだろうか?こういうイベントだけでしか会わない友達というのが、結構たくさんいる。青空の下、音楽聴きながらビールでも飲めたら最高!そーいう機会があり足を運ぶと見知った顔が…酔いにまかせて挨拶し、なに話すわけでもないが何度か会ってるうちに友達になってる。酒を持ってれば「ま~どうぞどうぞ」とグラスに注ぎあって乾杯、タバコが無ければ「1本ちょうだい」と平気で言えちゃう…普段どこで何してる人か詳しくは知らないけど、妙に気が合う…というか、顔合わす時はこっちもむこうも必ずニコニコしている。

P8160239.jpg

都市部だとイベントの数も多いしとにかく人が多いから、少しくらい趣味趣向が似通っててもスタッフだったり出店者じゃない限り「おや、また会いしましたね」という事は少ない気がする。どちらがいい悪いかは色々なのだろうが、CBJAMではそんな風に「久しぶり!」「元気だった?」と数カ月ぶり、もしくは「去年のCBJAM以来だね」みたいな仲間がたくさんいるので嬉しい。2年ぶりの笠原さんは、かわいらしい婚約者を連れて来て紹介してくれた…2人共ニコニコしていて可愛らしくてしょうがない。

P8160251.jpg

屋台を作り、開店準備してるジュンをチマチマ手伝いながら、店の裏でポチくんとタッシーにビールを渡し一足先に乾杯しちゃう。前週あたりから秋の空気が漂い涼しくなってきたが、今日は暑さがぶり返したかのように感じる…苦いベルギービールが爽やかに感じられ美味しい。いつものように『maqaroni』の演奏で雰囲気が上がり、夕暮れが深まると共にお客さんの数も増えてくる。ジョッキを片手にフラつけば、あっちこっちに知った顔があって破顔一発「乾杯!」となる。酔作チームとも固い握手で挨拶。ジュンの『毛玉工房』にも、馴染みのお客さんやTwitterで出店を知り駆け付けてくれた方達で賑わっている。

P8160256.jpg

軽い気持ちで『ひとり屋台村』のタコ焼きを手伝ったのが運のつき!行列できちゃって参った参った!巻き込んだポチくんと大汗かきながら、タコ焼きをひっくり返しまくった。今までずっとヒデちゃんに「店、大変だったら手伝うから言ってね~」と吹きつつヘラヘラ酒飲んでたバチが当ったのかもしれん。買おうと並んでたオバチャンが、列から抜け「見てらんないよ」と入って来て、かなり長いこと一緒に焼いてくれた…後から皆に「あのオバチャン誰だったの?」と聞かれたが、知らないんだよ、見ず知らずの祭り好きなオバチャンだったの。

P8160261.jpg

ステージには、伝説のヒーローが現われ(本人が「僕と今夜会ったこと絶対にナイショだよ?」と言ってたので詳しくは書けないが)毎年恒例巨大キャンプファイヤーに火が灯され、サプライズの打ち上げ花火に皆が感動し、ステージの演奏もこの夜一番のピークを迎える。思わずタコ焼き係を放り投げ、iPhoneのカメラを起動させながらステージへと走った。



どうよ、この感じ!サイコーに気持いい!半裸になって踊ってる人も遠巻きに眺めてる人も皆笑顔だ。おそらく今までのCBJAMで、一番盛り上がってる瞬間では?凄いぞ!スゴイ!と、テンション上がり過ぎ&タコ焼き係疲れ過ぎでフラフラになり、珍しく泥酔する前にダウン…珍しく0時前に寝袋の中へ…何分寝てたのか、気持良く聴こえてきたのは、キャンプファイヤーの傍らで演奏する半田くんの歌声。テントの天井から覗く星空を眺めながら、ボンヤリと聴く「明日を待っている僕の元に何か♪贈り物が届けばいいなあ」



音楽業界の衰退が叫ばる昨今、レコード会社の利益減少を世間と音楽の関係が薄れているかのように語る声もあるが、こうして所謂メジャーレコード会社の手を介さずに、自分が本当に作りたい音楽を自分の手で作り、安価な自主製作盤として、又は身近なライブを通して人々の元に届けようとしているアーティストは少なくない。祭り囃しが誰の物でもないように、この夜演奏された音楽はすべて“この場にいる人達だけの物”だった。デパートの商品棚からCDが消えゆくのは悲しいむべき事なのだろうけど、そうして音楽は“企業の物”でなく、アーティスト自身が紡いだ輪の中にいる人達の掌へと帰ってゆくのかもしれない。テントから出ると、たくさんのロウソクが幻想的に輝くその先に、半田くんの音楽に身を委ねる人達のシルエットが揺れていた。

IMG_2370.jpg

最後の出し物は、毎年恒例となった感のあるジュンの『童話朗読』。Takさんに手招きされ一緒にワインをラッパ飲みしながら聞いていると、かわいらしい女の子が「隣いいですか?」と座ってきた。何故かボクにピタッとくっつくとジュンを指差し、「あの娘、あんなカワイイのに酒豪キャラなんだよ~おもしろい!」と言って笑う。うん、よく知ってる。写真を撮っとかないといけないなと立ち上がり、しばらくして戻るとかわい子ちゃんは、Takさんのヒザ枕で寝ていた。ホントにジュンの朗読で寝てしまった姿に笑った。ヒデちゃんの特製中華そばをいただき(おかわりまでして)再び寝袋に戻った。

IMG_2378.jpg

深夜3時頃にマイクを使って怪談話をする声が響く…誰がやらせてんだよ?と一瞬ムッとするが、こういう脱力するような事象がCBJAMを深刻なトラブルから遠ざけてくれているんだと、割と真剣にボクは思っているとこがあるので「そっかそっか、今回はコレか」と無理矢理納得し、とりとめのない怪談に耳を傾けた…逆に怖くなるくらい怖くない話しだった。

最初は単なる内輪だけの“ロックフェスごっこ”だったCBJAMだが、年々動員が増え特に今年はかなり地域の目を意識した『町のイベント』としての側面が強化されたお祭りになっていた。元々、河原でバーベキューしてる男女仲良しサークルがあれば、森の影から覗き見ては「ケッ」と悪態ついてたような実行委員のクセ者達が、果たしてこの変化の中でも結束乱れずに事を成し遂げられるのだろうか?地域の気難しい大人達やお客さん気分で集まってくる人達に気分を害し「俺はオメーらのためにやってんじゃねえ!」とケツをまくってしまうメンバーがひとりくらいいるのでは?と密かに危惧していたのだが、開けてみれば何の事はない、今まで見た事ないほど実行委員メンバー全員が働き、走り回っているではないか!ボクなんかが想像してた以上に、彼等は大きくなった自分達のお祭りに誇りを持ち、責任感を抱えて各自の役割を全うしようと頑張っているのだった。

何だか俄然“これから先”が楽しみになってきた。こないだの芋煮会で会った樹くんは、すでに来年の算段を語りはじめていた!来年はさらにCBJAMを進化させると目を輝かせる彼に皆が好き勝手言って爆笑している。今までもそうだったように、来年もまた何かの【縁】で繋がった仲間が全国…いや、ここ数年外国人の参加者も多いから世界中?から、名前くらいしか知らないけど毎年笑顔で乾杯してくれる友に会いに、山形の森の中へと集まるのであろう。それが、どれほど素敵なことかボクは知っている。
 
  1. 2012/10/05(金) 22:22:22|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad