禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CBJAM'2011 写真

CBJAM2011_23.jpg

『チェリーボーイジャンボリー2011』無事終了致しました。今回は会場変更という事で色々と不安もありましたが、代表3名をはじめ、実行委員会のみんなの頑張りとラッキーでひょいと乗り越え、例年以上の楽しい時間を造り出す事に成功していたと思います。CBJAMのパスをぶら下げていたすべての人に「おつかれさま」「ありがとう」と言いたい。「言いたい」とかいって、撤収の時に酷い二日酔いで誰にも挨拶せず帰ったボクなわけなのですが…スイマセン

CBJAM2011_21.jpg

今年は、なおなおがジュンと一緒に毛玉工房の店番をやってくれたので、ボクは思うぞんぶん徘徊し写真もたくさん撮ったので、ペタペタ並べてみたいと思います。

  【“CBJAM'2011 写真”の続きを読む】
スポンサーサイト
  1. 2011/09/30(金) 20:20:20|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Infertility treatment

hanabipinboke.jpg

子供が好きだ。見ていて「かわいいなあ」とか「おもしろいなあ」と思う。高校生の時には学童保育のバイトをしていた事もあった。もちろん保父さん的な仕事だったわけだが、割とボクは昔からボクだったので「良い子の皆~今日は何して遊ぼ~か~?」みたいなキラキラウキウキお兄さんではなく、出来れば外で体力使わず絵でも描きっこして楽に遊ぶのが好きなお兄さんであった。で、画用紙に割と気持ち悪い“目の離れたクマ”とか“足の短いキリン”なんか描いて、あまり活発でない子達とグフグフ笑っていた。

そして、そのまま大人になった。甥っ子や友達の子供、最近だとジュンの妹なんかと接する機会もあるわけだが、基本的に高校生の時のまま、キラキラウキウキお兄さんではないままグフグフおじさんとして子供達との関係を築いている。グフグフおじさんは意外に嫌われない、キラキラウキウキお兄さんの愛想笑いや甲高い声の方が勘のいい子には睨まれたりするよ…そんな無根拠な自信まで持ちつつ、今日もボクは生きている。

で、不妊治療の話しだ。8月から不妊治療の為の検査を始めている。元々、ジュンが子宮頚がんを患った時、ボクは再発リスクが少しでも減る事を願い子宮全摘を主張したが、ジュンが「取るだけってのはどうも気に入らねえ」と「がんになりました、はい取りましたじゃ負けっぱなしだ」「それだったら妊娠の可能性が残る手術をして、がんを治しました、はい妊娠しました」「そして、これでトントンですねと神様に言ってやりてえ」と…トントンまでは言わなかったかもしれないが、とにかくそういうジュンの主張を「そうですね」と二つ返事で受け入れた。かっこいいなとすら思ったね。

んだけど、やはり大きく辛い手術を経験したジュンの口からは積極的に「そろそろ不妊治療を…」という声は、なかなか出なかったわけだ。なので、ボクから今年の夏に言ったわけです。「よし、今度の定期検診の時に先生に言おう」と…ジュンは一瞬ひるみ、しかし「うん」と頷いて、そのまま手術してもらった病院での不妊治療をお願いした。

不妊治療に関する検査は、もちろんジュンだけでなくボクも色々するわけだ。「精通は何才の時でしたか?」とか「月に何回くらいやってますか?」みたいな問診票を書き込んだりとか、金玉にゼリーをベッタリ塗られてエコー検査とか、肛門に指入れられて前立腺検査とか…精液検査は念入りに2回もあって、病院の外来にある1畳くらいの密室で手渡されたコップに精液を出さなければならない!しかも「30分たっても無理だった時は、看護士に声をかけてください」という微妙な時間制限つき!そんで、出たら精液の入ったコップとオシッコの入ったコップ(精液逆流の何だかを調べるために必要だとかで)を両手に持ち、エレベーターに乗って検尿室まで自分で運ばなければならないという…ちなみに、その密室に雑誌やビデオがある病院はあるらしいけど、ボクは無かったですね…ていうか、14インチのテレビデオだけがあって看護士のおばちゃんがちょっと照れくさそうに「自分で持ってくれば見れるんですけどね…何も入ってないのよゴメンネ」みたいな。

まあでも、へんな話ちょっと嬉しいですよ。普通の…奥さんが病気じゃなかったり、自分がまだ20代だったりして同じような検査受ける人にとっては微妙な体験かもしれないけど、ボクは1年前この同じ病院の上の階で妻の手術の成功を祈り震えていたわけですから…それが今や不妊外来に大手を振って往来してる、や、往来は大袈裟ですけど、こうして検査を受けれる状況になった事が嬉しくて仕方ない。なので、満面の笑みで金玉エコーとかしてもらっている。「排卵予定日がこの辺りなので、○日から○日の間に1日おきで性交してください」ってのも楽しい。こうして妻と共に未来を作る為の治療を受ける事が出来るなんて、本当に笑っちゃうくらい楽しいよ。

今もがんの方の検診にも定期的に通ってるわけだけども、やはり婦人科の待合室…泣いてる女性いるもの。地元の小さな病院から紹介状持たされて来て、聞きたくないこと言われてる人たくさんいる。みんな診察室では、驚きの方が大きくて取り乱しはせず、待合室に出てから声を出さずに泣いてる…ジュンもそうだった。毎月そういう方を見かけるわけではないけど、やはりそういう場所に通っていると自分の受けてる些細な検査や制約なんて、喜びしか感じないよ…マジで。これだけしかしなくていいの?とすら思う。「右の金玉と左の金玉を手術で入れ替えたら受精する確率が10%上がります」って言われたら、躊躇なく金玉袋を広げるくらいの覚悟はあるよ!シワというシワを伸ばした金玉袋に女房を包み込んで癒すくらいの覚悟はあるよ!あれ、何の話だっけ?

そんなわけで、ジュンと同じ手術をした人で妊娠出産までこぎつけた人は少ないし(今お世話になってる病院でも妊娠した方が2名、そのうち出産までこぎつけた方は1名のみ)、妊娠から出産まで険しい険しい道のりな事はわかってるんだけど、その道を我々は歩みはじめたわけだ。自分達で決め、自分達の足で!

もしよろしければ、我々2人の成り行きを…なま暖かく見守っていただけたら幸いです。

 
  1. 2011/09/29(木) 23:23:23|
  2. ウツのツレがガンになりまして
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

CBJAM'2011

今年もやります『CBJAM'2011』!今回は去年までの場所から更に山奥に…そのおかげで以前より駐車スペースも広く、テント設営する場所もたくさんあるとのこと。今までは車中泊だった方も是非テントを貼ってのんびり飲むがいいと思います!

CBJAM2011_f.jpg

もちろん我々も毛玉工房を出店して衣類雑貨販売するし、ジュンの童話朗読もあります!ボクはこのポスターやフライヤー、入場パスのデザインをさせていただきました。あ、あと当日販売される『庄司林業』のTシャツのデザインも!タイムスケジュールなど詳しくは、オフィシャルサイトをご覧ください。あ、今年は何と遠藤ミチロウさんが出演するとのこと!是非お好きな方は足を運んでくださいませ。

CBJAM2011_b.jpg

 
  1. 2011/09/12(月) 22:22:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ARABAKI ROCK FEST 2011

毎年観に行ってる宮城のロックフェス『ARABAKI ROCK FEST』に今年も行って来た。本当は例年通りゴールデンウィーク前半に開催される予定でチケットも売り始めていたが、震災の影響で延期開催となった。中止も検討されたとの事だが、多くの開催希望の声に押され夏の日程が発表された時は、正直ちょっと覚悟していただけにググッと嬉しかった。

で、実際行ってみてスゴク感動したのは『ARABAKI ROCK FEST』が、いつもの『ARABAKI ROCK FEST』だったのだよ。「震災復興」や「がんばれ東北」みたいな、今や東北の町のそこかしこで見かける販売促進ツールとして利用されてる安っぽいコピーの類いがほとんど無く…もちろんゼロではなかったけど、極力そういった言葉を使わず…いつもと同じ、音楽好きな人達が日常を忘れて踊り歌い食って飲んで…という、ロックフェスとしてあるべき環境を主催者が、作ってくれていたのだ。これは、きっと我々が想像するより大変な努力を必要としたんじゃないかと思う…今やお金が動く場所には、どこにでも入ってくるからね「震災復興」「がんばれ東北」。

そんな風に“いつも通り”なARABAKIだったが、もちろん何もなかったわけではないので、“いつも通り”じゃない風景もたくさんあった。一番それを強く感じたのは、アーティストの動揺…大きな被害を受けた宮城で、観客の中にも被災者がいるであろうフェスのステージで、震災の事をどうMCするか?触れるのか触れないのか?どう振舞うべきか…基本的な姿勢は事前に決めているのだろうけど、実際ステージに立ってどういう態度でいるべきか、すごく探ってるように見えたし、悩んでいるように見えた。

でも最終的に、多くのアーティストはステージで腹を括る事が出来ていたように見えた。というのも、観客の音楽を欲するエネルギーが今回はホント物凄かった!音楽を、フェスを求める気持ちが半端無かった!3.11以前の「チケット買えばライブなんかいつでも行ける」みたいな気持ちは薄く、いま自分が『ARABAKI ROCK FEST』に参加できてる事へ対する喜びと感動が大きく、そんな想いが激しく体を揺さぶり、叫び踊らせる原動力になっていた。アーティスト達もまた、あまりに強く欲されている事に最初は戸惑い、しかしやがて“自分達の役割”に気づき、腹を決めて声を張り上げ、ギターをかき鳴らし観客の求めに応じ力の限りを出し尽くそうと熱くなっていた。仙台港で開催された第1回から参加しているが、今迄ボクが見た中で一番熱い『ARABAKI ROCK FEST』だったように感じた。

以下、見たもの一言雑感。長いのでたたみます。

  【“ARABAKI ROCK FEST 2011”の続きを読む】
  1. 2011/09/08(木) 19:19:19|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad