禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3度のメシが好き

R0017251.jpg

先週末は、仙台のフリマに出店してきた。山形では考えられないくらいの大きな規模で、ちょっと圧倒された。しかし、仙台の客はヘンにフリマ馴れしているので、値切り方とかが賢く…悪く言えば小猾く、売り手としては少々心が荒んでしまうのだ。「こんなのどうせ持って帰ってもしょうがないじゃない?」なんて事をストレートに言われたの、はじめてだぜ。今週末は、長井のお祭りに出店します。年寄り相手にゴミのような品をゴミのような良心価格で売り付けてこようと思う。楽しみだ!

R0017248.jpg

いまボクの中で一番手堅い商品企画を聞いてください。それは、デブがモデルのヘアカタログ!市販されてる所謂ヘアカタログまんまコピーでいい、デブがモデルだというだけで全然別物に見えるはず。街中の美容室にかたっぱしから営業かけたらそれなりに売れる気がする。1部2,000円、どうしてもまけろという店には2部3,000円でどうか?山形県内で初版1,000部を売り切ったら、その実績を引っ下げて大手出版社に打診…しかし、うまいことアイディアだけかすみ取られて印税どころか二足三文のギャラしかもらえず、「こんなんだったら、自分で第2弾・第3弾作って出版しとけば良かった」と安居酒屋のカウンターで嘆く羽目になる気もする。

でも、ホントに髪型どうしていいかわからないデブオヤジは世の中に溢れている気がする。何故、ヘアカタログのモデルは若い痩せ型青年ばかりなのか?このデブヘアカタログを実現されれば、10年後には「昔はヘアカタログって、痩せた色男モデルのしかなかったよな?」「お~そういえば、そうだよな」「考えてみれば、あれって無茶だったよな…」なんて会話が聞けるようになるかもしれません…安居酒屋のカウンターで。

ちなみに第2弾は青年デブ専用ヘアカタログ(第1弾は少年・青年・中年全部込み)、第3弾は中年デブ専用ヘアカタログで、その後は女性デブ、子供、老人…と続いてゆく。10年後の美容室では、デブオヤジはデブオヤジの老婆は老婆向けのヘアカタログを手に、それぞれ自分に似合う髪型をワクワクしながら探す…そんな世界になっていたら素晴しいとは思いませんか?

 
スポンサーサイト
  1. 2009/10/29(木) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

今年のカメムシ

R0016380.jpg

今年は我が家に侵入してくるカメムシ、少なかったなあ…ピークは、10月頭って感じだったろうか?カメムシが多い年は大雪である!なんて言伝えを聞いた事があるけど、かなりカメムシが多かった去年があんなに雪降らなかったから、今年はさらに少ないって事だろうか?暖冬だなんて噂もあるから、ほとんど降らなかったりして!…まあ、こういう事言ってるとドカッと降ったりするのよね。

10月も後半に入りストーブもつけてはいるが、まだ朝と晩だけで足りる感じ。そういう意味でも去年よりは暖かいのかな?紅葉は、山の上はちょうど見頃。市街地は来週あたりが盛りかもしれない。今週末は、宮城の大きなフリマへ遠征。最近、遊び歩いて散財してしまってるので、売れるといいなあ~

R0016372.jpg

 
  1. 2009/10/22(木) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

“晩酌12時間”

R0016976.jpg

中山町に『タガマヤ村』という、古民家をそのまま丸1日貸し出してくれる施設がある事を知り、そこでぜひ飲み会をやってみたいと思ったのが夏の終わり頃…結局、なかなか皆の都合を調節できなかったり、予約が埋まっちゃってたりで色々形を変えつつ、どうにかこうにか先週末に利用する事ができました。

R0016975.jpg

半田くんと2人で一晩ひとつ屋根の下ですごしてもらえそうな気のいい仲間に声をかけまくって、集まっていただけのは約15名!とりあえず、目的は「酒を飲む」しかなかったのですが、それだけじゃもったいないので“晩酌12時間”を掲げ、昼3時から夜3時まで飲み続けてみよう!と、そんで、1時間ごとに乾杯写真を撮ってみよう!と、そんな目標もたててみたりしました。

kap1.jpg

まず1杯目!玄関先にしつらえたビールサーバーからついだ泡しっかり生ビール!半田くん&東京から駆け付けてくれたセキララドットコムさんと乾杯!

R0016982.jpg

生ビールと別に樽ハイサーバーも設置!飲む気マンマンです!

kap4.jpg

2杯目は、宮城から地酒持参で駆け付けてくれた半田くんの同級生と乾杯!

kap3.jpg

3杯目は、焼き鳥の煙りでこんなことに!庭のバーベキュースペースで乾杯!

kap5.jpg

4杯目の乾杯は…早くも忘れております。この頃になると、メンツもほとんど揃ってきて賑わってます。6時過ぎなので、すでに真っ暗!

kap6.jpg

5杯目は、急遽ドタキャンが出た為に声かけて来ていただいた半田くんの友達と乾杯!

kap7.jpg

6杯目の乾杯をすっかり忘れ、7杯目は男衆みんなで乾杯!乾杯写真が抜けてしまった事により、早くも夜9時にて“晩酌12時間”の記録は失敗!でも、これぐらい酔ってると全然そんなのどーでも良くなっちゃってる自分が悲しい!

kap8.jpg

8杯目は伊澤さんと乾杯!なんとこの日は、手打ち蕎麦をふるまっていただきました!美味しくて皆大喜び!ちなみボクは、舌を出すようになったら泥酔ロックオン状態です…まだ10時なのに!

R0017042.jpg

3部屋続きのフスマを全部ズドンと開け放った大広間の一番の奥の間にスクリーンとDJブースをしつらえて、音を流しつつ各々思い思いの酒と肴を楽しみながら飲酒!誰も「そろそろ帰ります…」な人がいない飲み会のフリーダムな事、フリーダムな事!

R0017058.jpg

0時過ぎると、フトンにもぐりこむ人がチラホラ…これは、寝ようとしたタッシーを皆で妨害してるトコですね。ボクは完全に目がイッちゃってます…記憶も薄らとしかありません。

R0017081.jpg

これは、1時過ぎ。半田くんのブルースハープとギターで派手に騒ぎ歌っていた事を覚えてはいるのですが、皆が迷惑と感じていたのか楽しんでくれてたのかは全くわかりません。後ろの方に写ってる人達が笑顔なのがせめてもの救い…もちろん、ここでも目はイッたままです。

この後、ユウくんと半田くんと3人で風呂に入ったのは覚えてる…そんで、風呂で日本酒飲んでたのも…babydriverさんの中華そばは食い損ねたんだよなあ…何か、皆に運んだりして「次の分ができたらボク食べるんだ~」なんて思ってるうちに寝てしまったのかな?ハッと気づくと朝でした。

R0017086.jpg

皆で、後片付け&掃除を済ませ玄関で締めの挨拶。管理人さんにお礼を言って帰宅…の途中で華麗に嘔吐!車を飛び下り、保育園に向かって蛍光イエローの胃液を放出!思った通り日曜日は丸一日ベッドで唸っておりました…いやしかし、楽しかった!

R0017102.jpg

とにもかくにも、こんな何をやるんだかハッキリしない集まりに足を運び参加してくださった皆様に感謝!一緒に幹事してくれた半田くんに感謝!最近、酒乱続きで迷惑かけてるのに一緒に参加して程よく放置してくれたジュンに感謝!つよくん、せっかく色々セッティングしてもらったのに、映画上映とかポッドキャスト全然出来なくてゴメンなさい!次回もし参加していただけましたら、今度はきちっとプログラム組みますんでスイマセン!酒ももう少し控えます。DJもボクが教わりたいとか言ったのに全然飲んだくれててスイマセン…と謝りつつも、ここで“晩酌12時間”成功しなかった事を理由に是非また第2回を催したいと思いますので、どうぞよろしかったら皆さん次回もおつき合いください。どうもありがとうございました!

 
  1. 2009/10/19(月) 17:17:17|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:12

Dragnet

10月11日に千葉の富浦海岸で行われた玉置さん主催の地引き網に参加してきた。参加してきたんだけど、ボクは酷い二日酔いを抱えての参加だったので、ほとんど浜辺でトドのように横になっていた。トドのようなボクの所へ、ジュンや友達がたまに様子を見に来てくれて食べ物をもらったり、二言三言会話したりした。二日酔いの不快感に耐えつつ、ボクは心の中で「自分主催のイベントじゃなくてホントに良かった…」と胸を撫でおろしていた。自分主催じゃないから、こうして横になっていてもみんな勝手に盛り上がって楽しんでいてくれる…知り合いなんてほんのひと握りしかいないのだから当たり前なのに、長い事飲み会の幹事をやってると変なポジティブシンキングが身についてしまうらしく、他の人から見たら「気の毒に…」というか「アホ?」という状況であったが、ボクの心は意外に平穏であった。玉置さんは、忙しそうに動き回っていた。

トドのボクの横に一番長く滞在してったのは、修行僧だった。修行僧は「ウイッス」と言って現われ缶ビールをグビリと飲んだ。「二日酔いっすか?」「ああ…」「いいッスね~」「え?」「海を見ながら飲むビールは最高ッス」「…うらやましいよ」「…最高ッス」会話はそれきり続かなかったが、修行僧はただボクの隣でビールを飲み続けていた。何もせず、ただそこに“いるだけ”という…平気で“いるだけ”のできる人間の力強さにボクは軽く惚れそうになっていた。ただ、波の音だけが2人の間を漂い続けた…しばらくすると修行僧は「そ、それじゃ、あっちで手巻き寿司とか食ってきます」と言い残して去っていった。ちょっとドモってたとこが、単に戻るタイミングを失ってただけなのか、ホントに“いるだけ”平気派だったのか微妙な引き際なので惚れるのは保留にしておいた。玉置さんは、忙しそうに動き回っていた。

一番驚いたのは、まきちゃんが赤子を背中にしょって地引き網をしていた事だ。「連れてこないんじゃないかなあ?」くらいに思ってた赤子に会えて嬉しかった。トドのところに赤子も連れてこられ、背中に乗せられたり、ボクという山をよじ登ろうとしたりしていた。秋空はカラリと晴れ、心地良い潮風に吹かれながら背中に赤子の体温を感じる…思わず「ここは、もしかして天国かな?」と思っちゃったね。耳元で赤子に「さあ、逝きましょう」なんて言われてたら「はい」と素直に答えてしまいそうな…そんな極楽気分のトドであった。玉置さんは、忙しそうに動き回っていた。

あやさんは潔く酔って砂浜をダッシュし、ゲンちゃんが「コラー、待ちなさーい!」と追いかけてく…いつもの光景だ。くつしたさんの漬けたキュウリは美味で、くつしたさんのダンナさんは正真正銘“いるだけ”の達人だったのでスンナリ惚れた。くどいようだが玉置さんは、忙しそうに動き回っていた。

結局、夕方まで浜辺でのんびりし、昨夜酒乱発動で迷惑をかけたジュンに「ごめんなさい」「ごめんなさい」と交差点を曲がる度に謝りながら家路についた。後日いただいた写真を見ると、驚いた事にボクが一番元気そうであった…気のせいか縮尺を無視して大きく写ってるようにすら見える。トドだったのにスイマセン…他の参加者の方々にすまない気すらした。

IMG_3150.jpg

 
  1. 2009/10/16(金) 18:18:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

残念!左上のピンクが、あと2cm小さかったらアートだったのに!

R0016506.jpg

10月1週目の土日に、文翔館で『YAMAGATAアーツ・ラウンド』というイベントがあったので行ってきた。「あなたがアートと思うものを持ち寄って~」という漠然としたコンセプトの通り、若者の中途半端な自己顕示欲発散と、小学生の習い事発表、県の文化振興課の「どーです?文化を振興してるでしょ?」という、いい意味で悪夢のような場になっていた。アート万歳!

R0016562.jpg

オブジェとか

R0016548.jpg

広場で大きな絵を描いてたりとか

R0016543.jpg

踊るちびっ子と、それを撮影する両親群とか

R0016542.jpg

どこまでも広義なアートの世界

R0016534.jpg

なんとも学園祭ぽい雰囲気もありつつ(しっかりいただきました

R0016523.jpg

一番おもしろかったのが、こちらの展示

有名漫画の建造物を立体化してらっしゃる!

R0016514.jpg

よつばとんち、かなり立派!ダンボーまでいる!

R0016515.jpg

野原家もスゲエでかい!合掌

R0016518.jpg

飛雄馬ん家!石!屋根に石!

R0016525.jpg

家はそれぞれ外観だけじゃなく、内部もちゃんと間取りが描かれています。スゴクない?

R0016566.jpg

何だかんだ言いつつもスタンプラリー回って、景品のペロリンストラップもらいました。ペロリン好きなんで、嬉しかったよ!

R0016555.jpg

こういう、考え過ぎてない作品て好き!派手さはないけど、老若男女たくさんの人をワクワクさせてくれる気がする。

しっかりハッキリとした監督というか、総合プロデューサーのような方がいて出展物やパフォーマンスの善し悪しをジャッジメントできれば、もっと見応えあるイベントになりそうな気はしますが、今のままでは出したもん勝ち、やっちゃったもん勝ちみたいな雰囲気が強く「あなたがアートと思うもの」のレベルが少し低いように感じました。こういう発表の場があって、発表したい若者がたくさんいるのは素晴しいだけに、仕切る人の不在さを残念に感じた次第。でも、来年も(開催されるなら)ぜひ見に行きたいと思います。

 
  1. 2009/10/16(金) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ザリガニ以上ロブスター未満

R0016035.jpg

9月に玉置さんと福島へザリガニ採りに行った時の事を、玉置さんがDPZに書いてるので良かったら読んでください。『巨大ザリガニを捕まえて食べたい』

湖の畔の街灯なんか無い真っ暗な場所で、風が強くってねえ…ホント、星がすっごく綺麗で、うちのあたりもたいがい綺麗だけど、そんなんよりもっと凄い天の川とか見えちゃうような星空で、何も生き物の気配の無い浅瀬を懐中電灯片手に長靴でピチャピチャと歩きながら「玉置さんにはこうして寒空の下一緒にザリガニ探す友がいて、家に帰れば暖かい家族がいて、空を見上げれば満天の星!これ以上何を望むんだい?この上、ザリガニまで捕まえたいなんておこがましいとは思わないか?確かにザリガニは見つからなかった…でも、玉置さんはこの星空の下でもっと大切なものを見つけたんじゃないかな?」なんて事を半ば本気で語ってましたね。

そんな状況だったんで、最初の一匹を釣り上げた時の興奮はそれは凄かったですよ…玉置さんとの付き合いもそれなりに長いけど、あんなにテンション上がってるの始めて見ましたね。何ていうか…弟のマスターベーションを目撃してしまった兄の心境とでも言いましょうか、全然例えられてないですか?まあ、それくらい盛り上がりました。

この記事を読んで思ったけど、玉置さんは今後DPZで『わしらは怪しい探検隊』みたいのを書いたらいいと思うよ。したら、ウナギもアナジャコも地引き網、もちろんウチダザリガニも全部もう1回ネタにできるじゃん。個性豊かな友人多いのだから、皆に頼んでアレしたら面白いものが書けると思う…そんで、来年1年はそのネタを2ヶ月に1回DPZに掲載し、1年6回分に加筆&書き下ろし1本加えて、再来年の春に本を出したらいい。うん、そうしなよ

 
  1. 2009/10/14(水) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セカイカメラ刑事

書評家で文筆家の南陀楼綾繁さんが主催、不忍通りで不定期開催されている『一箱古本市』に以前から興味があり「でも、どうせ東北でなんかやってね~だろうな」と思ってたら、南陀楼さんのブログで仙台で今年前半に開催された事を知り、ちょうどタイミングよく第2回開催の募集にすべり込む事ができた。第1回は、かなり盛り上がったらしいので期待して、ちょっとマニアックなラインナップの古本をミーのカーに積み込み参加してきたんだけど、ガラ~ン

R0016335.jpg

お客さん全然いないでやんの。古本市のノボリのひとつも立ってればちがうんだろうけど、ノボリどころか看板も怪しい始末。とにかく人が通らず、本のラインナップが良い悪いでなく商売にならない状態だった。同じ参加者の方の話だと、前回は確かに盛況だったらしいが…いったい何故?

R0016339.jpg

あまりに暇なんで、iphoneのアプリ『セカイカメラ』をいじりたおして遊んだ。『セカイカメラ』とは、リアル世界の“その場”に自分の発言や画像、音声などを記録して浮かべておいてくれる無料アプリで、もちろん肉眼でその記録が見えるわけではないが、『セカイカメラ』を通したiphoneのモニターにはエアタグと呼ばれるアイコンがフワフワ浮き、それをクリックすると誰かが発した発言や画像、音声などを見聞きする事ができるのだ。で、下の画像が『セカイカメラ』を通して見た定禅寺通り。さすが、仙台!都会だけあってエアタグがいっぱい浮かんでる!

R0016324.jpg

浮かんでるエアタグは、大体その場の景色や飲食店であれば食べた食事の画像などが多かったが、ひとつギョッとしたのは、この定禅寺通りの両側は繁華街なんだけど、そこらの飲み屋ビルで録ったのであろう音声ファイルを浮かんでたのを見つけた時だった。音声ファイルの中身は、ザワザワとした夜の店の喧噪とヘタなカラオケの歌声…きっと、友達が歌ってる間ヒマを持て余した『セカイカメラ』ユーザーが歌声を録音し、その場に浮かべてったんだろうけど、これは…これはスゴイことだよね。だって、こうやって色んな人が色んな音声や画像をポトポトその場に浮かべていったら、何かの事件の証拠やアリバイになる可能性があるわけじゃないですか!

例えば、この音声ファイルが録られた時にこの店に1人で来ていた客がいて、店員も客も誰も彼の事を覚えていない。担当警官が聞き込みしても成果なし…やっぱりアリバイ成立せずかと思ったその時、iphone刑事、あいや、セカイカメラ刑事が現われ胸元からiphoneを取り出し『セカイカメラ』を起動!「むむっ、コレは?」と発見したのはひとつの音声ファイル、容疑者と関係は無さそうだがデータの日時はちょうど容疑者が来ていたと主張してる時間。取調室でセカイカメラ刑事が聞く「あの夜あの店に、やたらと歌がヘタな客がいませんでしたか?」「…そ、そういえばいました!男です、3人グループで来てる小太りの男でアゴヒゲをはやしてました!」「その男が歌っていたのは?」「尾崎豊です!尾崎豊のアイラブユーを2回も歌ってました!ヘタなくせに!」「なるほど、確かにあなたはあの日あの店にいたようですね」と、こうなるわけですよ。なりませんか?なりましょうよ!

砂浜に打ち上げられた水死体、近くにある自殺の名所で有名な切り立った崖に向かう老警部とセカイカメラ刑事、遺書や遺留品はないかと崖周辺をくまなく探すが何も無い。「手がかりなしか…」「まってください警部、まだコレがあります!」セカイカメラ刑事(呼びずらいねしかし)は、胸元からiphoneを取り出し『セカイカメラ』を起動!「むむっ、コレは?」何もない崖の突端に浮かぶエアタグ、セカイカメラ刑事がクリックするとテキストが開かれる…「リストラ・離婚・淋病、3つ並ぶとさすがにもうダメ。サヨウナラ。私の亡骸があがりましたら実家の父に連絡してやってください。電話×××-××××-×××」「データの日付はいつになってる?」「2日前の深夜ですね」「うむ、じゃああの仏である可能性が高いな。とりあえずその連絡先に電話して話しを聞こう」「はい!」と、崖を離れる2人をとらえつつカメラがひいていくと崖のアチコチからポコンピヨンと遺書がわりのエアタグが浮かんでくる。ドンデンドンデン…とおどろおどろしい音楽が流れ、エンドテロップがスーッと流れてくるという…そんな2時間サスペンスが、放映される日も遠くないかもしれませんよ!

あなたもエアタグ、浮かべてみませんか?

 
  1. 2009/10/06(火) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おぼえがき

遠方の友人がたくさん遊びに来てくれた1ヶ月であった。んが、まともに写真も撮らず記録もせずにで、このまま記憶から消えてしまうのがもったいなくなり覚書。にしてもホント、酒呑むたびに飲酒履歴だ晩酌履歴だと写真撮っては記事書きまくっていたあの頃の情熱はもう無いのだな…と思うものぐるおしけれ。まあ、無いんだってトコから何か新しいことを造りだしたい。無理?や、無理なこたない。

8/29-30
あやとゲンちゃんが宮城へ取材の前泊で遊びに来てくれた。ちょうど蔵王で龍岩祭が開催されていたので、一緒に行きビールを飲みつついくつかバンドを見たりした。思ったより観客が少なく、キャンプサイトもまばらな感じで「これはいいな」と、来年はテント持ってバーベキューでもやろう!という話しで盛り上がる。帰宅後、我が家で宅飲み。土産に持ってきてくれた臭い魚や臭いチーズを食べながら皆で日本酒を楽しんだ。翌日、あやとゲンちゃんは早朝出発で宮城へ…我々は、入院した義母の見舞い。

9/5-6
CBJAM'2009

9/7
7年とか8年ぶりにKowが、ひーちゃんを連れて山形へと遊びに来てくれた。自宅和室を改造して店舗兼ジュンのアトリエと化した『毛玉工房』で買い物していただき、夜の上山市街へ…鶴の湯で汗を流し、つくしでサガリ焼きやレバ刺しを食べつつビール!昔はガリガリで眼ばかりギラギラしていたKowも、だいぶ脂がつき優しい雰囲気をかもしだす事のできる生き物になっていた。同い年の友人がこうして良い歳の取り方をしてくのを目の当たりにするのは、何だかとても感慨深い。

9/12-13
玉置さんが福島へ取材がてら単身遊びに来てくれた。ちょうど先週のCBJAMで、ステレオカセットキングダムこと伊澤さんと「近いうちに上山で飲みましょう」と約束してたのだが、伊澤さんの奥さんと玉置さんは大学時代の同級生だということを思い出し「せっかくだから皆で飲もう!」という話に…昼は、伊澤さんの店で手打ち蕎麦をいただき、夜は下大湯で汗を流したのち街へと繰り出した。

R0015968.jpg

我々夫婦と玉置さん、伊澤夫婦と伊澤さんの友人の上山人ナリヒコさんの総勢6名で、龍園のギョウザとホルモンでビール!つくしの焼鳥とレバ刺しで芋焼酎!と楽しい夜をすごした。

R0015985.jpg

翌日、ボクが二日酔いで苦しんでる間はジュンが珍しく玉置さんを遊びに連れ回したり、『毛玉工房』で奥さんへの土産を買わせたりしていた。夕方やっと復活!南陽の太助で寿司を食い、平安の湯で汗を流し、玉置さんと共に福島へザリガニ釣りへ…夜半過ぎ、どうにかミッションを完了させて、ラーメン食って帰宅。バタンキュウ

R0016117.jpg

9/19-21
メグと柊が2泊3日で遊びに来てくれた。会社帰りに駅で拾い百目鬼温泉で汗を流し、我が家でジュンの作った芋煮など食べながら宅飲み。メグは、2~3年に1度遊びに来てるが柊は我々の結婚式以来?って感じで、久々に変わらぬ柊らしい“笑顔でフンワリ毒を吐く”という芸風を満喫した。翌日は、地味に二日酔いながらもドライブのナビ…龍上海で昼食、上山かかしまつりを見物し、夜は山形市内で飲み会。ポチくん、なおなおに我々夫婦とメグ・柊という6名で七日町のスマイルホルモンでビール!内臓肉!内臓肉!2軒目は、夕焼け小焼けでアホほど安い焼酎ボトルを飲みつつ食べ続けた。二日酔い明けだった事もあって、飲んだは飲んだんだけどうまく盛り上げ役のチャンネルに入れる事ができず、このメンツにしては珍しい早めの解散…七日町からの代行車の中で、意識がハッキリしてるのって初めてだわ…と軽いショックを覚えつつ帰宅。最終日は、山辺温泉~梅蕎麦~山形県物産会館~スーパーでお買い物のコースを経た後、これから柊の実家の宮城に行くという2人を山形駅まで送った。

R0016135.jpg

9/22
普段は東京で働いているジュンの幼馴染み女子が、連休を利用して山形に帰って来てるというので一緒に食事。5年程前に飲みに行き、うちに泊まった事があったので会うのは2度目。アボカーレでイタリアンバイキングをキャッキャと食べ、送りがてらお宅にお邪魔して大家族団欒中の居間で微妙な時を過ごす。こういう場面で「気まずい?」とか一瞬でも考えてしまうと、キョドってしまうこと確実なので知らんふりしてC1000タケダをすすった。

R0016139.jpg

9/23
ダンナさんの用事で仙台まで来たというチロルが山形に寄ってくれた。『毛玉工房』で買い物していただき、一休で蕎麦~物産会館~上山かかしまつり~山辺温泉~で、最後に〆で鬼がらしにまで行った。

R0016132.jpg

ボクもジュンもチロルと顔を合わせたのは初めて、ネット上では彼女が高校生の時からの付き合いだから随分長い間、片寄った関係を築いてきたわけだが、学校の事や家庭の事など多くの悩みを抱え途方に暮れていた10代の彼女が、まさかまさかダンナさんを連れて挨拶に来てくれるなんて!こんな未来が…と、ホントに何だか感無量…すごく嬉しかった。夫婦生活は決して楽しいことばかりでないけど、互いスネずにケンカして仲直りして絆を強め、幸せになって欲しい。

こうして見ると、食べ物の写真だけでも全食分並んでたら迫力あったろうに…と後悔しきりである。あと、ネットに出す出さない別として遊びに来た友達と一緒に写真を撮っておけば良かったな…というのが少し悔やまれる。集合写真てその場は「え?え?」って感じだったりするけど、後から見ると情報量多くて意外に面白かったりするのよね…あ、我が家に遊び来た人は必ずココでボクと2ショットを撮る!とかいう場所を決めておけばいいのか!うん、これいい!これいい!…いい?

 
  1. 2009/10/02(金) 08:08:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7