禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ウォーク・ハード』感想文

uo.jpg

60年代~現代を生き抜いた架空のミュージシャン“デューイ・コックス”の生涯を描いたコメディ映画。主演のジョン・C・ライリーが曲作りから参加し、実際ギターを弾き歌を唄っているので、コメディでありながら全編通して演奏の説得力はかなりのもの。エルビスと同じステージに立ち、ドラッグと女に溺れ、ビートルズ達とLSDをキメ(ポール役をジャック・ブラックが演じている)、ヒッピーにかぶれ、ボブ・ディラン風の曲を非難され、TVショーの司会を務め、何度もスキャンダルで騒がれ…やっとの事で人生の安息を手に入れた、年老いた彼の曲をヒップホップシンガーが音ネタとして使ったのがきっかけで注目され、グラミーで功労賞が与えられる事になり、ステージで彼の曲をカヴァーするのがジャクソン・ブラウン(本人!)で、改めて紹介されステージに立つデューイ・コックスと彼のバンドのメンバー(全員おじいちゃんでハゲ)が演奏する久々の新曲が、じんわりと暖かい普通にいい曲。

『オレンジ・カウンティ』の監督の作品なんだけど、この監督は表情とか間で笑いをとる通常のコメディのパターンをわざとはずしてくるような作風なので、この映画も「超笑えるぜ!」という感じではなく、どちらかというと後味はヒューマンドラマのような“ちょっといい話”を見たなって感じだったりする。DVDのオマケで、実在のミュージシャンが“デューイ・コックス”から受けた影響を語る特典映像が長々入ってるんだけど、そのしつこさには思わず「え?実在した人なの」とwikipediaで調べてしまったほど…嘘を作る本気度の高さを感じます。あと、よっぽど白ブリーフいっちょの男がラリって騒ぐシュチュエーションが好きなのか、『オレンジ・カウンティ』のジャック・ブラックに続きこの作品でもジョン・C・ライリーがパンツいっちょで失踪しています。

uo2.jpg



 
スポンサーサイト
  1. 2009/03/27(金) 20:20:20|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『テネイシャスD』感想文

debu.jpg

ジャック・ブラックが以前からカイル・ガスと組んでやっていたロックデュオというかバンド“テネイシャスD”の劇映画作品。『ビルとテッドの大冒険』や『ウェインズ・ワールド』のようなロック+バカ男子コンビというスタイルのコメディが好きな人にはたまらない…や、つまりボクの大好物ってわけですよ!極めて下品で、汚くてダサい…そして、悪ノリ重視という姿勢を忘れぬスピリット!こういう映画を軽んじるボクがいたとしたら、そのボクをボクは軽蔑しますね!何言ってるかわかんないけど、そういう映画です!ホント、自分が大好きなものを語るのって難しい!



 
  1. 2009/03/27(金) 19:19:19|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ダークナイト』感想文

koumori.jpg

シリアスドラマなバットマン。評判が良かったので、期待してたがまあまあ…バットモービルをはじめとしたギミックはかっこいいし、マフィア・マネーロンダリング・中国系企業という説得力ある悪役の上に君臨するのがジョーカーの狂気という、文字にすると違和感ある設定を納得させるシナリオは秀逸だ。ただ、ストーリーが二転三転する上に本編2時間30分と長いので、元気がある時にテーブルの上にビールとピザを並べ、準備万端で挑まないと、途中で息切れしてしまうと思う。

ジョーカーを演じ、この映画の完成を待たずして28歳の若さで急逝したヒース・レジャーの演技は、評判通り素晴しかったが妙に亡くなってしまう事が納得できるような…ロック的な言い回しをするなら「悪魔に魂を渡してしまったかのような演技」であった。それだけでも、見る価値あり。



 
  1. 2009/03/27(金) 18:18:18|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『西の魔女が死んだ』感想文

mazo.jpg

「あたし、もう学校には行かない」と登校拒否宣言した主人公が、緑豊かな田舎で暮らす祖母(イギリス人)の家にホームステイし、自分を取り戻してゆく物語。それぞれのキャラクターには深みが感じられず、画面構成や演出自体にもフックがない。ストレートに言えば「つまらない」…と思ったが、しばらく考えてハタと閃いた。「これはきっと少年少女のために作られた映画なのだ」と。たいてい最近の映画は、少年少女が活躍するものであっても映画館に足を運んだりDVDを購入するメインの層である大人の視聴に向けた配慮なされているものだが、この作品は(おそらく)少年少女が入り込める為にワザと細かい演出や情報を省いているので、ボクのように値踏みするような見方で挑むとガクッとなるわけだ。これを見た子供の感想を聞いてみたいと思った。思わない。思った。



 
  1. 2009/03/27(金) 17:17:17|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Suspicion

パチンコ・サラ金や大手スーパーの同じCMばかりが繰り返し流れ続けている民放テレビ局だが、ここ最近グッとローカルCMの本数が増えてきている気がする。今日も朝から、西バイパスの蕎麦屋と福島の美術館のチープなCMが流れており、すごく嬉しい気持ちになった。世界的な景気の下降によりパチンコ・サラ金業界も広告費をケチるようになり、テレビ局の営業も経費をかなりディスカウントして、小さな商店をひとつひとつ回るようになってきてる事の表れだろうが、実に喜ぶべき現象だと思っている。ローカルCMが見れるってだけで、大袈裟でなくBSやCSじゃなく民放を見ようという気持ちになるもんなあ…20年前とかの、ホント多種多用な業種の独創性溢れるCMが流れまくっていた頃に戻ってくれとまでは言わないが(それが理想だが)、昨今のインパクトオンリーの同じCMばかりの繰り返しと、バラエティ番組の悪癖…CM前の場面のリピートは実に不愉快で、もう勘弁て感じ。この調子でローカルCMが増え続けてくれる事を祈るばかりだ。

yuuhihit.jpg

あくまで妄想です妄想です妄想です…婚約時から「これは、年齢的に“いい女キャラ”に無理が出てきて仕事の減った藤原紀香が、“奥さんキャラ”としてブランド一新の為の策略婚ではないか?」と睨んできた藤原・陣内の結婚だが、離婚報道を見ながら「そうきたか~」と少々感心している。策略婚にしては、陣内の性格がそれ程従順ではなさそうなので、当面は藤原が主導権を握れてもそのうちジェラシーや支配欲が原因で揉めるのでは?と疑問だったが、早期離婚までをも狙ってたとしたらこれ程好都合な男はいないだろう。恐らく、婚姻届けを出す時点で夫婦間性交渉の回数や避妊の徹底、ボディラインの維持を理由に“性交時であっても、バストへの愛撫は手の平を添えるのみにすること”とか細かく契約書が作成されていたにちがいない!バストトップを舌で愛撫なんてとんでもない!色素沈着によってどれだけ商品価値が下がることか!

そんな状態で、正常な夫婦関係を制限され、自宅には自分の入れない部屋があり、TV番組にでれば格差婚をネタにさんざん弄られ、互いの不規則なスケジュールでコミュニケーションもとれず、東京大阪の通勤に疲れ果て…とにかく朦朧となった陣内に誘惑があったとしたら…例えそれが仕組まれたものだったとしても、良く言えば人情肌、悪く言えばお調子者の彼が引っ掛かってしまう事は想像に難しくない気がする。

藤原の帰国を待たずに、家族が離婚届を提出したというのも負に落ちない。19日の陣内の釈明会見は、内容的に藤原の家族がカッとなって翌日離婚届けを提出しに行くって程ひどい内容ではなかったように感じたが、何故そんなに急いだのか…何かこれ以上しゃべられてはいけない事が色々あるから、焦って提出したのでは?と、深読みしたくなる。余計な事はしゃべれないという契約があったとしても、夫婦であるのと他人であるのとでは法的な縛りも変わってくるだろうから…ととっ、こんな風に書くと藤原紀香がまるきり悪役だが、離婚は夫婦2人双方に原因があり「どっちが悪い良い」というものではないというのが、ボクの考えである事を表明しておきます。ボクも離婚経験者なので、そこらへんはアレですよ…わかるわかると知ったかぶりさせていただきます。以上、陰謀論好きオヤジの妄想でした~

 
  1. 2009/03/25(水) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブリの影響

妻が、今まで苦手だと手を出さなかったコーヒー…というか、コンビニとかで売ってるカフェラテ等に最近興味を持ちだしたので「どうしたの?」と聞くと「飲んでみたい」と言う。理由を訪ねると、海外ゴシップ雑誌に載ってた“ブリトニー・スピアーズがスタバ中毒になりジャンボサイズのなんたらフラペチーノを1日に何杯も買い込んでは飲んでいる”という記事を見てから「どんだけうめえんだ?」と気になりだしたとの事。それ以来、たまに買ってきては夜中にズズズッとすすってはニタリと微笑んだりしていた。

そんな事がありつつ昨日、仙台に買い物に行ったらスタバがあったので「お、ついに本物を飲めるじゃん!寄ってこうよ」と誘ったが、「いや、いいよ…」と憧れの芸能人に遭遇できたのに握手を拒む子供のような事を言うので、「いやいや、せっかくだから飲んでみようよ」としつこく腕を引いたが「今はお腹いっぱいだから」「外から見るだけで」とモジモジかわし、あげく「アーケードの方にもあるから、そっちでいいよ」と店前から逃げるようにボクの手を引いた。

んで、アーケードをウインドウショッピングしつつブラブラ歩いてたのだが、一向にスタバが現れないので「どこにあるの?まだ先?」と問うとモニョモニョと歯切れの悪い答え、「さては騙したな」とモニョモニョ妻を引きずりさっきの場所に戻り、そのままダダダッと入店。「大丈夫、大丈夫」と妻を引き連れカウンターに向かうボクも実はスタバに入ったのは初めて。たかがファーストフードに初入店もクソもねえべした注文すりゃいいんだずいいんだず!と、写真入りメニューを指差しつつ「コレのこのサイズを…」の一言だけで「はは~ん、こいつスタバ初体験だな」というのが、わかるものなのね…店員さんがいきなり「こちらは、これこれこういう商品でサイズはこれで…」と懇切丁寧に商品説明しはじめたのでビビった。

ビビりつつも、どうにか無事なんたらフラペチーノとキャラメルなんたらを手に窓際の席へ…表の通りで健闘しているナンパ師を眺めつつ「どう、おいしい?」「あまごいな」とか言いつつも、なんとなく満足気な2人。「このカップは捨てねで持って帰っから」という妻に指令により、半分くらい残ってる状態で「おっと、ボク達そろそろ約束の時間じゃん」みたいな顔でそそくさと店を後にした。アーケードを吹き抜ける風に震えつつ、なんたらフラペチーノをすすりながら早足で駐車場へと急いだ。

img20090323_t.jpg

 
  1. 2009/03/23(月) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

太助寿司 南陽店

最近お気に入りの回転寿司といえば、もっぱら南陽の太助寿司である。何しろ安くてうまい!ファミリー向けチェーン店と同じような価格で、新鮮なネタ・丁寧な仕事がなされたネタがガンガン食べられるのだ!しかし、問題が無いわけではない…店員さんの動きが必ずしも安心できる雰囲気ではないのである。なので、満席時の対応などはもちろんの事、通常時の接客ですらイライラしてしまう事も少なくないだろう…だが、それを我慢してでも食べたくなる寿司がこの店にはあるのだ!大丈夫!10回も通ってれば、菩薩のような気持ちで店員のおばちゃん達を暖かく見守る事ができるようになるハズだから…

R0010812.jpg

とりあえず、105円メニューの写真だけをズラリ

R0010809.jpg

ブリ:ここの店のすごいのは、カウンター内のせまいスペースで年配の板前さんが、普通に大きなブリをさばいてたりするのだ。ちなみに、マグロを解体(店内には“マグロ解体ショー連日開催”のポスターがあるが、まだボクは一度しか見かけたことがない)してたりもする。

R0010948.jpg

マグロ解体時には、中落ちを手巻きにして出してくれたりするのだが、もちろんメチャメチャ美味しい!そして、それも105円である。

R0010794.jpg

ハマチ:ブリとハマチ両方105円で出してる店をボクはここ以外に知らない。ちなみに、カンパチは200円。ぶりとろは300円

R0010942.jpg

サンマ:脂がのっていて美味しいが、サンマに関しては南原太助の方がワンランク上だと思う。

R0010945.jpg

カシワ:鶏タタキの握りが105円ですよ?ちなみに、サクラ(馬刺し)も105円。

R0010798.jpg

赤貝ヒモ:赤貝のシーズンではない冬場は欠品である事が多い。赤貝大好物なうちの妻は、一度に3皿食べた事があります。

R0010796.jpg

ツブ貝ヒモ:貝大好きなごっちゃんは、この2枚の写真だけでワケもなくイスから「ガタン!」と立ち上がっているはず。

R0010804.jpg

ネギトロ:ファミリー向けチェーン店のチューブのやつとはちがうよ!ちゃんとマグロのすき身で作ったネギトロだよ!また盛りがいいんだ!

R0010807.jpg

焼たてたまご:玉子焼きには「焼たて」のと「つめたい」のがある。さらっとした甘味があり、ただでさえ厚みがある玉子焼きに何故いなりまでサービスしてあるのか、実に理解に苦しむが客としてはありがたい限り。ちなみに、ボクはこの店以外の回転寿司では絶対に玉子焼きを頼まない…そんな男が、かかさず食べてしまうほど美味しい。

R0010947.jpg

ねぎとろ鉄火巻き:色見ておわかりいただけると思うが、脂多めで美味しい!

もちろん105円以上のメニューもたくさんあり、それぞれちゃんと美味しく、しかもひとくせあるラインナップなのが嬉しい。極上まぐろ(315円)、活あわび(420円)、生ずわいがに(420円)、きくわた(210円)、フカヒレ(420円)、あんきも(210円)、まぐろのかわ焼きにぎり(210円)、生さば(210円)、馬のたてがみ、ハタ、ミンクのほし、ふぐのかわ、さめ、おばけ etc...

ここの店長さんは以前、今は亡き太助寒河江店の店長さんだった。その頃から、ねぎとろや玉子焼きはおいしく、あら汁はボリュームがあり…そして、店員さんの教育というか扱い方はイマイチだった(今はこれでもいくらかマシになっている)。たぶん、正直でお人好しだけど不器用な方なのだと思う。なので…なのでというのもおかしいが、お店に行く際はくれぐれも菩薩の心で…入店時に席案内されなくても、会計時に長時間待たされても、どうか笑顔で寿司を楽しむ事だけに集中していただきたい。下は、寿司ではないがオススメな味噌汁関係です。

R0010932.jpg

あら汁(105円)店長さんがた寒河江店の頃から、このスタイルなのだが、まず椀が大きい!そして、あらがたっぷり!おおぶりに切られた大根も柔らかく、味がしもっていてうまい!ボリューム満点!

CA3A0123001.jpg

かに汁(210円)とにかくカニが丸々一匹入っているという、知らないで注文しちゃうと「どうしろっていうのコレ?」な代物。当りハズレがあり、足がほとんど無いようなのが出てくる事もあれば、これより大きく足が全部揃った立派なのがおでましになる事もある。しかし、味はどれもダシがとられてしまってるので、期待しない方がいい。ボクは、妻に全部ほじってもらって食ってます。

どうか寒河江店の二の舞いにならぬよう…どうか末永くこの店が存在しますように。そして、おばちゃん達の動きがもう少し機敏になりますように。そんな事を祈りつつ、この記事をアップさせていただきます。

 
  1. 2009/03/18(水) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Poison Girl Friend

R0010952.jpg

R0010963.jpg

R0010972.jpg

土日月と3日連続でラーメンを食べ続けたら、昨夜はダルくて気分悪くて頭痛くなって寝込んでしまった。やっぱ、ラーメンは毒だ!ていうか、3日連続でなんか食べるな!しかも、3日中2日間はセット物ってどういうことだ!バカバカ!自分のバカ!とりあえず、どうにか辻褄合わせようとセロリをバリボリかじってみましたが、すぐに何か変わるわけでもなく…いやはや参った。

 
  1. 2009/03/17(火) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

She Hate Me

週末、本屋をブラついていたら妻がspoon.の別冊を持ってきた。「オトウヤンこれ見てくれ」「お、別冊か」「森ガール特集だって」「森ガール?」初めて聞く単語だったので、その本に載ってた森ガールの条件みたいのを読んでみた。

*透明感のあるおんなの子
*つねにゆるい雰囲気を出している
*暖色系が似合う
*カフェでまったりするのが好き
*カメラ片手に散歩するのが好き
*友達に『森にいそうだね』といわれたことがある

ケッ、と思わず背を向けてしまいたくなるような…ひねくれまくった自意識過剰が、ギラギラと見え隠れする女性の情念満載な言葉の羅列に寒気を感じた。こういった特性を持つ女性が嫌いというわけではないが、つらつらと並べたてられると何だか気持ち悪い。mixiのコミュ発の流行だというので、負けてられない!とばかりに帰宅後、妻が対抗コミュを立ち上げていた。この名も『沼ガール』!

*ゆるい感じのワンピースが好き。だけど「妊婦?」とか言われてしまう
*ポンチョやボレロが好き。しかしただのてるてる坊主に見える
*友達に『沼にいそうだね』『井戸から出てきそう』といわれる

興味を持たれた沼ガールの方は、是非コミュニティ検索で探して参加してみてください。たぶん今月いっぱいくらいは盛り上がってると思う。ただ、問題なのは30過ぎの妻が全然“ガール”じゃないのではなかろうかという…あ、いや、心の問題ですよね!うん、心はガールなんだなきっと

R0010916.jpg

相変わらずドサッとDVDをレンタルしてきては、晩酌しながら妻と見ている。金曜夜に「明日返さないといけないDVDが3本もあるんだけど…」という事態になったので、ドドドッと見た。『人のセックスを笑うな』と『ミラクル7号』はつまらなかったが、まったく期待してなかった『セレブの種』というスパイク・リーの作品が超おもしろかった。全体的な味付けはコメディで、芯となるストーリーはレズビアンの女性に種つけしてあげるエリート黒人男性の人生の浮き沈み。で、そこに製薬会社の内部告発や裁判うんぬん、人種差別についてや家族の絆などの色づけがなされている。ベッドシーンや出産シーンのリアルさも感動的。

物凄く多くの情報が詰め込まれているのに、飽きさせないし笑えるしで、ラストもハッピーエンドとかバッドエンドではなく、エンドロールの後も登場人物達の人生は続いてゆくのだろうな…と余韻に浸れるような無理矛盾ない、しっとりとした終わり方で実に好感が持てた。もし、あなたがTSUTAYAのキャンペーンの時とかに「もう一本くらい知らない映画借りてみてもいいんだけどな…」なんて時があったら、是非このダサイ邦題を思い出してください!『セレブの種』ですよ!ちなみに原題は『She Hate Me』

  

 
  1. 2009/03/16(月) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

魚群探知ネコ4

 魚群探知ネコ:MySpace
 http://jp.myspace.com/gyoguntanchineko

また、曲を完成させてしまった。この曲は、去年12月「もうすぐ30代が終了してしまう!」と焦って作った2曲のうちの1曲です。リフと歌のメロディー、歌詞はすでにその時に出来上がっていて、後はアレンジと間奏だの何だのをくっつけるだけ~という状態だったので、サックリ仕上がるかと思いきや、煮詰まったなあ…妻もこの曲「好きだ」って言うし、12月に妻が歌ったデモが出来てて、それを複数の友達に聞いてもらって評判良かったからっていうプレッシャーかなあ…何か苦しかった。完成した今も、ギターはこんなに重くなくていいんじゃない?とかいうアレが拭い切れないけど、でもこれがこの曲に合ったギターなはず。そう思ってやらないとこの子がかわいそうじゃないですか!と、もう1人の自分がギターを抱えて憤っている。ギターと言えば、そろそろ新しいギターが欲しいなとボクが思っている事を、それとなくこの場に書き記しておきます。

今回の曲では、普通のメロディー以外の場所でも妻に色々しゃべったり叫んだりしてもらっている。間奏始まってスグのタイ語パートなどは、聴くたび自分達でも「誰だよお前!」とツッコミを入れてしまう恥ずかしさがあるが、これでいいのだ…こういう、後から聞き返すと恥ずかしいような部分が、産まれたばかりのフレッシュなバンドには必要なのだ。良くも悪くもこういうインパクトは必要!うんうん、必要!必要(自分に言い聞かせるように連呼)!チャン・ドンゴンが「アナダノコドガスキダカラ~」と言ってたCMをみんな何年も忘れてないように、魚群探知ネコもこうやってアレしてくべきなのです。これでいいのだ!

今回も何かしら感想ございましたら、コメントいただければ幸いです。今日は、とりあえず一息ついて昨夜行く予定だったサウナに行って汗を流してきたいと思います。サウナ最高!そんで明日からまた新しい曲を組み立ててあげないと…頭の中で「次は俺を使ってくれ」「いやいや、アタシを」というフレーズやアイディアが昼も夜もグルグル回ってる状態で、何はともあれもうしばらく作り続けない事にはアレです、アレ。とにかく、今は曲作っているのが何より幸せでござるの巻。です、はい

R0010921.jpg

 
  1. 2009/03/12(木) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

毛玉工房SALE

本日より『毛玉工房』で衣類の売りつくしセールやってます!1点ものばかりなので、気になった商品は迷わずゲット…していただければと思っとります。Tシャツ好きなボクとしては、現在のラインナップもサイズが合えば自分で全部着たいと思ってる程のお気に入りばかりなので、激しくオススメです!タイのTシャツは、メイドインチャイナの薄っぺらTシャツとちがって、かなり頑丈ですよ!特に『シロイネコ』ブランドのTシャツは、生地も裁縫もしっかりしていて、デザインも個性的!ボクもシロイネコだけで5着くらい愛用しております。

P7250089.jpg

P7250076.jpg

女の子Tシャツだと、こういう細かいイラストというか落書きというか系がオススメ!もう少しわかりやすい写真があるといいのだけれど…かなりかわいいです。

P7020391.jpg

P7020392.jpg

確か、3年ぶりくらいの毛玉工房SALE!次回が何年後かわかりませんので、この機会を逃さずお早めにチェック&ゲットしてくださいませ。

 
  1. 2009/03/07(土) 18:18:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魚群探知ネコ3

仕事中、打ち合わせに行こうと車を走らせていたら、こっちに向かってテクテク歩いてくる金髪の男性が…トム・ヨーク?と思いきや、よく見たら叔父だった。長身で細身、洋服は駅前の『ジーンズショップ:ゾロ』でしか買わないというこだわりの男!さらに発泡酒は最近見かけない『ぐびなま』が最高!とゆずらず、ラーメン屋に行くと必ず一番辛いメニューを注文します。話しはそれましたが、ボクにとって数少ない“かっこいい50代男性”です。ちなみに、金髪はこの時たまたまではなく初対面の時からズッと…じいちゃんの葬式の時は、サイドに細くソリを入れてたっけ。かっこいい!

そんなわけで、魚群探知ネコの3曲目!『北国のHELL』をアップしましたので、興味ある方もない方も是非ご一聴くださいませ。前2曲とは毛色のちがうこの曲ですが、もう本当にボクの脳の中では松田聖子とメタリカが隣合って座ってるトコに清志郎が割って入ってくる勢いですんで“色んな曲を作りたい欲”がですねえ…渦巻いちゃって渦巻いちゃって…まあ、こうして発表とかする前に「どういう方向性で、音楽性で行くか」というのをハッキリ決めて動き出すというのも手なのでしょうけど、我々の場合音楽うんぬん以前に夫婦ですんで、妻が歌ってくれるうちは歌ってもらおうという…そんで、色々作る中から自分達が「これだ!」と思えたり、聴いてくれた方から「これじゃない?」という反応を得られたりしたら万々歳!って感じですんで、まあ末永くおつき合いいただけたら幸いです。

この曲には、ホントはちがう歌詞をのせる予定でした。この日記で以前書いたネタで、ボクの中では“理屈っぽいシリーズ”とでもいうべき、自分の想いをただ熱くうっとうしく語った文章を山形弁に訳して曲にのせたら意外とハマるんじゃね?熱苦しさ和らぐんじゃね?と思って、なおなおに山形弁訳を頼んだんだけど、ダメだったなあ…山形弁に訳しようのない単語のインパクトが強過ぎるし、詞のクセがやはりクドくってこの曲にはのらなかった。でも、せっかくなおなおが試行錯誤しながら訳してくれたこの詞には、別の、これ用の曲をつけてみたいと思ってます。

ギターソロは、弾いてるうちに「あ、次はこうなるな…そんで、その後はエレキがきて…」って思いつくままに流されてった結果、こんなに長くなりました。ほとんど手癖で弾いてて、これを元にパーツごとに弾きなおしてくっつけて…という作業もやってみたんだけど、収まり良すぎてしっくり来なかったので、勢いで弾いちゃった部分がほとんど。コーラスは、最初ボクが歌って入れたんだけど全然馴染まなくて、英詞をつけて妻が歌ったり変なエフェクトかけたり…と色々試した結果、この「雪女っぽい」バージョンで落ちつきました。

というわけで、Please listen to ボクらのmusic now!

 魚群探知ネコ:MySpace
 http://jp.myspace.com/gyoguntanchineko

 
  1. 2009/03/06(金) 23:23:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

魚群探知ネコ2

gytannsaku.jpg

ボクと妻で細々と営む音楽工作チーム『魚群探知ネコ』の2曲目“籠り唄”を先週末、MySpaceにアップしております。もしまだお聞きになってませんでしたら是非ご一聴くださいまし。

 魚群探知ネコ:MySpace
 http://jp.myspace.com/gyoguntanchineko

最初のイメージとしてあったのは『ボーカルとアコースティックギターにちょっとベースが絡む短い曲』でした。んで、1日目は晩酌しつつギターのリフを考え、2日目は録音して、仮詞書いて、それを元に妻が歌詞を固めて、歌録って…と、そこまでやっちゃって、3日目に仕上げ。結局、アコースティックギターはうまく録れなくて断念!ベースも一応入れてみたのですがしっくりこなくて削除!妻がガイド用に入れたドラムを残した方がカッコイイと言うので、パターンを吟味しアクセントにドラムを入れる事で落ちつきました。

この曲の歌詞でボクが特に気に入っててるのは、山形弁の“ぶじゅぐす”…壊すというような意味なのですが、すごいインパクトある語感なので、この曲にというわけではなく「どっかで絶対使おう」と思ってた言葉でした。あと、“沖縄キャンプ”…プロ野球選手が冬季キャンプで沖縄とか鹿児島とか行くじゃないですか?この、よくスポーツニュースで耳にするけど、妙に印象が曖昧というか…仕事としては試合程の殺伐さが無く、遊びという雰囲気でもないし、こう…老若男女誰でも知ってることは知ってるけど認識があやふやで、なんとなく「野球選手はいいよな~暖かいとこででさ」みたいな、あまり頭の良くない妬みに晒されるような感じがいいな…と。仮詞から残ってる部分は、この2ヶ所くらいでメインテーマである引き蘢りテイストは、妻が作り上げたアイディアですね。

この曲を聞いた方が少しでも「おもしろいかも」と思っていただけたら嬉しいのですが…よかったらぜひ感想を聞かせてください。ちなみに次の曲ももう仕上げに入ってるので、今週中にはアップする予定です。

 
  1. 2009/03/02(月) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

FC2Ad