禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

純米“まなぐ凧”

最近、米沢が好きでよく週末に温泉に入りに行ったりしている。たまたまサティへ買い物に立ち寄った時、酒売場に日本酒が並んでいたので「何か山形市内近辺では見かけないような純米酒があるかな?」と見回したら、目についた一本。全然米沢とゆかりのある酒ではないが、耳馴染みのある“美酒爛漫”の蔵元の酒とあらば、一度試してみたくなるものじゃないですか?迷わず買って帰りました。

R0010619.jpg

純米“まなぐ凧”
秋田銘醸 株式会社
秋田県湯沢市

R0010616.jpg

原材料:米・米こうじ(美山錦・あきたこまち)
精米歩合:麹米65%、掛米70%
アルコール分:14度以上15度未満
日本酒度:0
酸度:1.5
アミノ酸度:1.4
1.8L/1,817円

R0010613.jpg

普通に悪くない気はするが、香りに特徴はなく、甘味に華やかさも感じない。どちらかというと、少し安っぽさを感じるのは値段相応といったところか…冷やだとちょっとスッキリし過ぎるので、上燗で味に揺さぶりをかけた方が楽しく飲めた。

再購入の可能性:△

 
スポンサーサイト
  1. 2009/01/31(土) 17:03:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ポテトチップス ゆず醤油

カルビーのポテトチップスって毎月期間限定の新商品出してるって知ってた?ボクは知りませんでした。新しいのよく見かけるな~とは思ってたけど、まさかひと月ごとに出てたとは!なので、毎月その新商品を食べてレポートしてみっか!と思いたったのだが…

R0010580.jpg

【ポテトチップス ゆず醤油】
 高知県馬路村産ゆず使用

ゆずコショウ味のポテトチップスだね…

以上!

終わっちゃった。他に感想なし!
良くも悪くもポテチはポテチ!
これ以上無理して語ってもポテチに申し訳ない気すらするよ…
毎月レポートとかきっと無理!

R0010582.jpg

これで終わるのも何なので、最近やけにかわいらしく思えてしょうがない朝青龍の優勝後のニュースから、名言集を2つお伝えしたいと思います。

 <1/26>
 記 者:あと何年できそうですか。
 朝青龍:知らねーよ
 記 者:5年は?
 朝青龍:ははは
 記 者:3年は?
 朝青龍:しつこいな、お前!

 <1/27>
 会見後も「腹減った。マック食いて~」と叫び、
 部屋に戻って報道陣に酒を振る舞うなど、
 最後まで上機嫌だった。

マック食いて~

 
  1. 2009/01/30(金) 17:08:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

越乃日本桜“純米酒”

改めて色んな日本酒売場を眺めていると、今までは見えてなかった発見がある。2,000円以下の純米酒もディスカウントスーパーなんかでは、意外とたくさんあるというのも今までは気づかなかった。前回1.380円純米酒で失敗した記憶が鮮明に残ってはいたが、これはラベル回りの雰囲気からして『どうでもいい酒』という感じではなかった(限定品のラベルも気を引いた)ので、試してみる事にした。

R0010606.jpg

越乃日本桜“純米酒”
株式会社 越の日本桜酒造
新潟県水原

R0010608.jpg

原材料:米・米こうじ
精米歩合:70%
アルコール分:14.8%
日本酒度:+3.0
酸度:1.3
1.8L/1,380円

R0010610.jpg

まずは、冷やでキュッとやる…おお、スッキリしていて悪くない。変に甘味がチャカチャカしてないので、雑味が気にならない。でも、やはりどこか遠くの方で2級酒の香りが…しかし、これで安い純米酒は甘口より辛口の方が吉ってのは、わかった気がする。

燗もつけてみたが、香りが安っぽくなってしまってうまくない…やはり冷やがいい感じ。これは常備酒にしておいて、いいお酒を2合ばかり呑んで「まだ呑み足りないな…」って時に冷やでキュッキュとやるにはベストかもしれない。

猪口についだ酒の表面に細かい泡があるのは、いっぺん徳利についでから猪口に入れてるので泡だってしまったのだろう…しかし、日本酒の色ってどれもこんなに透明だとは思わなかったなあ…もう少し銘柄によって、琥珀っぽくとか白っぽかったりな印象を持っていた。これじゃ、あまり写真並べてもなあ…猪口の写真、必要かどうか再考すべき課題だ。

再購入の可能性:○

 
  1. 2009/01/29(木) 17:07:03|
  2. 日本酒消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Return

sannsaro.jpg

夕方、もう陽が沈んでから妻と選挙に行った。我が家よりさらに山を登った県道沿いの大きくはない公民館、薄暗い板張り廊下を渡って畳敷きの広間へ…県の職員と、見届けの為の近所の役員さんが数名…大きなストーブ焚かれていて会場は意外と暖か。年配の人が多い地域だけに、こんな時間に投票へと来てるのは我々だけだった。公民館を後にしてから、投票箱の前にいたじいちゃんが夏に一度挨拶しに行った地区会長さんだったと気づき、声をかけなかった事を悔いた。雪のない山道をスーッと下り、うちの前を素通りして国道に出た。

外食、買い物、温泉で汗かいて帰宅。テレビをつけて開票速報を見ると、ギョッとするくらいの接戦…現職有利だと思ってただけに意外な展開に驚く。そして、晩酌をしてるうちに新人当選・現職落選が確定した。2候補の得票差は僅か1万!何者だかよくわからない行政書士のおばちゃんが県知事になってしまった!唖然…あんなフワフワした中2病の妄言みたいなマニフェストを真に受ける大人がいるとは…耳障り良いだけで財源等は不明確なままの「農林水産業予算150億円増額」や「雇用創出1万人」を信じた人がいたのだろうか?

いや、現職が再選できなかった事の一番のアレは、やはり急激な財政改革のアレであろう。元日銀マンで地元とのしがらみがなかった事もあり、土建屋・農業団体・補助金目当ての各種団体との関係を切り、無駄な公共事業を抑え、公務員の給与引き下げ(自分のも含め)と、やってる事は正しかったものの選挙の時に一番力を持っている公務員・各種団体から総スカンを食ってしまった。これじゃ、勝てるわけがない…せっかく、4年間かかって200億円の県債削減を成し遂げたものの、これからは「温かい県政にチェンジ」をスローガンに勝利を手にした新知事によって、絞られた蛇口は再び開かれ温かいアレがアレにアレしてしまうのだろう…

少し大袈裟に語ってるだけで、知事が変わったからと言って自分の生活が一週間後・一ヶ月後からガラッと変わるわけではないが、保守的だと言われる山形において県知事があんな改革的な人だったというのは、何か変わってく空気みたいのを感じられて嫌いじゃなかった。それだけに、今回の事は自分でも「あたい、あの人に惚れてたのかな?」みたく後からジワジワとショックがきてたりする。きてたりする。きてたり…ハァ

 
  1. 2009/01/28(水) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

呑み比べ

酒屋でズラリと並んだ一升瓶を眺め「さあ、どれを呑んでみようか…」と考えていて、フトひらめいた。「安い酒と高い酒を呑み比べてみたら楽しいんじゃなかんべか?」というわけで、安い一升瓶と量は半分以下なのにそれより高い720mlの純米酒を買ってみた。

yukiyama1.jpg

寒仕込 雪の山形“純米酒”
浜田株式会社
山形県米沢市

R0010506.jpg

原材料:米、米麹
精米歩合:67%
アルコール分:15~16度
1.8L/1,380円

yukiyama3.jpg

まず飲んだのは、2,000円前後が相場であろう純米酒の中で群を抜いて安かった、その名も“純米酒”!このお酒を造っている浜田株式会社は、聞き馴染みのある“沖正宗”などを造ってる会社らしい。とりあえず、常温でクイッといってみた…なるほど、安いという先入観もあるだろうが、味がガチャガチャしていてなめらかさが足りなく感じる…燗をつけてみると、多少なめらかになったが、それでもまだ中学生の時に父親の2級酒をくすねてすすった時の「ウエッ」って感覚が蘇るような味がある。純米酒なんだよな…ラベルを眺めつつ頭をひねり、何か情報があるかもと思い浜田株式会社のホームページを見たが、商品ラインナップにこの“純米酒”の姿は無し…あまりと言えばあまりな扱い!なるほどな~いろんな意味で納得。

再購入の可能性:△

------------------------

katuyama3.jpg

特別純米 勝山“縁”
勝山酒造
宮城県仙台市

katuyama4.jpg

原材料:米(ひとめぼれ)、米こうじ
精米歩合:55%
アルコール分:15度
日本酒度:
酸度:
720ml/1,575円

katuyama1.jpg

お次は、仙台の純米酒しか造ってないというこだわりある酒蔵のお酒。瓶も家紋が浮き彫りになっていたりと洒落ている。常温を湯呑みにそそいでキュッとやると、口の中に風味がフワーッと広がる、さっきの安い酒と同じく色んな味はするけど、そのひとつひとつがキラキラ輝いているように感じる…なるほど、これは美味しいや。多彩な甘味の粒をアルコールの太い香りが、フンワリ包み込んでいる…ドラマチックに書くとそんなイメージ。もちろん、のど越しもいいのでスイスイ呑める。妻に「よしときなさい」と嗜められながらも、試しに燗をつけてみたが、やはりダメだった。キラキラがしぼんで、まずくはないがのっぺりとした味になってしまった。例えるなら、小龍包を油で揚げちゃったみたいな「まずかないけど、何だかもったいない…」てな感じ。

ラベルのあちこちに暗号が書かれていたので、美味しさを解読する事ができるかもと調べてみた。まず『袋しぼり』ってのは、普通は機械や遠心分離器みたいのを使ってする醪を絞ってお酒と酒かすを分ける作業を、昔ながらの手作業でアレするアレだ。『瓶火入れ』というのは、通常でかいタンクのまま2回火入れ(60度くらいに温度を上げて除菌する作業)するところを瓶詰めした後にアレするわけだ。『氷温貯蔵』というのは、0度以下の凍らない程度の低温で保管し、フレッシュさを保っていたぜ!という事らしい。まあ、とにかく色々めんどくさい作業をして手をかけた酒だよ!というわけだな…こうやって、読み説くと「うん、そりゃうまいわけだ」となるわけだが、やっぱそれだけあってお値段がいいのがな…記念日用とかにはいいかもしんない、お正月とか…って、まだ1年丸々あるわな。

再購入の可能性:○

 
  1. 2009/01/23(金) 16:41:35|
  2. 日本酒消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

大虎

今年は日本酒を飲んでみようと思ってる。あわよくば「色々飲んでみた末、自分なりの1本を見つけだしたい」と企んですらいる。日本酒をかたっぱしから~だと、ちょっとあまりに途方もないので、とりあえず純米酒を中心に漁ってみようと思っている。

ootora1.jpg

大虎
千代寿虎屋株式会社
山形県寒河江市

原材料:米・米こうじ
精米歩合:65%
アルコール分:15.0~16.0度
日本酒度:+10
酸度:1.5

ootora2.jpg

とりあえず、今年最初に飲んでみたのはコレ!寒河江・千代寿虎屋の大辛口純米“大虎”!甘く、味が賑やかな印象のある日本酒の「大辛口」ってどんな?というのと、純米酒の平均値というか指標を知るには極端な方から味わってみたらどうだろう?という気持ちがあって、これを選んでみた次第。

ootora3.jpg

【感想】
最初に書いたような日本酒のイメージ『甘く、味が賑やか』のレベルをグッと抑えたような味わい。もちろん味の上での『辛さ』は感じないが、圧縮されたうま味のインパクトはある。良く言えば「飲みやすい」が、物足りなさも感じるっちゃ感じるような…白ワインのように少し油っぽい洋食なんかに合う気がする。

燗もつけてみたが、中途半端に『甘く、味が賑やか』が出てきてしまってイマイチだった。冷やしてしまうと、さらに香りが抑えられてしまうだろうから常温で飲むのがベストかと思う。

この酒に限らず、日本酒って栓を開けて1日たった方が味がマイルドになり美味しく感じる。そのうち、飲み馴れてくると初日の強い味の方が「いい!」と感じるようになるのかもしれないけど…

再購入の可能性:○

 
  1. 2009/01/22(木) 17:17:17|
  2. 日本酒消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SNOW MAN

yuki_taiya.jpg

何故か朝から雨がシトシトと降っておって、そこかしこに積もった雪が「え、なんで?」って途方に暮れてるように見えて哀れです。雪に意思があったとしたら、吹雪いたり積もったりはもちろん、陽射しに照らされ溶けてく事くらいは受け入れてると思うのですが、まさか雨に打たれて中途半端に溶かされるのは不本意じゃなかろうか?製氷機を掃除する為に流しにザバッと放られてしまった氷粒や、てっきりコーンにのせられると思ってたのに、コーラにドボンと入れられ溶けてゆくコーラフロートのアイスにも同じような悲哀を感じてしまう…さては、ボクの前世は雪男だったのかもしれません。

 
  1. 2009/01/19(月) 16:32:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

月光画面

R0010534.jpg

ついに風邪をひいてしまい、この3連休は寝たきり生活。しかも、最終日の今日になって妻まで「うつったみたい…」と声を嗄れさせている。ちゃんと寝てたから、しっかり汗かければスグ治るような軽い風邪のはずなんだけどなあ…やはり、毎晩4時まで晩酌してるのがいけないのかしら?昼間はちゃんと寝てるんだけどな。

画像は昨晩、窓からの風景…山の上のスキー場にはナイターの明かりが灯り、その真上にぽっかりと月が浮かんでいた。雪に反射した月光が眩しく、晩酌の間に間に便所へと立つたび、窓の外の明るさに「お?」と一瞬考えてる自分が馬鹿らしくも楽しかった。

 
  1. 2009/01/12(月) 18:18:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火焔太鼓

DVD『しゃべれども しゃべれども』を見た。期待し過ぎたってのもあるだろうけど、なかなかつまらなかった。前半ヘタクソだった国分太一の落語が、紆余曲折を経て最後の舞台でグッとうまくなる!という展開なのだが、無理があった…最後までヘタクソなままだった。取ってつけたような恋愛要素も、説得力がなくて違和感があった…制作者はもうちっと、萌えアニメでも見てツンデレについて勉強した方がいいと思う。

酷かった国分に比べ、伊東四郎の落語は堂に入ってて格好良かった…コメディアンとしてのキャリアのちがいもあるが「落語の事わかってるんだな」と思わせる何かがあった。

胸を張れる程の落語ファンではないが、父親が好きだった事もあり小学生の時から色んな名人の落語を聞きまくった自分に言わせれば…というか、言わせていただくなら、落語ってのは1人芝居や朗読劇ではない。むしろ、居酒屋のカウンターで会社の事をおもしろおかしく語っているオヤジのバカ話に近い気がする。なので、声色を変えるとか、誰がしゃべってるかわかるように体の向きを変えるってのは、テクニックとして行うべきものではなく、自分の語りにノッちゃって思わず体が動いたり女言葉になったり…という方に源泉がある気がする。だから、一語一句完璧の覚える事や、アクションをテクニックとしてマスターする方に気持ちがいくと、どんどん本来あるべき“与田話”から離れてしまい、聞いてる人はどんどん笑えなくなってしまう…ような気がする。なので、最後の舞台の『二日酔いの上に迎え酒したら面白く話せた』ってのは、ある意味真理かもしれないし、原作本の評価が凄く高かったというのもうなずける。でも、国分太一はない。偉そうでゴメン。

 

 
  1. 2009/01/09(金) 17:17:17|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Star like Snow

R0010496.jpg

昨夜、久々にゼニの食欲不振が止まらないので、引っ越して以来はじめてかかりつけの動物病院へ診察に行ってきた。妻が診察券をカウンターに出し待ち合い室で待機、順番が近くなるまで車の中でゼニと2人で妻からの呼び出しを待っていた。ふと、メロディーが口をついた…何の曲かな?しばらく考えた。薬師丸ひろ子の…WOMANか…いい曲だなあ。

それから、ずっと…帰り道はWOMANのメロディーで頭いっぱい。家に着くとYouTubeで検索してみた…思った以上にたくさんある。こういう時って不思議と何度聞いても飽きないもので、妻が「いい加減にして」とグチるまで何度も何パターンも聞きまくり、ベッドに入ってからも携帯で歌詞を検索して、低い声で歌った…真っ暗な寝室の冷えた空気に、携帯の明りがボクの白い吐息を写し出す。

 ああ 時の河を渡る船に
 オールはない 流されてく
 横たわった 髪に胸に
 降り積もるわ 星の破片

何があろうと時間は流れ続けてゆく、誰も自分の意思で前へ戻ったり先へ進んだりする事はできない。良くも悪くも流されてゆくしかないのだ…こうして書き綴ると当たり前の事だが、「時の河を渡る船」なんて言われるとウットリしてしまう。

 行かないで そばにいて
 おとなしくしてるから
 せめて朝の陽が射すまで
 ここにいて 眠り顔を
 見ていたいの

「見ていたいの」とか歌いながらマッハで寝た。

 
  1. 2009/01/08(木) 22:22:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見た!見た!見た!

DVD『さば』を見た。『全然大丈夫』の監督が撮った深夜TVドラマをまとめたDVD。『全然大丈夫』に続き、荒川良々の腰は低いがおおざっぱという人柄が出ていて良かった。老婆役のきたろうが、何か特別な演技をしてるわけでないのに、本当に老婆に見えるのがおもしろかった。最近、居場所を無くし迷走している感が漂い個人的に気になっていた井上和香が、ギリギリの角度で役にハマっていたのが嬉しかった。これは、現役バリバリのグラビアアイドルや、バラエティに出まくってるような女性タレントじゃハマれない「井上和香だからこそ!」な役だと思う…善くも悪くも。

DVD『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』を見た。久々に漫画原作映画化大失敗!な映画だった。あまりに駄目過ぎて逆に清々しい!異常にデカくて全然かわいくないハミィとか、もう開き直ってるとしか思えん!でも、ED曲のTOMOVSKY『脳』だけは最高に良かった…結構昔の曲だったので、TOMOVSKY好きな原作者うすた京介のリクエストか?と思ってチト調べてみたがわからんかった…

DVD『自虐の詩』を見た。久々に漫画原作映画化大成功!な映画だった。とは言っても、原作を読んでない人にとっては少し地味な『嫌われ松子の一生』的な印象かしれない…が、原作を最後まで読んだ人にとってはヤバい映画だと思う。中盤から熊本さんが出てくるたびに「あのラストが来るのか…」と思い出してはホロリときていたのだが、来るぞ来るぞで迎えたラストが実にわかってる演出で、久々に嗚咽をあげるほど号泣してしまった。

にしても、福島出身の西田敏行の東北弁のうまいこと(当たり前か!)うまいこと!あまり東北弁を話すイメージがなかったので、思わず経歴を検索してしまった…郡山だったとは、うまいはずだ!映画のみの設定として幸江の出身地が気仙沼となっているので、全編通して東北弁がちょこちょこ出てくる。西田以外のキャストの訛りっぷりはそれ程うまくはない(妻がダメ出ししてた)が、それでも強い親近感は覚える。東北在住・出身者は他地方者より3割増しで泣けるハズ!お試しあれ!

  

リンク貼ろうと調べてみて驚いたのだが、『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』はamazonで取り扱ってないのね…なんでも、セブンイレブンネットでしか売ってないとか。不思議だ…amazonで取り扱わないメリットって何かあるのだろうか?

 
  1. 2009/01/07(水) 17:17:17|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

胃袋履歴

1/2

夫婦喧嘩してたので一回休み

1/3

昼:カレーラーメン
お正月になるとどうしても思い出してしまう「おせちもいいけどカレーもね」。その台詞に突き動かされるようにして、元旦の夜に作ったカレー。昨日はちゃんとカレーライスで食べたのだが、今日はカレーラーメンにした。良くも悪くもフォトジェニックな一杯であったが、起きて最初の食事はえらく腹を空かせているので写真の事など思い出す前に食べてしまった。

R0010407.jpg

夕:鍋ビュッフェ
仙台のモールへ買い物に行ったので、レストラン街の中にあった鍋ビュッフェの店で食事した。2種類のスープが楽しめるし、肉も悪くないし、鍋以外の惣菜も高級感こそないものの「所詮ビュッフェだわな」みたいな失望感を与えられるものじゃなかったので、予想以上に満足できた。妻がビュッフェに行って「また来ようね」なんて言ったのはじめて聞いた。70分/1580円

 イオンモール名取エアリ『Na-菜-Na』

ちなみに、同じレストラン街のしゃぶしゃぶ食べ放題の店(同料金)は行列ができていたが、こっちの店はガラガラ…とまではいかないが、かなり空いていた。

R0010410.jpg

夜:晩酌(刺身、寿司、日本酒)
数日ぶりの生魚に妻とゼニが大喜び!日本酒は「甘味の少ない純米を試してみたい」と思って千代寿の『大虎』というのを買ってみた。さすがラベルに“大辛口”と謳うだけあって甘味は少ないが、これはこれで何か物足りなさを感じてしまう…今年は、みっちり日本酒を飲んでみて“それなりに安くて、それなりにおいしい”自分的に「これがあればいいや」な1本を見つけだしたいと思う。

R0010413.jpg

1/4

R0010420.jpg

昼:スパゲティナポリタン
休みに入ってから妻の料理らしき料理を食べていないので、ナポリタンを作ってもらった。「ちょっと味が薄くなっちゃった」と言うので、半分ほど食べてからカレーをかけてみた…やんなきゃ良かった。

R0010430.jpg

妻が、昨日買ってきた服をさっそく着ていたので何枚か写真撮ったのだが、相変わらず「何でオトウヤンが撮るとこんなに不細工に…」と怒られるような仕上がりであった。

R0010462.jpg

夕:どんどん焼き
BunBUn堂で甥っ子の誕生プレゼントを買い物してたら、腹が減ってしまったのでTSUTAYAの後『やたいや』に寄って、おやつ。相変わらずフワフワでおいしかった。

R0010463.jpg

R0010466.jpg

R0010468.jpg

夜:晩酌(ホルモン、刺身、おみづけ、かずのこ、酢鰯、ビール、日本酒)
義親に挨拶して山辺温泉で汗を流して帰宅、最近ハマっているマルニ食品のホルモンを焼いてビールをキュッと飲んだ。ブータンかわいい!実は、昨日ジャスコに行った時、肉売場にマルニ食品の福袋があったのよ…ブータンのストラップが入ってんねんけど、すっごい悩んで買わなかったのを後悔して、今日も行ったんだけどもう無かった…ブータンストラップ!手に入らないとなると、すっごい欲しくなんのね!あ~悔しい!ホルモン以外の料理は「やっぱり日本酒でしょう」という事で、昨夜に続き『大虎』をグビグビ…2合目は燗つけてみようと思っていたが、1合で酔ってしまい終了。そして、正月休みも終了。

butan.gif

 
  1. 2009/01/05(月) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

胃袋日記

1/1

禿生海峡冬景色をご覧の皆様、新年あけましておめでとうございます。本年も相変わらずの駄文をガタガタバタバタと書き綴ってゆきたいと思っております。引き続きご覧いただけたらこれ幸いかと…どうぞ、よろしくお願いします。

R0010389.jpg

朝:千葉の実家から送られてきた地味色ながら懐かしい味の御節料理。もちろん朝からお屠蘇をいただきながら…

R0010378.jpg

雑煮は昨夜の鳥汁に野菜を足して流用。

R0010381.jpg

昼:御節料理に飽きた頃、昨夜の年越し蕎麦がおいしかったので、もう一度茹でて食べてみた。

R0010382.jpg

おやつ:大晦日にスーパーでフト食べたくなったドーナツ。久々に食べてみたら、すごく胸やけした…

R0010393.jpg

夕:義親からいただいた高級御節料理!華やかだ!文字通り、朝から晩までリビングで酒を飲み食べ続けた元旦でした。いっぺんも外出しなかった…年賀状送っていただいた皆様、妻が元旦一日かけて力作を作りあげたので到着をお楽しみに!

R0010400.jpg

  1. 2009/01/02(金) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

胃袋日記

12/31

昼:大晦日なので早くも蕎麦!緑のたぬき!生玉子のせ!

R0010350.jpg

妻が鍋いっぱい作ってくれた野菜スープ!

R0010352.jpg

夕:買い物に出た先で空腹になってしまったので、今年最後のラーメン!幸楽苑、ガラガラだった…こないだまで+30円だった辛味が+100円になってたのに気づかず、いつも通り夫婦それぞれ2辛にしてたもんだから、会計時になって「アレ?」っとビックリした。いきなり3倍以上値上げって!?そりゃないぜ

R0010354.jpg

夜:スーパー吉田で買ってきたおつまみ盛り合せ

R0010356.jpg

コブクロ

R0010359.jpg

昨夜の残りの、えぼ鯛一夜干し

R0010361.jpg

ワイン(白)→日本酒、2008年最後の晩酌!

R0010365.jpg

年越し蕎麦は、鳥ハラミ肉とネギで鴨南蛮汁っぽくしたのに、最近TVCMでよく流れてる極太蕎麦『噛む。』ってやつを食べてみた。なかなかおいしかった。

R0010376.jpg

 
  1. 2009/01/01(木) 15:15:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2Ad