禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロックン・ローラー

tannpopo.jpg


やりたい事や食べたい物、見たい、触れたい、手に入れたい…
そういった自分の欲望が、全部お金があればクリアできる事だと気づくと、
心底ガッカリしてしまう。
疲れて腐って、ヤサグレた気持ちになってしまう。

仕事から帰って夕飯を済まし、無気力な心のままベッドに横になる。
疲れて腐って、ヤサグレた少年だった自分の過去の姿を思う。
あの時もこうしてベッドに横になり、ボケーッとしていた。
「世の中、しょせん金だよな」「楽して金持ちになりたいな」なんて思っていた。
それと同時に「金じゃ買えないモノもあるはずだ」という気もしていた。
でも、それが金のない自分の夢想に過ぎないのか、
それとも真理つく心に潜む確信なのかは、わからなかった。

そんな時に、ボクの目の前にロックの神様が現れた。

「少年よ、疲れて腐ってヤサグレた少年よ、
 ヤル気はあるけどスル気のない少年よ、
 もし君が『金じゃ買えないモノ』を欲しているのなら、
 いますぐロックン・ローラーになりなさい。
 金があればギターは買えるが、ギタリストにはなれない。
 ギタリストってのは、金よりセンスや努力が必要なものだからね。
 バーンと鳴らした君のギターに輝くものがあれば、
 君は『金じゃ買えないモノ』を手にすることができるのだ」
「ギター?ロックン・ローラーってギタリストのこと?」
「ギタリストじゃなくてもいいさ。
 歌を歌っても、踊りでもいいし、カメラでもいい。
 リスナーの柵を越えてコッチに来いってこと、
 プレイヤーになれってことだよ」
「プレイヤー?」
「そうさ。
 君の声に、ダンスに、君が撮った写真に輝くものがれば、
 それはこの世に唯一無二、まさに『金じゃ買えないモノ』なのさ。
 リスナー越えな、プレイヤーになれよ。
 ギタリストに、シンガーに、ダンサーになれよ。
 カメラマンに、映画監督に、シナリオライターになれよ」

ちょっと横になるつもりだったが、すっかり寝込んでしまったようだ。
携帯を開いて時間を見る…23時。
もう寝るのか?とゴネながらも隣で熟睡してしまった妻を
起こさぬよう気をつけながらベッドを抜け出すと、
熱いシャワーを浴びた。
そうだ、ボクはプレイヤーでいなければならないのだ。
少年ならまだしも、疲れて腐ってヤサグレた中年なんてカッコ悪過ぎる。
ヤル気はあるけどスル気のない中年なんて、
まるでウンコにたかる気力もなく草葉の陰でジッとしてる蠅だ。
もう一度!いますぐ!ロックン・ローラーにならなければ!
鼻息も荒くパソコンを立ち上げると、キーボードを叩く。

中年よ、疲れて腐ってヤサグレた中年よ、
ヤル気はあるけどスル気のない中年よ、
もし君が『金じゃ買えないモノ』を欲しているのなら、
いますぐロックン・ローラーになりなさい。

CD聞いてんなよ、プレイヤーになれよ。
映画観てんなよ、監督になれよ。
雑誌めくってんなよ、ライターになれよ。
漫画家に、料理人に、職人に…

ブログ読んでんなよ、ブロガーになれよ。

 
スポンサーサイト
  1. 2008/05/27(火) 23:59:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

スコーピオンデスロック

P1110882.jpg

昨日午後に更新されたDPZの記事で、あやが早くも今回のタイ旅行ネタを書いている。仕事早いなあ…まだ帰ってきて3日?4日?ボクはほとんど写ってないけど、妻が写りまくってます。

一緒にサソリを食べたメンバーの中で、ボクが一番珍味に愛情を持ってない男なのだが、みんながウマイウマイ言うからちょっと齧ったよ…てな程度で偉そうなことは言えないが、サソリもタガメも意外とおいしかった。サソリは本当に鰹節みたいな味だったし、タガメは…まあ、タガメはタガメだな!でも、臭味もないし変な色の体液が飛び散ったりもないので食べれないことはない。

ただ、タガメを食べる時に思ったんだけど、問題はさあ…これを食べれちゃうと、もうゴキブリを食べれない理由も無くなっちゃうんじゃないかなあ?という気がしないでもない。それでまた、この時に食事していた食堂(というか屋台)がすごいゴキブリの多いとこでさ、食事してる足元をチョロチョロしてるんだけど、ちゃんとこの珍味好きな女子達も「キャア!」とか言って逃げて、タイ人店員に鼻で笑われたりしてるんだけど、タガメはモリモリ食えるという…不思議なアレだよなあ

サソリもタガメも調理して火が通ってるとはいえ、調理してから何時間(もしくは何日)たってるかもわからないし、虫を乗せた荷台は別にフタとかしてるわけじゃないから、何と言うか…肉眼では見えないけど、ダニとかねえ…いる可能性の方が高い気がしない?虫売りオヤジは酔ってるんだか、ラリってるんだか妙にハイテンションだしさ

でも、サソリでダシとったラーメンとかうまそう。あやのこの記事の評判が良かったら是非、次回はサソリラーメンにトライしていただきたい。チャーシュー変わりにタガメを泳がせたりして

 
  1. 2008/05/24(土) 12:12:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

もどりました

thaikaete.jpg

今回こそはどうにかバンコクを脱出して、せめてパタヤの海を見てこよう(バスで2時間半)と、それが無理ならアユタヤ(バスで1時間半)で遺跡くらいは…と長めの日程を組んだにも係わらず、結局バンコク内の市場を巡り巡ってるうちに8日間過ぎてしまいました。夫婦どちらも妥協嫌いなもので「あそこのアレ、やっぱ買っておくべきだったのでは…」なんて、どちらかが言い出すとモヤモヤを消せずに、翌日の予定を繰り越して戻らずにはいられないのね…

その甲斐あってというか何というか「今回の仕入れは抑えめでいこう、安さに惑わされず自信を持って売れる物以外は絶対買わない方向性で!」と決めていたのですが、終ってみればいつも以上の仕入れ量!帰りの搭乗カウンターで航空会社のおばちゃんに「荷物多過ぎ」と言われ、慌てて手荷物を大幅に増やしてどうにか飛行機に乗れた…という始末。これから夏に向けてクワッと着れるかわいい服をたくさん持って帰ったので、毛玉工房の更新をどうぞお楽しみに!バージョンアップしたシロイネコ商品も色々仕入れてきました!

それから、今回は妻も自分の日記用にとカメラを持って行ってたり、同行したゲンちゃんと彩の夫妻も「今回こそは絶対に日記書きますよ…ふふふ」と連日メモをとっていたりと、このメンバーでの旅行3回目にして、ついに全員の『タイ旅行日記』が出揃うのでは?という気がするようなしないような…や、4人で旅行して4人共が日記書いちゃうなんてのは、なかなかあることじゃないですよ!ある意味、ボクが3人の日記を一番読んでみたいよ!

という事で、各自仕事の合間を縫いつつ頑張って日記を書きましょう!

 
  1. 2008/05/22(木) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

I'll be back

P1110618.jpg


明日から1週間ばかりタイに行ってきます。1年半ぶりのタイ仕入れ!期待たっぷり!気合いたっぷり!なのですが、同時に妙にリラックスした気持ちもあって…何だか空回り気味。なにせ、夫婦してギリギリ星人なので、ここ2、3日に詰め込み過ぎた締切関係がキツくてキツくて…どうにかこうにか今日、妻の幼馴染みの結婚式パンフレット、zero23の原稿、忍者の戦いvol.4の原稿を納めて、とりあえず全て手を離れた状態に!普段ならここで「お疲れさん」「乾杯!」「わー」でビール飲みまくりでバタンキュウなのですが…なにしろ出発が明日早朝なので、今から荷造り…とはいっても、一番大変なのは妻でボクは「出せ!」と言われたもの出すだけの係なのですが…とりあえず、またカメラを小脇に抱えつつ、仕入れに励んで参ります!
 
  1. 2008/05/13(火) 00:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

植木市

P1110634.jpg

これまた山形に来て8年もたつのに1度も行った事のなかった植木市に初めて訪れた。山形で一番のお祭りといえば『花笠まつり』だろうが、一番屋台がいっぱい出るのは『植木市』だそうな。

P1110628.jpg

平日のせいか、制服姿の中高生が目立つ。近くをすれちがうだけで、むせかえるような自意識にあてられ気分が悪くなる。制服で来るな!一旦お家に帰って着替えて、ちゃんと個人になっていらっしゃい!

P1110647.jpg

「マヨ」でも「たこ」でもないのに擬蛸化されてるアンパンマン

P1110649.jpg

七日町からの道と護国神社からの流れがぶつかる交差点が一番混雑していた。

P1110651.jpg

人の数も凄いけど、屋台の数もすごい!これだけの数のテキ屋を誰がどう仕切ってるのか?と考えただけでクラクラする…にしても、植木市と言いながら肝心の植木が全然ない!来年からは『テキ屋フェスティバル』に名称変更した方がいいんじゃないかと…

P1110653.jpg

『見せ物小屋』が出ると聞いていたので、期待して(ある意味これ目的で)来たんだけど…『おばけ屋敷』だった。妻曰く「あれ~?昔は確かに『見せ物小屋』だったんだけどなあ…」ちなみに、半田くんとミツオくんは、翌日この『おばけ屋敷』入ったらしい(そして、ミツオくんは絶叫したらしい

P1110663.jpg

薬師公園の本堂前で売ってた『シャーピン』という巨大焼き肉饅頭みたいのがスゴクおいしかった。中国人のおばちゃんが作ってたんだけど、生地をちぎったり餡をつめたりの手さばきがカッコ良くて見入ってしまった。かなりの量の油で焼く…というか揚げてるので、外側はカリカリと香ばしく、内側の生地はホクホク、肉餡は味濃いめで美味美味。お祭りの屋台でこんなにおいしいもの食べたの初めてかも…なんて、思いながら帰ってからネット見てたら、映像祭代表の小林さんも同じ屋台の『シャーピン』がおいしかったという記事を書いてたのでビックリ!他にも3、4ヶ所で『シャーピン』出してたけど、この店のが一番おいしそうで、しかも安かったのよ。

P1110631.jpg

数少ない植木屋さん…上の写真と同じ通りよ?同じ日にちの同じ時間よ?

 
  1. 2008/05/12(月) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Instant death

以前からいっぺん見てみたかった上山城(おしろ)まつりの仮装かごかき駅伝。例年GWは、帰省したりと忙しく機会がなかったが、今年やっと見に行くことができた。

P1110585.jpg

いつもは、人通りまばらな十日町通りもこの日は見物客で混雑、それなりに気合いの入った仮装をした若者達(山大のサークルが多かったような)がかなり真剣に走っている。

P1110589.jpg

留学生チームのかごに乗ってたのはドレスを着たアフリカ人(?)男性。似合ってないを通り越して似合っていた(もちろんいい意味で)。

P1110592.jpg

何しろ『仮装』で『かごかき』なので、もっとゆるい感じで走ってるのかと思いきや、同じチームの伴走者が強く激を飛ばしながら全力で走ってた。ちょっとビックリ…そして、ちょっと感動

P1110596.jpg

ラストスパートの坂は、全員で担ぎ手を励ましながら走ってるチームもあった。

P1110598.jpg

全身黒タイツのベノムがいるな…と思って、近くで見たら下はタイツだったが上半身は何かでベッタリと塗装してあった!皮膚呼吸できない状態で炎天下の中、全力疾走かよ…死ぬぞ!(ベノムの姿で)

P1110604.jpg

何かそういう…スポーツ的なものとか青春的なものを期待して見に行ったわけではなかったけど、一生懸命走る姿を目の当たりにするとアレね…爽やかな感動つうの?そういったものを覚えつつ、こういうの見て“もし自分が参加したら…”みたいな妄想がチラリとも浮かばないってのが、アレだな…と、歳だな!今あんなんやったら即死すると思う。

  1. 2008/05/09(金) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

髪憑

妻の誕生日プレゼントにと電気ブランを贈って下さった方がいらっしゃった。ちょうど数カ月前から、妻と「久々に飲みたいねえ」などと話していたタイミングだったので(ちなみに山形では売っていない)、大喜びでギュビッギュビッと2杯ばかり勢いよくやったら心臓がパクパク騒ぎだして目が回ってしまった。さすがアルコール40度…おいしいからと浮かれて飲むと痛い目にあうぜ!浅草の神谷バーあたりだと、生ビールの大ジョッキをチェイサーがわりに電気ブランをチビリチビリと舐めてる年配客が結構いて、若い時分には「ボクも中年になったら、ああいう渋い飲み方を…」なんて憧れていたが、まだダメみたい…がっつくなっての

P1100927.jpg

髪を切ってから会社や友人、飲み屋なんかでよく言われるのが「密度濃いねえ~」。他に誉めようがないから言ってくれてるのか、長髪の時はもっと薄く見えてたから「(こうしてみると意外に)密度濃いねえ~」という意味なのか…まあ、でも素直に喜んどいた方がいいんだろう。実際、自分でも長髪の時は髪の分け目が「やばいな…」と思ってたし、妻も「こっから禿げてくんだな…」とか言ってたし…だから、髪の重さってのも…何というか、地肌を露出させて薄毛に見せる効果というのがあるんだろうなあ

昔のROCK'N ON JAPANかなんかでソウルフラワーユニオンの中川敬と喜納昌吉が対談していて、その中で喜納が髪を伸ばし始めてた中川に「あなたは、もっと髪を伸ばした方がいい。長い髪には神様が宿るから」と言ってたのが凄く印象的で、今もその会話だけがボンヤリと記憶に残っている。今回長髪を作ってく時もそういうイメージが意識としてあったんだけど、アレだね…神様も宿るかもしれないけど、それ意外の魑魅魍魎も宿りやすくなるんだね。といっても『悪霊が憑く』みたいな大袈裟な話しでなく、自分から放出される怨念や情念みたいのがいつまでも髪に絡まって残ってる…みたいな。それでそれがどんどん重くなっちゃって、切る寸前なんかは自分の髪の毛が不愉快で不愉快で…だから、切った時の爽快感ったらなかった。時分の頭がハーレーのエンジンだとして、毛糸のマフラーがグルグル巻きにされてるかのような…オーバーヒート寸前のとこで毛糸が解けて空冷エンジンがモロだしになったようなスッキリクッキリサッパリ感!その後の喜納昌吉と中川敬を見る限り、ボクの魑魅魍魎説もあり得ない話じゃない…と思いませんか?

 
  1. 2008/05/08(木) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2Ad