禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

16,000杯

ラーメン評論家で、自身のブログ『自称「日本一ラーメンを食べた男」の日記』等でも有名な大崎裕史さんが監修したというカップ麺『まぜそば』がコンビニに並んでいたので、食べてみた。しかし、ストレートにラーメンでなく汁なし麺である『まぜそば』で来るってのが、策士というか何というか…ここでサクッとラーメンだして不評だったりすると、評論家としての本業に差し障りがあるとの判断で、知名度の低い『まぜそば』をまずは様子見に…といった感じなのかしら。

P1100784.jpg

肝心のお味の方も、そんな腰の引けた意識をそのまま現われているような出来で、16,000杯もラーメンを食べると『本当においしいラーメン』を見出せるわけでなく、宣伝上手なラーメン屋の手法をマネたような、味より付加価値にインパクトを求めた物を作り出してしまうのか…と、変に納得してしまうような味だった。付加価値の際たるものは、トッピング…フライドガーリック、鰹節粉、海老フレーク、荒挽きコショウ、赤唐辛子、小ねぎ、チーズパウダーを合わせたものが小袋に入り「お召し上がり前にふりかけてください」とある。それぞれお店で直に素材をドンブリに入れるなら味にもインパクトがでるだろうが、カップ麺の小袋じゃせいぜいうまい棒を砕いて入れたぐらいの味しか出てこない。

P1100788.jpg

油が倍入ったカップ焼そばに、うまい棒を砕いて入れました…というのが、ボクのこのカップ麺に対する感想。「16,000杯ラーメンを食べた男」の看板で商売してる方だからしょうがないのだろうけど、ちょっと名前を安売りしてしまったんじゃないかと…や、大きなお世話ですな。気になった方は是非ご賞味あれ。

スポンサーサイト
  1. 2008/03/31(月) 00:00:00|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

芽華根屋(開店間近

休日の昼下がり、妻と2人で散歩がてら県立図書館に本を返しに行き「七日町でメシでも食うか…」とフラフラ花小路を歩いていたら、新しい芽峨根屋の店舗のあたりで手を振る人影が…おっ、と思い目をこらすとマスターが店の前からおいでおいでをしている。すごい偶然だなあ…と思いながら新装開店作業中の店内に入る。

P1100746.jpg

このビルごと新築だからね…すごいよなあ。モダンな小料理屋か高級クラブか…てな外観。今までの築30年くらいのアパートの1階店舗とのギャップがすごい!

P1100744.jpg

新しい暖簾はコチラになるそうです。冷えたビールをいただきながら、店内もみっちり偵察…厨房がとにかく広い!焼き台がでかい(今後は魚の干物に力を入れる構想があるらしい)!しかし、まだ雑然とした状態なので、写真掲載はオープンしてから改めて撮らせていただくことにしました。10席ズラッと並んだカウンターの椅子にはヒジかけまであるんだぜ!今まで上着かけるとこなくて、冷蔵庫の上とかに積んだりしてたけど、もうそういうことしなくてもいいくらい広いんだぜ!まあ、前のゴチャゴチャと狭い場所だからこその雰囲気ってのもあったんだけど、こんなに広々しちゃって…常連の人達も戸惑うだろうなあ

P1100742.jpg

ビール2本で軽く酔い、店を出て花小路のアーチの方へとフラフラ歩いていると、すれちがったタクシーがキキッと止まり、芽華根屋常連で最近仲良くさせていただいてる関西弁の兄さんが「何してんの~」「兄さんこそドコ行くんですか?」「芽華根屋にプレミアもんの焼酎頼まれたんで、これから納品や」「ボクらいま芽華根屋からの帰りです」「あ、ホンマ」じゃあ、また一緒に飲みましょ~と手を振って別れた。4月1日の開店が待ち遠しいなあ~

 
  1. 2008/03/30(日) 00:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rock music from the snowy country




14日の日記でアレコレと書かせていただいた山形出身のロックバンド『SWEET&SOURLIFE』、先週末にも山形でライブがあったので行ってきた。相変わらず良かった。全国を回りライブをやってきた自信と、ちょっと小馴れてしまった感がパフォーマンスの中に見え隠れして面白かった。こういった経験が、今後の曲やバンドの在り方に影響していくであろうことを考えると、それもまた楽しみだ。にしても、もう5曲とかじゃ物足りない…抑揚とかじゃなく、バーッと突っ走って終わりだもんなあ。そろそろ、1時間くらいみっちりしたステージを見てみたいし、彼等はそういう時期に来ている気がする。

そんな『SWEET&SOURLIFE』、ついに本日29日の吉祥寺ライブで全国ツアーの幕を閉じる。もし、お時間とご興味のある方は是非、足を伸ばして“山形のロックバンド”てやつを目撃していただきたい。こないだ、新宿のライブを告知した時は慶ちゃんが行ってくれたそうで、山形のライブの後にボーカルの御田くんと話した時に「オススメしてくれたそうで~」とお礼を言われた。明日のライブには足マンことミツオくんも飛び入りする予定だそうなので、ぜひミツオくんが現れたら「チンコだせ~」と言ってやってください。泥酔してれば出してくれます。

ミツオくんといえば『忍者の戦い vol.3』が刷り上がり、そろそろBunBun堂に並びますので、こちらも是非お手にとってください。フリーペーパーですからね!無料ですからね!相変わらずボクも妻も執筆しております。ボクは今回は小学生脳担当ということで…下がりきらず中学二年生脳くらいで引っかかってますけど、ミツオくんの裸体をモチーフとした作品を作りました。前回みたいな文字ギッシリは、忍者に似合わないな…というか、ボクじゃなくても書けるな…と思いまして

話しは戻ります。上の写真でボクが着てる『SWEET&SOURLIFE』のツアーTシャツ、かっこいいよ!ちょっとこの写真では見にくいけど日本地図がモチーフになってるの。前面にもスイサワのロゴが入ってます。お手頃価格の割に生地もしっかりしてて、超オススメ!ボクももう2、3枚欲しいよ!


 SWEET&SOURLIFE 視聴サイト
 http://www.audioleaf.com/suisawa/

 SWEET&SOURLIFE オフィシャルサイト
 http://suisawa.com/main.html

 
  1. 2008/03/29(土) 00:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花輪コロッケ店

住所:山形県天童市三日町2-1-5【地図】
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜日
画像:コロッケ 75円

P1080469.jpg

『花輪コロッケ店』のカレー風味コロッケにハマってしまい、日曜日に何度か足を運んだがいつもシャッターが降りている。「今日はもう売り切れちゃったのかなあ?」などと呑気に考えていたが、ネットで検索してみたら日曜定休とわかりガックリきた。なので、こないだの土曜日に行ってみたら(当たり前だが)営業してる!

P1100177.jpg

買って帰り、温めなおして晩酌の御伴にでもしようと思っていたが、包んでくれたばあちゃんが「揚げ立てだよ」などと言うので、たまらず車の中で1つかじった。や~揚げたばかりのコロッケっていうのは堪らんモノがあるね!なめらかなジャガイモの中でタマネギがトロリと甘く、ホントいい仕事してるよ…コショウが効いてるので、ソースなしでもうまい!

P1100183.jpg

ひなびた外観ながら、隠れた人気店として『dancyu』や『ほぼ日刊イトイ新聞』にも取り上げられたりしてるこの店、見てると高級車で乗り付けたおばちゃんが「20個ね」などと大量購入してたりしてギョッとする。他のメニューは、『串かつ(85円』『とんかつ(160円』『天ぷら(いか天、かき揚げなど数種類あり各65円』。どれも安くおいしそうなんだけど「他の物買うんだったら、コロッケをもう1つ2つ追加して…」と思ってしまうんだよなあ

再来店の可能性:◎

P1080471.jpg

花輪コロッケ店の近くのお菓子屋さん。『フルーツポンチッチ』って気になるよね…なんか、パフェ的な物らしいんだけど店内に現物は見当たらず…フルーツポンチッチ、声に出してみたくなる固有名詞じゃない?

 
  1. 2008/03/28(金) 17:17:17|
  2. 街の食堂消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山形発

P1100324.jpg

TVCMがずいぶん流れていたので、山形の人はご存知じゃないかしら?ヤマザワが日清と共同開発したというカップ麺『おいしい蕎麦屋の中華そば』。今まで山形の地方色溢れるカップ麺といえば『芋煮どんべえ』が定番だったが、これからはこの中華そばも何ていうか、こう…アレになってくんじゃないかなあ、定番的なアレに

P1100328.jpg

“山形きそば消化機構”でもたまに話題になるが、山形の蕎麦屋では中華そばを扱っている店が非常に多い。関東あたりだと、中華そばを扱う蕎麦屋なんてめったに無いし、たまに扱っていても「ラーメン置いときゃも少し客も増えるだろう…」みたいな消極的な雰囲気が感じられる、気の抜けたものであることが多い…が、山形の蕎麦屋の中華そばはちがう!蕎麦ツユにかけるシビアなダシ取りや、蕎麦のコシを出すための茹で加減への強いこだわりが、中華そばに対しても働くので非常にクオリティの高いおいしいものが提供されているのだ(もちろんハズレの店も存在するけど)。中には、中華そばの方に比重が偏ってしまい蕎麦屋という看板をあげながら、ほとんどの客は中華そばしか注文せず、その影響で店の方も肝心の蕎麦に気合い入らず「おいおい…」みたいなウドン粉蕎麦を出してる店も少なくない。

P1100334.jpg

ヤマザワ店頭での実売価格198円ということで、カップ麺の棚に鎮座する定番商品に比べると若干高めの価格帯だが、内容的にはかなり頑張ってる印象。実際食べてみると「これで198円は安いなあ」とすら思った。コシの強さを表現しようという努力が感じられるツルツル麺、スープは蕎麦ツユっぽさのある甘味ある和風ダシ、けっこうしっかりしたワンタン、「蕎麦屋の中華」の定番である海苔とカマボコ、メンマとチャーシューも悪くない。個人的には、人気店の名前を使って300円以上で売られているカップ麺よりよっぽどおいしいと思う。特に麺は頑張ってる。

ちょっと誉め過ぎてる気がしないでもないですが、県外の方はぜひ山形に来た際のおみやげとして、県内在住でまだ未食の方はぜひ一度お試しあれ!

 
  1. 2008/03/27(木) 12:12:12|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

BOOK OFF

休みの日、妻と市内のBOOK OFFを何軒か回って、100円の棚を見て回り「ん?」と思った本を片っ端から買って来る…という遊びをたまにやる。使った金額の割に満足感があるので、買い物でストレス解消できる方にオススメ…や、薦めるほどのモンじゃないか

P1100267.jpg

『ファミ通のアレ/竹熊健太郎・羽生生純』1~3巻
竹熊健太郎は好きだけど、羽生生純の絵はあまり好みじゃないので読んだ事なかったんだけど、全巻並んでたので「100円だからいっか…」の精神で捕獲。読んでみたら思った通り『サルまん』の焼き直し失敗!て感じで苦しかった…

P1100243.jpg

『サルまん/相原コージ・竹熊健太郎』上巻
オリジナル版は持ってるんだけど、友達に貸しっぱなしなので久々に読みたいな…と思って捕獲。去年発売された愛蔵版が出るまでは、この新装版もヤフオクとかで結構な値段ついてたんだよな…読んでみたけど相変わらず面白い。

『π/古屋兎丸』1、5巻
古屋兎丸好きだから捕獲…とりあえず1巻をパラパラとめくり「そっか…」と思って、そのまま読んでない。でも、頑張って読むつもり

P1100265.jpg

『音楽生活』Vol.2
会計中、妻に「あれ、コレ1冊持ってない?」と言われたので、もしかしたら本棚にもう1冊あるのかもしれないけど「2冊あってもかまわねえ!」と思うくらい面白いから構わん!BURRN!のバーン・コーポレーションが2000年に出した雑誌で、HM/HRとか洋楽ロックをサブカル的視点から面白可笑しく検証しました…みたいな、歴代ウォークマンの写真がカラーページにズラッと並んでたり、エッセイの執筆者も無駄にユニークだったりして最高。

『きょうの猫村さん/ほしよりこ』1巻
ネットで全部読んじゃったから別に単行本は…と思っていたが、100円とあらばこのまま無視できぬと思い捕獲。

『怪』第9号
この雑誌はめったに100円の棚には来ないんだけど、たまにポツーンと佇んでることがあるので、見つけたら捕獲するようにしている。妖怪本はじっくり読み込むより、トイレでパラパラやってるくらいの方がいい気がする…ので、帰宅後すぐトイレに連れてった。

P1100260.jpg

『神罰/田中圭一』
田中圭一の手塚ネタが大好き。それ以外の漫画はあまり好きではない…秩父山とかは積極的に嫌い。手塚治虫の作風はサンプリングしやすいと前々から思ってたので「COMIC CUE」で田中圭一を初めて読んだ時「これこれ!」と思った事を(ボクにしては)鮮明に覚えている。

『女子プロレス読本/別冊宝島』
女子プロレスってホント、悲惨な裏話が多い…というか裏話の似合う職業だと思う。だから、別に大きく脚色しなくても女子プロレスの世界で常識とされている事や体験談を聞き出すだけで、ギョッとするようなエピソードが集まるという…

『女子カメラ』
古めかしい表紙だなあ…と思いながら奥付を見たら2006年発行だった。妻が「読んでみたい」というので捕獲。

P1100249.jpg

『臍下の快楽/安彦麻理絵』
妻の趣味。ボクはあまり女性作家の下ネタ含ぶっちゃけストーリーって得意ではないので、ななめ読み。ちなみに、安彦麻理絵って山形出身なのな。

『東京リラックス/太田垣靖子』
こういう文字とかイラストがこちゃこちゃとギッシリ描いてある本が大好き!でも、太田垣靖子はごちゃごちゃ度が高い割に、読後感が薄味なので新書で買うことはしなくなった。以前は結構マメに集めてたんだけどなあ…

『少年文芸』第2号
自費出版ビジネスで良くも悪くも話題になっている新風舎の文芸誌。谷川俊太郎、リリー・フランキー、羽海野チカ、池松江美、佐内正史と豪華な執筆陣の名前が並ぶ中、後半に自費出版本の紹介が何と50冊も載っている!さすが新風舎!またこれを宣伝文句に加えて、自費出版ビジネスで稼ごうって魂胆か?個人的に「これ、タイっぽいな…」と思いながら読んだ漫画の作者が、ホントにタイ人(ウィスット・ポンニミット)だったのがニンマリ(「ボクってさえてる~」みたいな)だった。

P1100240.jpg

『さよならみどりちゃん/南Q太』
『天井の下/南Q太』
妻の趣味。南Q太だけに限らず内田春菊とか安野モヨコ、岡崎京子の描く所謂ベッドシーンが得意でない…なんか無味無臭なAVみたいで。コテコテな少女漫画のキスシーンとかの方が、ボクにとっては全然リアルだしドキドキする。もちろん、個人的な好みの問題としてです。ちなみに、いまの南Q太のダンナって安彦麻理絵の元ダンナなのな。

『悲劇排除システム/業田良家』
デビュー作『ゴーダ君』の時から読んでるので、業田良家がこれからどこに行くのか興味ある。でも、この作品は…何か…あまりひっかからなかった。

以上、18冊で1,800円也
「買ったぜ~」じゃなくて「狩ったぜ~」な達成感が楽しいのかも

 
  1. 2008/03/26(水) 18:18:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

I THINK TIBET

tibet_flag.jpg

結局、パソコンの前で色々調べても何が真実なのか?何が真実でないのか?は、釈然としない。暖房の効いた暖かい部屋で、洗濯したばかりのパジャマを着て、食材がギッシリ詰まった冷蔵庫から持ってきた缶ビール片手に世界を憂れう…いい御身分だな、と自分でも思う。でも、ボクはチベットの事を考える。中国の事を考える。家族の事、仕事の事、自分の生活に関わる色々な事に頭悩ませた後の、残りメモリみたいなトコしか使わず申し訳ないが、それでも精一杯考える。もし、こんなことこんなことが真実だとしたら…いや全てが真実ではないとしても、チベットのダライ・ラマが提示した『五項目和平プラン』と、中国の温家宝の『チベットが独立放棄し、台湾が不可分の中国領土と認めるなら対話してもいい』という発言には、あまりに温度差がある…ていうか、台湾関係ないし。

もし、中国がチベットを完全に手に入れたら、上でも言ってるように次は間違いなく台湾、その次は沖縄、そしてその後は…考えると怖くなるけど考える。「まあ、難しい問題ですな…」と濁すのも、いっそのこと無視できたら楽なのかもしれないけど、それはしない。調べる…そして、考える…考え続ける。

 
  1. 2008/03/24(月) 20:20:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芽峨根屋

P1100510.jpg

2008年3月15日、七日町のはずれで一軒の居酒屋が暖簾をおろした。

P1100431.jpg

マスターが1人きりでやっていた小さな店。

P1100443.jpg

はじめは味気ない地味な店だったが、マスターが内装をいじりはじめてから雰囲気が変わり、随分と個性的な空間になった。

P1100472.jpg

オープンからまもなくこの店を訪れたボクは、なんと五年間…毎週通ってた時期もあったし、足が遠のいた時期もあったけど、ずっと仲良くさせていただいた。

megane001.jpg

山形の友達はほぼ100%、県外の友達もたくさん連れてきたし、ここで知り合って友達になった人も少なくない。

megane002.jpg

カウンターに座り、たまたま隣合わせた方と話し込む楽しさを覚えたのは、この店のおかげ…といっても過言ではないだろう。以前は、隣の客どころか店員さんに話しかけられるのさえ苦手だったんだけどなあ…

P1100340.jpg

色んな方とお話しさせていただき仲良くなったのが、特に印象に残ってる常連のお客さんがいた。タナカさんという80歳過ぎのばあちゃん…毎日、自転車をこいで1人店に来ていた。ボクが妻と2人で店に顔をだすと「あんたたちは、いつも一緒で仲良くていいね」と微笑み、色んな話しをしてくれた。お酒はあまり得意でないタナカさんに、よくビールをご馳走になった。そして、帰り際いつも妻に「あんた、いいダンナを見つけたね。飽きたらアタシにちょうだいね」と囁いてから帰った。

P1100348.jpg

5年続いた店の最後の日とあって、お客さんが入れ替わり立ち替わり訪れていたのだが、22時を回ったあたりで一段落…マスターがエプロンをはずしカウンターに腰を降ろした。そして、皆で先月突然亡くなってしまったタナカさんの想い出話をした。「きっと、タナカさんあそこらへんで聞いてるな」と、マスターが天井を指差して笑った。

P1100529.jpg

「最後だから、店の中あちこち写真撮っておくよ」そう言ってカメラを取り出し撮影していたら、マスターが「それ、ブログとかに載せるの?」と…「いや、載せないよ。載せていいなら載せるけど」「ぜひ、載せてくれよ」「え?あ、そう…」

看板の灯を落とし、マスターがつぶやく「はあ…終わったな」「ですね」「終わった、終わった」「ていうか…」ボクは壁の貼り紙を指差し続ける「“移転”なんだから“閉店”てちがくないですか?」「う…いや、この場所ではお終いなんだから閉店でいいんだよ!」「でも、何となく“閉店”ていうとシンミリしちゃうじゃないですか~」「ここの場所は閉めるんだから、いいの閉店でいいの!」「え~、誤解を招く表現だなあ…」「いいの、いいの!」

P1100343.jpg

結局、2時までみっちり飲み「代行呼んだから一緒に帰ろう」と言われ店を出た。4月からは花小路!新築の大きな店舗で営業!カウンター10席!広いテーブルが4卓!トイレも2つ!どうなることか、楽しみやら不安やら…新店舗に行ったら、しっかりレポートさせていただきますんで、是非気になった方は足を運んでいただきたい。

P1100541.jpg

 
  1. 2008/03/18(火) 12:12:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

“メンション”

弱り目に崇り目とうやつなのか…先週メシを食っていたら、虫歯治療したとこに詰めてた詰め物がポロリと取れてしまったので、かかりつけの歯科医に持って行った所「中が虫歯になってるね」という事で治療…詰め物も作り直し「細かい虫歯が何ヶ所かあるから、しばらく通ってください」とのこと。今年はアレだな、医療費控除10万円行くな…病院でもらった領収書捨てないようにしないと。

現実逃避に、また不動産サイトで間取り図ばかり見ている…最近は、賃貸より売買物件の方がおもしろい。こないだ見つけたのは、蔵王温泉にあるリゾートマンション、ワンルームで80万円!もちろん中古だし、家族がいるのでワンルームなんて現実的ではないけど80万円ポッキリでマンション買えるのよ?(毎月の管理費はあるけどさ)しかも、館内に大浴場があるのよ?もちろん温泉よ?そして、ここから会社に通うってボク多分無理じゃないんだよな…まあ、冬は雪道を山登るの怖いだろうけどさ…でも、きっと通える。なんだか、妄想広がっちゃう…

onsen.jpg

 http://www.central-estate.jp/baibai/b_shosai/ces003.html

 
  1. 2008/03/17(月) 22:22:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SWEET&SOURLIFE

P1090781.jpg

先月、半田くんのライブを見に行った時、そのイベントのトリに出演したのが『SWEET&SOURLIFE』という山形出身のバンドであった。現在は吉祥寺を拠点に、メンバーそれぞれ仕事をしながらバンド活動に励んでいるそうで、インディーズから発売したアルバムをひっさげての凱旋ライブだったわけだが、そのアマチュア離れした演奏力、パフォーマンスに度胆を抜かれた。あまりにプロっぽい音なのだ。発売したCDもインディーとかメジャーとかはっきり書かれてなかったので、相当期待して聞いたのだが、どインディーの音で、これまた逆方向に度胆を抜かれた。

P1090778.jpg

まあ、CDはともかくとして、ライブはホント凄い完成度…興奮しながらも冷静に自分達の音楽を伝えようとする姿勢が最後まで崩れず、途切れず、ギターがベースがドラムが喜んでいるかのように音楽を奏でている。オーラ…なんて大袈裟なものではないが、ボーカルの御田くんのことをパチリパチリと数枚撮ったら、こんな音楽雑誌のグラビアのような写真が撮れてしまった。ボクの腕がどうこうじゃない。明らかに被写体にカメラが操られているのだ。

ssm.jpg

『SWEET&SOURLIFE』の音楽性は、メロディアスでハードなロック…所謂メロコアと呼ばれる音楽に附随されるのかな?ボクのつたない知識からいうとハイスタやハワイアン6に近しい系統であると言えるだろう。音の完成度はかなり高いのだが、問題は歌詞…山形弁の折り交ぜられたストレートな歌詞は、40近いひねくれオヤジの耳にはちょっと拙く聞こえると共に、気恥ずかしさを感じる部分も少なくなかった。だが、曲を書いてる御田くんもそこらへんは分かった上で腹を決めて綴っているのだろう…その意志は曲のそこかしこからも感じる。ボクが一番好きな歌詞は『室町幕府』の後半、山形弁のパートだ。

 あの時はあだなごと言ってごめんね
 自分のごどばりだっけずね
 そればわがってそばさいてけだね
 何もしゃねっけのはオレだずね

 いいこと言おうとすねくてもいい
 ありのままで唄ばうたえばいい
 だからいつまでも忘んにぇように
 この唄を紙から音にする

標準語で始まるこの唄が、曲の盛り上がりと共に山形弁にスイッチしてほとばしる気持ちに深い情感を与えている。独り語りしてるうちに熱が入って早口になるかのごとく、訛りが昂りを表現しているのだ。これはいいよお…クるよ。

P1090705.jpg

彼らは今、仕事の休みを利用して(御田くんは幼稚園の先生でもある)全国ツアーを回っている。27歳というもう若くはない彼らなりの、《若さ》という免罪符を掲げた最後の冒険なのかもしれない。オフィシャルサイトにあるブログを読む限りでは、全国でも受け入れられ絶賛されているようだが、そのツアーもやっと折り返し地点、今週土曜には新宿で、週明けから福島、仙台と上って来週土曜は山形でライブ。もし、この記事を読んでちょっとでも気になった方はぜひ下記URLの視聴サイトで彼らの曲を聴いてみて欲しい。とりあえず、ライブはこの音源の1000倍はかっこいいから、これで「悪くないんじゃない?」と思った人はライブに行った方がいい。おそらく後悔はしないだろう!もし後悔したら尻の穴でうどん食ってやるよ!

…ミツオくんが

jeket.jpg

 SWEET&SOURLIFE 視聴サイト
 http://www.audioleaf.com/suisawa/

 SWEET&SOURLIFE オフィシャルサイト
 http://suisawa.com/main.html

 
  1. 2008/03/14(金) 17:17:17|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

人生初3

sancyo.jpg

会社を半休して、行ってきました総合病院。ちょっと前の晩の酒が残ってたので「あなた酒くさいなあ」などと言われたらどうしようか…と思いつつも、今日はまあ問診だけだべと軽い気持ちで訪れたのですが、後々自分が甘かったと思い知ることになりました。

総合案内からボランティアのおばちゃんに連れられ病院の奥へ、待ち合い室でお年寄りの多さに驚いていると診察室へと呼ばれる…はじめてお会いする先生は、やはり1分半の無呼吸はやばいよという会話から「検査入院をしましょう」とサックリ、一応「ど、どうしても入院して調べなきゃ…した方がいいですか?」と食い下がってみたものの「正確なデータを取って効果的な治療法を決めないと…ね、そうしましょう」と、やや強めに言われる…ちなみに、この先生は週に一度だけここ『いびき外来』で診察している呼吸器関係の権威(診察室の前にズラリと肩書きが書いてあった)…もはや、うなずくしかなく日程も2週間後と決定。

「それじゃ、今日は入院前の検査をザッとやっていただきます」という事で、血液検査、心電図、喉と肺のレントゲン、肺活量測定 etc... 途中、看護師さんに「無呼吸症候群の検査入院て費用どれくらいかかるんでしょうか?」と質問したら「たしか、4万円くらいかと…」と聞いてビックリ!思わず酔いが戻ってカッと頭が熱くなったけど…あれ、大丈夫だったかな…検査に変な数値が出てないだろうか?その後も入院の説明、無呼吸症候群に関するビデオを見たり…と、全然「問診だけだべ」どころの騒ぎじゃなかった。

入院1泊4万円(高級旅館なみだな…)にはガクッと落ち込んだが、検査が全て終わる頃には気持ちが入れ替わり「39年間、大きな病気どころか入院なんて縁のないまま今まで来たんだ、いつかは体験するであろう入院の予行練習だと思えば悪くないか」という気になっていた。まあ、ここで色々調べてもらうのも人間ドックみたいなもんだと思えなくもないし…それに、一度「病院のメシがまずくてさあ~」ていうの言ってみたかったんだよな。夕食と朝食…2度も食事タイムがあるけど、いったい何が出てくるだろうか?まさか病人メニューじゃないだろうけど、塩サバに具の少ないけんちん汁と春雨サラダに…あの春雨がプリプリしてなくてマズイやつね…あとは、バランス的には煮物かな?肉の少ない肉ジャガか、シューマイの可能性も高いな…ていうか、まさか酒を持ち込んじゃダメだろうな?酒を飲んだ方が無呼吸の症状が出やすいんだけど…まあ、個室だからコッソリ飲めばバレないかもしんないけど、診察の時も酒くさい、検査入院したら部屋ごと酒くさい…じゃ、もっと別の病院に入れられちゃう可能性が出てきちゃうからな。

看護師さんに陰毛処理していただくとか、排泄のお世話をしてもらうというよく聞く入院上の心配イベントもないし(多分…)、そもそも痛みを伴うような治療があるわけでもないから気楽なものである…あ、頭に電極みたいのいっぱいつけられるみたいだから、カメラを忘れず持ってかないとな…そうだ、ベッドで横になってるとこ携帯で撮って、この日記見てなさそうな千葉の友達にメールしてみよう「こうしてベッドから離れらずに早数カ月、最近お前と遊んでた10代の頃をよく思い出すよ…今まで、ありがとな」とか…そんで、相手が慌てて返信してきても無視!力いっぱい無視!

そんな呑気なこと考えながら薄笑いで帰宅、妻に入院1泊4万円の話をしたらすっごい落ち込んでいた…「あたしが来月バイト辞めるってタイミングで、そんな出費…ああ、どうしよう」て、すっごい深いため息連発していた。「昼飯食ってから会社行くから、平日しか食べれないランチかなんか食べ行く?」て聞いたら、ボクの腹肉をワシッと掴み「外食なんてしばらく無しだよ!」とブチ切れられた。作り置きのカレー食べてけって言うから「じゃ、カップ麺とカレーライスで済ますか…」と呟いたら「デブこじらせてついに入院するってのに、2個食いってどんな神経してるのよ!」て

あのさあ…噂によると、無呼吸症候群の人って呼吸だけでは足らない酸素を、食事から取ろうとして食欲旺盛になるらしいよ…きっと、それだなボク。

診察料:4,850円(総合病院)
     750円(かかりつけの病院からの紹介状代)

 
  1. 2008/03/13(木) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

おやつ屋さん

住所:山形県山形市城南町2-6-16【地図】
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜日
画像:どんどん焼き(ソース・しょうゆ)各150円

P1100164.jpg

JR山形駅から唯一徒歩圏内にある、霞城公園近くのどんどん焼き屋さん。週末しか訪れたことはないのですが、いつきても店内で待つお客さんがいて、時には「ちょっと(予約本数が多過ぎて)何分かかるかわかんねから…」とやんわり断られることも…

P1100171.jpg

しかし、食べてみると人気があるのも納得…山芋の入った生地はフワフワで、ダシの味がしっかりついており、小麦粉くささがほとんど感じません。「昔ながらのどんどん焼きが…」という方は、逆にこのアカ抜けた味が少々物足りなく感じるかも。カウンターには、マヨネーズ、唐辛子、カレー粉などもあり至れり尽せり!持ち帰りでも、写真のように「マヨネーズかけてっていい?」と聞くと「どーぞ、どーぞ」と笑顔ですすめてくれます。

P1100173.jpg

しょうゆ味も、ダシしょうゆの柔らかい風味が効いていて美味!ただ、あえて重箱の隅をつつかせていただくと、まだおばちゃんのテクニックが『やたいや』『いわい』の(ボクの中での)どんどん焼き屋TOP2には及ばず…スピード、リズム、時にはどんどん焼きを持ち上げると生地がハラリとめくれてしまうことなどもあって「まだまだだな…」と偉そうに思ってしまうことがあります。や、でも今でも全然おいしいんですけどね!いつか、観光客の方が「帰りは、ちょっと余裕もって駅に行って『おやつ屋さん』のどんどん焼き買って、新幹線の中でビール飲みながら食べて帰る…」てのが定番になる日が来るかもしれません。

再来店の可能性:○

 
  1. 2008/03/12(水) 12:12:12|
  2. 小麦粉モノ消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・人生初

P1100225.jpg

無呼吸症候群診断の検査結果が出たというので、行ってきました診察に…結果は微妙、もちろん息は止まっていて無呼吸は無呼吸、最長で1分半も息が止まっていました。で、症状の度合いとしては「中程度の」という事だそうなのだが、無呼吸状態が頻発するのが起床前1~2時間に集中している。これでボクが「器具つけて寝るの平気でした」という事であれば、あっさりと一晩中口元に装着する治療器具の貸出し…という事になったのだろうが、「かなり寝付けませんでした」なので、どう治療すべきか先生も悩んでしまったんだろうな…「紹介状を書くので、もうちょっと大きな病院で精密検査して判断を仰いだ方がいい」という事になってしまった。しかも「検査入院して、一晩細かくデータを取ってもらって…」とのこと。

ちょっと「え…」と引いてしまった。てっきり、この病院で治療方針を決めてもらえると思っていたのに…この病院なら自宅から近く、会社の行き帰りに通う事もできるから気軽に治療できると思って…これが、大きな病院となると診察でも会社を半日休まねばならないだろうし、検査入院なんて下手したら会社を丸2日休むことに…正直、いきなりハードルが高くなってしまったように思って動揺…町医者とはいえ、循環器科があり院内に「イビキでお困りの方、どうぞお気軽にご相談を」とか「無呼吸症候群の検査、簡単に行えます」みたいなポスターが貼ってあるから、てっきりここで気軽に治療を…

もちろん、これが命に関わるような病であるなら話しは別だが…や、このまま放置してれば命に関わるのかもしれないが、どうしても心のどこかで「痩せりゃいいんだろ?」という思いがあって、今この忙しい時期に会社休んでまで…という気持ちになれない自分がいる。まあ、とりあえず先生が紹介してくれるという大きな病院に診察だけは行ってみようと思う。このまま放置してて、自然に痩せるようなこともないだろうし…とりあえず行って、会社休みたくないし、そもそも貧乏なので検査入院とか怖いし…とか包み隠さず話して「そんなんじゃ、アンタ死ぬよ!」くらいのこと言われて、ハッとして、心入れ替えて、治療に専念しよう。うん、そうしよう

診察料:370円

 
  1. 2008/03/11(火) 08:08:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

かめや

住所:山形県上山市金瓶字湯坂山11-8
営業時間:11:00~18:30(夏期19:00)
定休日:水曜日
画像:デラックスどんどん焼き(目玉焼き入)220円

P1100125.jpg

上山の斎藤茂吉記念館の駐車場脇にあるお店。どんどん焼き以外にも焼そばや焼き鳥、フライドポテトなどの軽食を扱っている。カウンターにある呼び鈴を鳴らすと、隣の家からおばちゃんが出てきて作ってくれる。

P1100127.jpg

ちなみに、基本の『どんどん焼き(ソース、しょうゆ』は各160円、納豆が巻き込んである『納豆醤油どんどん焼き』は180円…味は微妙「おっ、意外にマッチしてるじゃん!」という感動はなかった。

P1100123.jpg

デラックスどんどんは箸に巻いておらず、ソースやマヨネーズがたっぷりかかっている。生地はもっちり系で、やたいやなどのふっくら系に比べると、いかにも「小麦粉を水でこねて焼きました」という感じがする。どんどん焼きにノスタルジーを求める人は、こういう方が「昔ながらの…」を感じられるのかもしれないが、個人的にはふっくら系の方が好きです。

P1100142.jpg

目玉焼きを割ると、半熟の黄身がドロリ…ソースとマヨに黄身までが混然一体となり「自分いま、すげえもん食ってるな~」という気にさせられる。これで220円は安い!

3/16までは、4本以上購入すると合計金額から100円引きというキャンペーンをやっている。そういえば、以前あった『七福焼』はお祭り等イベント出店時だけのメニューになったそうです。

P1100150.jpg

再来店の可能性:△

 
  1. 2008/03/07(金) 12:12:12|
  2. 小麦粉モノ消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rare case

P1100139.jpg

市役所の職員は市民のために働いてるわけではなく、自分の生活のために働いている。タクシー運転手も乗客のためでなく、自分のため。警察官も街の平和のためにではなく、自分のため。政治家も自分のため。「お客様第一主義」を掲げた企業の社員も、自分と自分の家族の生活を潤すために働いている。

チャリティーイベントの主催者が出版社であれば、そのチャリティーは本来の目的以前に出版物の売上増のためであり、チャリティーに参加してる芸能人も自分達のイメージアップであったり、知名度、露出が目的である。

世の中のほとんどの会社・団体・個人は皆自分のために働いているのであり、「お客様のため」「地域社会のため」「市民のため」という言葉は、あくまでタテマエにすぎない。

が、たまに本気で「お客様のため」「地域社会のため」「市民のため」に働く会社が、団体が、個人が存在する。市民のために全力で走り回る市役所職員がいる。乗客のために己の不利益も厭わないタクシー運転手がいる。街の平和のために自分の命を懸ける警察官が、地域社会のために寝る間を惜しんで働く政治家が、本当に「お客様第一主義」を実践しようと努力を続ける企業がある。

しかし、あくまで本気の人に出会えるのは『たまに』であり『まれに』に過ぎない。『たまに』や『まれに』を「当たり前だ」と認識し、私利私欲のために働く人達に眉をしかめ生きるか、逆に考えて『たまに』や『まれに』に喜びを見い出し「ありがとう」と微笑んで生きるか…2つに1つ、スイッチのONOFFのように固定させることは出来ないだろうけど、なるべくバランス崩さぬよう歩きたいな…と、ボクは思ってます。

 
  1. 2008/03/06(木) 21:21:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

EXTRA

P1100095.jpg

品名:カナダドライ ジンジャエール エクストラ
容量:500ml
価格:150円(コンビニで購入)
炭酸の強弱:■■□□□
甘味の強弱:■■□□□
味のインパクト:コンビニで見慣れないカナダドライを発見したので購入。飲んでビックリ…いや、まあそうじゃないかとは思ったんだけど、まさにその通り!ウイルキンソン系のショウガ味の濃いジンジャエールだった!これはまあ、当然のようにおいしいですよ…後味のピリピリ感はウイルキンソンには及ばないとしても、これだけショウガが強いのが普通にコンビニで買えるのは嬉しい。ボクが購入したコンビニではノーマルのは無く、これだけが並んでいたのですが、この際こっちが定番になってくれることを希望します。
ゲップ:グフッ

 
  1. 2008/03/05(水) 17:17:17|
  2. ジンジャーエール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Best is cheapest

典型的な『安物買いの銭失い』な性格ゆえ、普通の物を普通に買うという事ができず、なんだかんだ自分で理由をつけては、本当に必要な物より安くて不要な物ばかりに金を使ってしまう傾向がある。洋服なども、カッコいいなあ…と思う物があっても1万円以上だと「高い高い」と尻ごみするくせに、千円、五百円のワゴン商品だとホイホイ買えてしまうから不思議だ。それで、決まって着やしないのだからバカバカしい。パソコンなどはもうMacと決めているので、壊れたらその時出回ってるモデルを買うしかないのだが、これがもしパソコンの入口がWindowsだったら…と想像してみるとゾッとする。きっと、安いばかりで性能の低い物や、古いモデルに引っ掛かっては泣くような事になっていただろう。

こないだまで使っていたDVDプレーヤーも、こんなボクの性格を現わした「安物を選んだばかりに…」といえる物だった。タイで買ってきたDVDソフトが結構あったので、リージョンフリーのものを…と探していて、山形人なら皆ご存知であろうローカルディスカウントストアの『コマレオ』で見つけた中国産の聞いた事も無いメーカーのプレーヤー、安いのをいいことに喜び勇んで買って帰ったものの、驚いたことにリモコンに電源スイッチがない!普通の国産家電品だったら本体に主電源、リモコンにもONOFFスイッチがついてるでしょ?それがない!主電源オンリー!伝わるかどうか不安だが、これが地味に不便だった。

その不便だったDVDプレーヤーを義親に押し付けプレゼントし、新たに購入することになった。今回は前回の反省を生かし国産品を…と普通の人なら考える所だろうが、40年近く培われた性格なので選ぶのは再び中国産の怪し気なメーカーの物。この機種の売りはUSB接続ができるのと、SDカードが挿入できるという事!妻に「便利だから!安いから!」と説明してOKをもらったが、たぶんUSBだのSDカードを利用することは無いんだろうな…さすがに前回の教訓を生かし、リモコンにも電源があることを写真で確認し購入!

P1100101.jpg


P1100103.jpg

ネットで注文した原物が届いてビックリ…つっこむ側の想像の遥か上空を行くボケっぷりとでも言おうか…リモコンに電源、プレーヤー本体正面に電源、そして…本体側面に主電源!アホか!本体側面て、そんな手の届きにくい場所にスイッチつけてどうすんの?しかも、国産AV機器では絶対使われてないであろう、カチッカチッてスイッチ!何なのお前は?お前はアイロンか!今どきのAV機器言うたらポチンいうやつでしょ!しかもこれ、主電源を落とさないとディスプレイの明かりが消えないのよ「主電源ついてますよ…」ていう小さな赤い光がついてるとかじゃなく、ディスプレイがギラギラしてんの…

P1100107.jpg

ダメじゃん、これじゃ全然ダメじゃん…前と一緒じゃん。DVD見終わって「あ~面白かった」とか言ってリモコンで電源切っても、ディスプレイがギラギラしてたら何か落ち着かないじゃん…くつろげないじゃん…電気代無駄使いしてるチャリーンチャリーンていう小銭の音が聞こえてくるじゃん…

しかもこれ、写真見た時は「薄いなあ~小さくはないけど、やたらに薄いなあ~」と思ったんだけど、そんなに薄くなかった…ていうか、すっごく幅広かった。ビデオデッキより幅広だった…

P1100110.jpg

次回こそ「主電源ついてますよ…」ていう主張は、小さな赤い光だけで知らせてくれる奥ゆかしいもつつましいプレーヤーを手に入れたいと思う。できれば格安で、できればちょっと変な機能がついてるやつを…(懲りない

  1. 2008/03/03(月) 21:21:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

人生初

byounen.jpg

鼻に管!つっても、管が奥まで入ってるわけじゃないけどさ…ほんの1cm?2cm?入ってるだけで凄い違和感!よくこんなんで寝れるな…て感じ。馴れかね、やっぱり

というわけで、以前からうるさかったイビキと、無呼吸症候群の症状が最近ひどくなり、妻が「昨夜も寝れなかったよ…」とボヤく朝が多くなってしまったので、ついに意を決して病院に行ってきました。まずは、この検査機を2晩装着して就寝時の呼吸状態のデータを取った後、その結果を見て治療方法を考える…という流れになるらしいです。しかし、ホントこんな管つけて寝返り打ちずらい状態で寝たことなんてないから、寝つけないこと寝つけないこと…ちなみに、人さし指についてるのは光で脈を計測するポインタみたいなやつ。部屋の電灯を消すと、まるでETのように指先がポヤ~ッと光るのな

結構、ボクの周囲でも異常なイビキをしてるしてる人や、無呼吸症候群の症状が出てる人いるから…おんちゃんとかトランクさんとか…とりあえず、ボクが先陣切って治療に着手しますんで、その様子見て効果あるようだったら、ユー達も病院行ったほうがいいぜ!ていうか、真面目にダイエットして痩せればすべて解決するんだろうけどな!

とりあえず、初回は診察料と検査機レンタル代で3,800円くらいだった。来週検査結果が出るので、引き続き報告します。

 
  1. 2008/03/01(土) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7