禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

晩酌履歴

P1040290.jpg
マグロ中トロとカツオのタタキ!醤油ビタビタのミョウガをカツオで包んで食すのがマイブーム

週末飲み歩かないと日曜夜に飲み過ぎてしまう…というボクのジンクスは今回も当たり、昼間ひさしぶりにカミサンとドライブなんぞしていたにも係わらず、前日飲み損ねたビールやツマミが冷蔵庫で待っているのに加えドライブ途中で仕入れたマグロだの牡蠣があると思うと、帰宅する頃にはすっかり飲む気マンマンになっていた。

P1040292.jpg
牡蠣のバター焼き!二口橋でいつも食べるメニューをカミサンに再現してもらった

ビール…というか発泡酒に関しては特にこだわりがないので、いつも目についたものをバラバラと買ってきてるのだが、今回はやけに色々種類があったので試しに飲み比べしてみた。

P1040203.jpg

SUNTORY【サマーシュート】炭酸が弱い上に驚くほど薄い!うん、マズい!
Asahi【ぐびなま。】コクがなくて、キレがない!YES.マズい!

P1040217.jpg

SAPPORO【Draft one】彩が「世の中のビールの中で1番好きだ」というDraft one!確かに上の2つとは違った薄い中にも独特の風味がある…コレが気に入る人は、好きにるのかもしれない。でもボク的には、やっぱり薄さが気になって納得できないのでイマイチだ!すまん!
KIRIN【極生】普通のビールに比べたら薄味だけど、悪くない…泡といい味の狙い所といい全然許せる範囲!やっぱりボクはKIRINが好きだからKIRINに反応して、彩はSAPPORO好きだから発泡酒もSAPPOROを選んでしまうのだろうか?きっとそうだよな…やっぱあるんだ

P1040297.jpg

KIRIN【円熟】名前や色からしてもう少し濃いものを想像していたけど、そうでもなかったので「あれ?」って感じ…やはり発泡酒は『軽さ』から逃れられないように出来ているものなのだろうか?
KIRIN【生黒】黒なら発泡酒であっても『濃さ』を持っているだろうと思って期待してたけど、やはり発泡酒は発泡酒…黒くてロースト臭があっても軽い。でもこれならハーフ&ハーフをわざわざ作らなくてもそれに近い味わいを楽しむことができるような気がする。あと、ラズベリーリキュールとか入れたら芳醇なカクテルになりそう…誰か試してみてください!

P1040202.jpg
秋鮭のカマ焼き!脂たっぷりのプリップリがビールに合う

せっかくの機会なので、今週はさらに別の種類の発泡酒を買ってきて試し飲みしてみようと思う…あんまし期待はしない方が良さそうだけど
スポンサーサイト
  1. 2006/10/31(火) 14:14:14|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

大俵履歴

P1040239.jpg

先週末はカミサンが「妾は今日は飲みに行きとうない。ハンバーグが食べたいぞ」というので居酒屋巡りは中止になり、ファミレスに行くことになった。ボクも下の日記の日に飲み過ぎてたので、飲みに行く気はあったのだが「嫌だと申されるならば、いたしかたあるまい」って感じだった。んで、久々に山大病院近くのMilky Wayへ…中身が生肉状態で出てくる大俵ハンバーグにハグハグとかぶりつき、サラダバーではヤングコーンばかりを狙い食い!カミサン共々満腹満足で店を後にした。スーパーに寄ってビールや刺身を買い、晩酌する気マンマンで帰ったのだが「腹くっつい~ひと休み~」と横になったらそのまま爆睡!休みの前の日だってのに、夜11時前に寝てしまったとさ、おしまい

P1040237.jpg

  1. 2006/10/31(火) 12:12:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩酌履歴

P1040175.jpg

今までは帰宅後すぐに夕飯を食べ、10時頃カミサンが「小腹が空いたのう…」と何かちょっとしたものを作り出したタイミングで「じゃあ、せっかくだからビールでも飲むか」と晩酌を開始していた。でも、これって結局夕食2回食べてるんじゃん!ということに最近やっと気づきましてですねえ「これからは帰宅後すぐに晩酌開始すべし!」と食生活改革(大げさ)を決断したわけなのです。これなら主食も必要ないので、来年の今頃は10kgぐらい減量してるハズ!と、ちょっとしたダイエットでもしてるような気分になっておるのですが、酒量は当然のように増えてるのよね…

P1040168.jpg

というわけで、昨夜もカミサンと晩酌。肉野菜炒めはナス多めでボリュームたっぷし!牡蠣フライはスーパーの惣菜だからたいしてウマくはないけど、オーブンで小マメにひっくり返しながら温めてコロモをザクザクにさせ、ソースをたっぷしかけるとビールとの相性が最高!ザクザクトロリとした食感、油、ソースのスパイシーな辛味で渾沌となった口の中を、苦味の効いたビールが細かい泡と共に洗い流してゆく…この爽快感がタマラン!カミサン手製のアンキモも「これを居酒屋で頼んだら500、600円?う~ん、もっとするかもな」などとセコい事を考えながら食べると、よりおいしく感じるから不思議だ。

P1040177.jpg

んで、ビールを3本ほど飲んだ後は、会社帰りに酒屋で買ってきた1.5リットルの安物赤ワインを飲みだしたらこれが、悪く言えば「味もそっけもない」良く言えば「クセがなくて飲みやすい」てなシロモノで、クイクイ入っちまう。そのうち、本田夫妻とビデオチャット繋げて「カンパ~イ」なんて言ってバカ話をしつつ飲んでたら、カミサンが「ちょっとオトウヤン?飲み過ぎ!飲み過ぎ!」って気づいた時には、すでにワインはボトルの底2cmしかなくボクはベロベロになってるという…

P1040171.jpg

当然、本日は二日酔い…酒豪伝説のおかげで大事には至らなかったのが、せめてものアレってやつです。
  1. 2006/10/27(金) 16:16:16|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BURNING DOLLS

061025_0814~01.jpg

甘味好きな同僚が今日くれたのは、男性器モチーフの人形焼…友達からどこぞのオミヤゲとしてもらったらしいが、まさか家に持ち帰って家族団欒の場に持ち出すわけにもいかないので、会社ですべて消費してしまいたいとのこと。1ついただいた後「もう1コ食べれませんか?」と聞かれたが、お断りした。やっぱ、アンコはあまり好きにはなれない…ていうかコレ、驚いたことに本当に性器の味がするのね!

や、ウソですが

どこで作ってるんだろう?と思って「男性器 人形焼」で検索してみたけど、それらしき情報は見つからず…「チンコ」「おちんちん」などキーワードを増やしながら探し続けたが、関連ありそうな情報はどれも淫猥な内容の日記ばかりで気分が悪くなり断念。人形焼と性器のことを同じ日記の中で書くなよな!と腹をたてながらも、これからは自分もその仲間になるのだな…などと呆然としてみたり
  1. 2006/10/27(金) 14:14:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

DADA

いわゆる“音ゲー”が好きなカミサンにゲームボーイソフトの『リズム天国』を買ってあげたのが日曜日、で、昨日もうクリアしてしまったと言う。別にこのソフトの難易度が低いわけではなく、うちのカミサンは一旦ハマると寝ずにやり続けてしまうので、気に入ったソフトを手に入れるといつもこんな調子なのである。
買った日も6時間程ぶっ続けでプレイした後「あ、もう今日はこのへんにしとかないと明日の楽しみがなくなってしまう…」と自分で自分に言い聞かせながら無理矢理途中で電源を切っていた。内容自体はカミサン好みのちょっとシュールな感じの作りで大満足だったらしいが、とにかくやり尽くしてしまったので、今は苦手なステージを繰り返してスキルアップに励んでいるらしい…



ボクは、ゲームソフトより“ゲーム機”というオモチャが好きなので、“ゲーム機”は色々持っていてもなかなか集中してプレイし続けることができなかったりする。一番最近買ったDSソフト『逆転裁判』は、ハルヒのパロディ部分と照らし合わせができただけで満足してしまい途中放棄、『えいご漬け』も3回程レッスンしたきりでもう2ヶ月ばかり触れていない。

 

ちなみに今は、ネオジオポケットで『SONICポケットアドベンチャー』をやっている。かれこれ8年くらいプレイし続けているが未だに2面あたりをウロウロしてるという…たぶん、一生かかってもエンディング画面を見ることはできないだろうと思う。

P1040159.jpg

以上のようなボクの習性が原因だと思うが、カミサンに「ゲームソフト買いたいんだけど」と了解を求めても「おとうやんはまだクリアしてないゲームがいっぱいあるでしょ」と言って、なかなか買ってもらえない。なので、いい歳して毎回お店の床にひっくり返り、泣き叫びながら手足をバタつかせないとならないってわけです。いや~まいった、まいった
  1. 2006/10/26(木) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人はパンだけ

この37年間パンに対して大きな執着をもたずに生きてきたボクだが、最近Blackセバさんで紹介されていた山形ローカルパンメーカーの『うず潮』というパンがどうしても気になってしまい、市内のスーパー・コンビニを散策するうち(結局いまだ見つけられずにいる)に、何だか他の山形ローカルパンまで気になり始めてしまった…というわけで、昨日は【たいようパン】という高畠町の会社のちょっと個性的なパンを2種類食べてみた。

P1040186.jpg

生クリームサンドは、見たまんま…耳を取った食パンの中に生クリームだけが入っている。うちのカミサンの子供の頃からの好物なのだが「生クリームがパンの中心にしか入ってないから、一度パンを開いてまんべんなんくクリームを広げてから食べるのがコツ!」だそうな。

P1040184.jpg

カレーパンは「福神漬け入り」ってとこが大きなポイントでしょう!カレーパンにハムやチーズを絡めた商品は見た事あるし、それらは絡んだことによってただのカレーパン以上にインパクトある商品に進化したと感じられるが、福神漬はどうだろう?大手パンメーカーの新商品企画会議で発案したら「それは、どういった購買層に対してアピールになると考えているの?既存のカレーパン以上の売上げを出せるという見込みは少しでもあるの?」みたいに問い詰められちゃうのが関の山かもしれない。「え?」という反応はあっても「おおっ!」という人は少ないだろう…

P1040192.jpg

で、割ってみました。てっきり普通のカレーライスのように、福神漬はパンのはじっこにかたまっているかと思ったのですが、揚げてるうちに移動してしまうのかパンのアチコチにちょっとずつ散らばってる。でもそれが良い具合に全体的にポリポリ感を分散させる結果になってるので…やっぱり、ワザと散らしてあるのかなあ?最後の一口は全部福神漬!とかだったらさすがに嫌だもんな…福神漬以外のパンやカレーの部分については、いたって普通。大手メーカーのカレーパンとも、2つ並べて食べ比べたりしなければ大きな差は発見できない気がします。

この【たいようパン】、ボクは社名をはっきり認識したのは昨日が始めてだったので単なるマイナーメーカーだと思っていたのですが、カミサン曰く「昔はヤマザキのパンなんてあんまし売ってなかったんだよ。そこいらの商店では【たいようパン】と【りょうこく】のパンばっかしだった(りょうこくも山形のパンメーカー」とのこと…今では、スーパーやコンビニのパン棚の6~8割がヤマザキ商品になってしまっているけど、その影に隠れてこういったローカルメーカーの個性的なパンが鈍い光をはなっているのかと思うと、食いしん坊心を刺激されるとうか何というか…強い魅力を感じずにはいられないデブよ。

たいようパン株式会社
住所:山形県東置賜郡高畠町大字深沼2859-6
生クリームサンド(100円)
カレーパン(100円)この2つが同じ値段てのはどうかと思う
  1. 2006/10/26(木) 10:10:10|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

饅頭我恐

061023_1121~01.jpg

夫婦共に甘いお菓子はあまり得意ではなかったりします。そんな中でも、各々微妙に許せるものと許せないものがあったりもするのですが、ボクは特に粒アンが苦手…緑茶に合うのはなんとなくわかるし、小豆自体に怨みはないのですが、「これだけ食いしん坊で、さらに甘味もいけるようになったら…」と考えるとゾッとするので、苦手ってことで避けてる部分もあったりします。

先日の仕事中、甘味大好きな同僚が「並ばないと買えなくて、午前中には売り切れちゃう“あげまんじゅう”が手に入ったんですけど、1コ食べてみませんか?コシアンだから大丈夫じゃないですか?」というので、ありがたく頂戴し、恐る恐る食べてみるとコレがウマい!尻の方がガリガリに焦げてカリントウのような食感、上にいくにしたがってしっとりしていく歯触りが何とも楽しい。甘さ控えめのアンコもホロホロしていて、油を含んだ外壁の香ばしさとマッチしている。

小ぶりとはいえ、ぺロリとたいらげ「もう1コ食べてみたい」なんて事をまんじゅうに対して思ったのは、おそらく生まれてはじめてのような気がする。このまま和菓子の世界にハマっちゃったりすると、おそらく体重100kg超えは確実だろう…まんじゅう怖い、まんじゅう怖い、記憶から消そうと願いつつも日記ネタにしている自分も怖い

一本杉菓子店
住所:山形県天童市奈良沢115【地図】
営業時間:9:30~
あげまんじゅう1コ80円
  1. 2006/10/25(水) 17:17:17|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一口茶屋 山形駅西口Max Valu店

住所:山形県山形市双葉町一丁目山形駅西土地区画整理事業地【地図】
営業時間:マックスバリュー自体は24時間営業
定休日:年中無休
画像:たこ焼き/6コ(通常399円)

ekihitokuchi1.jpg

駅前マックスバリューの中の一口茶屋
「今週はたこ焼き半額」のポップに釣られてフラフラと吸い寄せられてしまった。

ekihitokuchi02.jpg

ソースをノーマルと辛口とダシ醤油の3種から選べるというので、ものは試しにとダシ醤油をチョイスしたのだが、これが当たった。作り置きされてカリカリ部のない、外側ホワホワ内側トロトロのたこ焼きには、明石焼きのようなこの食べ方が合うのかもしれない。半年前、北ジャスコの一口茶屋で食べた時より好印象だった。

ekihitokuchi03.jpg

ただ、ボリュームがないので、ワガママだとは思うが半額のこの値段で適正価格のような気がしてしまう…

再来店の可能性:△
  1. 2006/10/25(水) 16:16:16|
  2. 小麦粉モノ消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飲酒履歴

先週、カミサンのバイト先に以前ボクらが常連だった居酒屋のマスターが現れ「禿ちゃんと遊びに来てくれよ」「禿ちゃんと飲みたいんだよ」「禿ちゃんと禿ちゃんと…」とボクを連れてくるよう懇願されたそうで、カミサンは「どこをどう好かれたのやら…」と半ばあきれながら笑っていた。ので、週末は「安く飲ますからさ~」と言ってたという言葉を信じて、その店へ…

店に入ると、マスターはやはり喜んでいる…が、こないだの事は酔っぱらってて覚えてないらしく、それを聞いてガクッ。とりあえず、カウンターに座って生ビールで乾杯!以前ここに通ってた時に仲良くしていただいていた年輩夫婦の、奥さんが1人でいたので「おひさしぶりです~」と挨拶しつつ乾杯。顔を合すのも1年ぶりですね…などと会話しつつ、おまかせ料理のマグロブツをつまむ。2杯目からは焼酎のボトルを入れて、水割りでチビチビやりながら鶏カラアゲや牛カルビ焼きをモシャモシャ

しばらくすると、年輩夫婦のダンナさんの方もやってきて話が盛り上がり始めるが、ここらへんで自分の調子がおかしい事に気がつく。トイレに行って鏡を見ると顔がアホみたいに真っ赤、用を足すが心臓がバクバクしている。久々に年上の人達に気を使いながら会話してたせいか…そういえば最近、寝不足気味だったし…これといった理由は思い浮かばないも、このまま飲み続けるのは無理とわかっていたので、カミサンに「ちょっとボク今日ダメだわ、帰る?それともしばらく奥で休んでていい?」と聞くと「まだ帰りたくないよ」との事だったので、マスターに断わり使ってない座敷きで横にならせてもらう。

横になり目を閉じて、以前もここでこうなった事あったなあ…と考える。あれは確か2年前のカミサンの誕生会、みんなに声掛けて予約して幹事やって「さあ~今日は飲むぞ!」と盛り上がったのに30分でダウン。やはり、座敷きのはじっこで横になり、やっと具合が良くなった頃には1人帰り2人帰り…みたいな宴会終盤だったっけ。やっぱ自分は、心のどっか芯のほうが弱い男なのだなあ…と暗い気持ちになったが、カミサンがコンビニまで走り、ウコン錠剤・ウコンの力・梅干しを買って来てくれたのでちょっと気分も上がり、それらを摂取してひと眠りした。

1時間程ウトウトしてたら回復!動悸も治っていた。起き上がると、マスターが座敷きのお客さんと話し込んでいる…以前通ってた時に何度かお会いした事のある国家権力系幹部の方達だ。込み入った話をしているので、余計なこと聞いちゃいけないと思いカウンターに移動しようとしたら、マスターが「禿ちゃんもここに座れ、一緒に飲もう」と言うので挨拶をして同席させていただく。硬い話が中心だったので、口を挟む事もできずにタバコとグラスを往復させる。一度つぶれて復活すると無敵になるのはわかってたので、アルコールはスイスイ入っていくが、気を使う席にいるとまた具合が悪くなりそうなので、話が一段落したとこで席を離れる。カウンターで先程の奥さんと語り続けているカミサンの隣に座ると、妙に目がギラギラさせながら話しかけて来る…いつの間にか酒乱モードに入ってしまっていたらしい。

カミサンの酒乱はカラミ酒だ。以前はボクに酒乱癖がなかったので、カミサンがカラミだすと「酒乱でてるぞ!」などと叱りつけて無理矢理連れ帰ったりしていたが、今は完全にボクが酒乱で迷惑かけることの方が多いので、こういう場面になると「喜んでお相手させていただきます」の精神で、世の中に対する不満に憤り続けるカミサンに「ほんとほんと、君の言う通りだ!世の中間違っとる!」と拳を振り上げ、「さっぱりした物を食べたい」と言うカミサンのために、イカとハマチの刺身を頼んだりしつつ結局この日は深夜2時過ぎまで飲み続けたのであった…

P1040160.jpg
  1. 2006/10/23(月) 23:23:23|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

口中全部肉

渋るカミサンを引き連れて、久々に『かかし』の焼肉食べ放題ランチへ行ってきた!

kuiho101.jpg

焼肉ライス! 焼肉塩ラーメン!

kuiho102.jpg

焼肉カレーライス! 焼肉そば!

kuiho03.jpg

焼肉サラダ! そして、油モノ!

kuijo104.jpg

食った食った!肉以上に炭水化物でお腹いっぱいの感はあるけど大満足!
夜中にこの画像達を見てしまった人のお腹が鳴りますよ~に!合掌
  1. 2006/10/22(日) 23:23:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瓶詰酒



「まうまうが果実酒を送ってくれるってよ!」数日前、カミサンがそんなことを言ってたのは覚えてたが、まさかこんなにたくさんだとは思わなんだ。よくまあ、これだけ漬けて、キレイに漉して、カワイイ瓶に詰めて…その手間を考えると思わず気が遠くなる。さっそく、カミサンと2人で全種類テイスティングさせていただいた。どれも「ほうほう、なるほど」とうなずける独特の風味があって面白い。そういえば、梅酒以外のこういった果実酒をじっくり味わう事なんて今まであったか記憶がないな…それも、これだけ多種となると間違いなく人生初だ。全種類味わった結果、カミサンが一番気に入ったのは「きんかん酒」ボクは「アメリカンチェリー酒」だった。さっそくソーダで割って改めて飲んでみたが、良い感じ良い感じ!さすがにストレートだとアルコールが鼻につくが、こうして割ると甘味と香りだけが残って実に美味!ミルクで割ったり、冬は温かい紅茶に少量入れてみても合うにちがいない!いや、これだけ量があると消費にも気合いが入るってもんだ!たらふく飲まさせていただきます。ありがとうよ、まうまう!

P1040083.jpg
  1. 2006/10/20(金) 14:14:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暖房装備

P1040091.jpg

昨夜はカミサンがバイトに行ってる間に茶の間の模様変えをした。カミサンは色々と変わるのを嫌がる人なので、どんなに部屋が散らかろうと、ホコリがたまろうとも模様替えなんて絶対やりたがらない…多分、ゴミ部屋を作り出す才能があると思う。ボクも掃除や整理整頓は非常に苦手であるが、同時に(まあ、多くの人がそうであろうが)整然とした部屋への憧れも強いので、ギリギリまで散らかったままで過ごし、限界がきたら掃除!ではなく、模様替え!となるわけだが、これがまたボクのおかしいところで、ある程度まで家具を動かしその裏側にあったホコリなどをキレイに吸い取ると、その先はどうでも良くなってしまうのだ。「よし、今回はここまでで終り!さ、ビール!ビール!」みたいな気持ちになってしまうのだ…何だろうね、コレ?

で、そこで燃え尽きてしまい放置しておくと、カミサンがブーブー言いながら散らかった荷物をどこかに押し込んだり、埋め込んだりしてくれるという…良いんだか悪いんだかわからない連携プレイによって、我が家の模様替えは終了するのである。

自分で言うのも何だが、今回の模様替えは微妙であった。家具の配置を動かし、来る冬のためにコタツを装備しただけで部屋がグッとせまくなってしまった。入れると思ったスペースに人が入れず、いままで部屋の中にあったギターやらベースとゼニがベット変わりに使用していた座椅子の置き場所がなくなってしまった。これは、今夜もう一度配置変えを行うしかないな…と今は思っているが、帰宅後にこのモチベーションが残っている可能性は極めて低い。

しかし、電源関係はいままでで1番納得の行く素晴らしい配置にて割振りできたと満足している。あと、ボクはやっぱり個人的にこの新鮮な感じが嬉しい!「あそこのコタツと壁に間に挟まって、Macをいじりつつビールとか飲んじゃうんだろうな…ボク」みたいな想像するとワクワクしてくる。この状態が果たしてあと何週間もつか…と言いたいところだが、今の時点ですでに雑誌や梱包材の山が部屋のアチコチにあるので、3日もして目が馴れれば“いつも通りのいつもの部屋”になってしまうんだろうな…そんな気がしてならない。
  1. 2006/10/19(木) 22:22:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箪笥整理

MacのHDの調子が悪いので「そろそろ何か起きるかもね…フヒヒ」と思いながらデータの整理をしていたら、別に何使う予定もなく集めていたネット上に転がるオモシロ画像が、あっちのフォルダこっちのフォルダからワサワサと出てきた。このままCDに焼いて机の中にしまいこんどくのもアレだし、ザックリ捨てちまうのもナニなので何枚か貼らせていただだだだきます。

oyajino.jpg

まずはオヤジ3種。真ん中、ライブドアの前身オン・ザ・エッヂの元取締役小飼弾氏のポ~ッというかウットリとした頬杖姿がキュート!右は、この発言と表情だけで逮捕していいんじゃない?みたいな迫力を感じて思わず保存!

hanaguri.jpg

猫って必ず突起の匂いを嗅ぐよね…

gundamno.jpg

この3つはガンダムネタ。ザクレロってこんなだよ?

nanntejidaida.jpg

左は、寂しげな仮面ライダー。真ん中は、セブンイレブンで烏龍茶を買ってるローソン店員。右は、セリフと表情が実にマッチしてて気に入った!

kurarisuno.jpg

紀宮様のウエディングドレス姿。ほんとにクラリスのドレスに似ていて素敵!丈の長さまでパーフェクトなあたりにオタク的なこだわりを感じました

koarano.jpg

左は、ライブドア事件直前に流れた「主婦に広がる株ブーム」の画像。真ん中は、最近も又しょっちゅうテレビで流れてるナショナルの不良品ヒーターを引き取ってもらうと、こういう封筒でお金がもらえるという…わざわざ専用封筒を印刷かけてんのね。右は、まず何より筆の太さが皆と違い過ぎ!

コアラ!(どう締めたものか思い浮かばなかったので絶叫
 
  1. 2006/10/18(水) 15:15:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食欲の食欲の食欲の秋

kurumayagyouza.jpg

昨夜は、バイトの予定だったカミサンが突然休める事になったので“月曜日ギョウザ105円サービス”をしている『くるまや』に行って来た。このギョウザが何ともウマいのよ!具が細かくて、野菜が多いからフワッとしてて薬味が効いてるの。ラーメンはまあそんなに…特に中華そばはあまりアレだけど、カレーラーメンはなかなかウマいと思います。

kurumacurre.jpg

ゆにちゃんが台湾旅行のお土産を送ってきてくれた!駄菓子とビールと雑貨色々!駄菓子の中でも台湾のベビースターみたいのが、特においしかった!スタンダードな醤油味以外に海苔味とかワサビ味があって、思わず皿に3種類並べて食べ比べたりしちゃったよ!

littleprince.jpg

台湾ビールは、1度タイ行の飛行機の中で飲んだ事があっておいしかったので、嬉しい再会!バドワイザーのように薄めの色でスッキリとした味わい。

taiwanbeer-6.jpg

ちょうどカミサンの実家からもらってきた松島のカキがあったので、カキ酢にしてつまみながら晩酌!とは言っても、ボクはあまり生のカキは得意じゃないので、おこぼれをもらってちょっと豪華な湯豆腐を作ってもらったりした。いや~すっかり、鍋がおいしい季節でございますな

sugaking.jpg

  1. 2006/10/17(火) 09:09:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

消防法

例によって例のごとく二日酔いの日曜日は、カミサンが醐伯飯店のトーフラーメンを食べたい!食べたい!というので、久々に出前をとった。持って来てくれたのはいつものヨボついたじいちゃんじゃくて、おばちゃん。じ、じいちゃんまさか…トーフラーメンは相変わらずニンニクが効いててウマかった!頭が痛いから動きたくないというカミサンを、どうにかこうにかフトンから叩き出し温泉に行く。サウナでいつもどうり文庫本を開くと、こないだまでは無かった「サウナ内で本を読まないでください」の貼り紙が…ガーン、やる気をなくして露天で呆然とする。ここのサウナで汗をタラタラ流しながら本を読むのが、人生のささやかな喜びだったのに…もう来たくないかも

toufuramen.jpg

帰り道は、カミサンが寿司を食べたい!食べたい!というのだが、いつも行く西バイパスの栄助寿司はちょっと飽きてしまったので、こういう時は志向を変えてファミリー御用達・全皿105円の寿司おんどへ!日曜日の夜という事でギャーギャーうるさいチビっ子達を横目に30分程待って、やっと席へ…相変わらず変なネタが多くて笑える!イカフライ、ししゃもフライ、エビ天、ハンバーグに極めつけはウインナー!シャリの上に小ぶりのウインナーがトンと乗せられてるシュールな寿司!味はもちろん、寿司を握っているバイト君の手元の雑な仕事を見てるだけで食欲がどんどん失せてゆき早々に退散した。また一年後、普通の寿司に飽きた頃に来るぜ!
  1. 2006/10/16(月) 16:16:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飲酒履歴

先週末は、ポチあにきと飲酒した。「どこの店に行こうか?」という話し合いの中で、「芋焼酎飲みたいな~」って事だったので「芋だったらウチに薩摩白波の一升瓶あるから、たまにはウチで飲む?」「いいねいいね、だったらオレはビール買って行くよ~」みたいな流れで、めずらしく宅飲みに決定!会社帰りにスーパーと魚屋をハシゴしてツマミを買い、ポチあにきを拾って帰宅。

takunomi3.jpg

宮城産のシャコ!生で売ってたので塩茹でして食べました。ちょっと身が柔らか過ぎたけど、シャコ独特の香りがしっかり味わえて満足!ウマかった!

takunomi4.jpg

刺身はバチマグロと小鯛の酢〆!酢〆は元気市場の自家製で、シメサバとかより優しい感じの味わいでウマいんだコレが!右はカミサンの最近の得意料理、タイ風春雨サラダ!ナンプラーとレモン汁、それからパクチー変わりにセロリの葉を使ってるとこがポイント!ポチあにきが大喜びで「そうそう、タイってこんな感じのあるよね~」と言いながら食べまくって、レシピまで聞いて帰ってった。

takunomi5.jpg

サンマは食べかけでスイマセン…カミサンが弱火で焼いたので、皮がパリパリでウマかった!ナス漬けは、なんとポチあにきの自家製!塩強めで、いかにも酒のツマミ仕様なとこが実に「らしいな~」って感じでウマかった!

takunomi2.jpg

迎えに来てくれた未來ちゃんは、猫アレルギーなのでマスク着用!メガネが曇ってるよ!

takunomi1.jpg

未來ちゃんと話してるうちにポチあにきは夢の中へ…担いで車まで運んで「おやすみなさい~」で、ボクも部屋に戻った瞬間に記憶が途切れ(後からカミサンに聞いた話だと、まだ飲み足りないから外に飲みに行こうと言ってたらしいが、フトンに入れたら寝た…との事。おそろしや)気がつけばフトンの中。3人でビール6リットル、焼酎ボトル1本分ばかり飲んだんだもんな…そりゃ酔うよ、うん。でも実に楽しかった!満足!

テーマ:友人 - ジャンル:ライフ

  1. 2006/10/16(月) 11:11:11|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

牛の屍骸を焼く!

というわけで、昨夜はカミサンと2人で食事に行ってきました。せっかくの記念日だから、ワシントンホテル最上階のレストランで夜景を見ながらワインでも…などと思い(や、マジでマジで)普段着ないようなちょっと澄ましたジャケットなど羽織り、カミサンは念入りに化粧したりして「2人でメシに1万円以上使うなんて贅沢だなあ…」なんて緊張しつつ(毎週の飲み歩きでは平気でそれくらい使ってるくせに)向かったのですが、いざ行ってみたらお目当てのプランが「9月で終りました」との事でしたので、クソぶっかけてそそくさと退散してきました。

で、どうしたものかと街角に佇みしばし悩む…普段はちょっと入らなそうで、ちょっとシャレてて、ちょっと高めでもいいけど適正価格のお店。全面的にちょっとちょっとと連呼しつつ、いくつか候補が浮かびながらも普段通ってる店が脳裏をよぎると決定打に欠けてしまう…その時カミサンが言った「焼肉は?」う~ん焼肉か、確かに普段行かない系統の店だけど…ん、そういえば♪みかふぁく♪さんが花小路に良い焼肉屋があるって書いてたっけ!間違いなくシャレてはいないだろうけど、こういう機会でないとなかなか行けんもんね、ヨシ!

P1030911.jpg

花小路に入り、アジアン居酒屋アロハナの先の角に目的の焼肉屋はありました。大衆焼肉店!て雰囲気まんまの外観、店内に入ると雑然としつつ(ジャイアンツグッズが溢れていた)も清潔感がある。店内に客は1組、通されたのはテーブルではなくて広めのカウンター、テーブルにしてもらおうかと一瞬思ったが初来店なのだから店の流儀に従おうと席に座る。とりあえず生ビールを注文、カミサンと乾杯してグビリグビリグビリ…なるほど、グラスもディスペンサーもちゃんと掃除してあるんだな、変な臭いがない。泡もなかなか細かいし、グラスも冷えてる、いいぞいいぞ!注文した肉が届き、それを焼きながらもグビリグビリ…この、埋め込まれていないガスコンロがかわいいよな!

20061012.2.jpg

カミサンの大好物である『ユッケライス』があった!生肉の刻み具合が絶妙で美味!このボリュームで690円とは驚き!カミサンは家に帰って2時間後に「もう1杯食べたいなあ」って言ってた…

P1010091.jpg

♪みかふぁく♪さんが絶品だと言ってた『冷麺』!太めの麺は、確かに他の店では味わえない不思議な食感でかなり独特…コシがあるだけでなく、明らかに中華麺やウドンとちがうデンプンの味(!)を楽しむことができる。ただ、スープの辛さを「辛くしてください」って頼んじゃったのは失敗だった気がする…辛党の性といえばそれまでだが、ダシの味より辛味が勝ってしまってまるでキムチの残り汁のような味になってしまった。普通で注文して、食べながらテーブルに置かれた豆板醤(?)で加味してくのがベストだと思った。具はかなりシンプルだが、ボリュームがあるので食事のシメよりライスがわりにススリながら肉を食べるのが正解だろう。

P1010093.jpg

上記の2品以外にカルビとレバーを1人前づつ頼み「これで足りなかったら追加注文しよう」なんて言ってたけど、そんな心配いらない程に超満腹!生ビールも2杯しか飲めなかった。「夜景を見ながらワインでも…」からは、かなりかけ離れてしまったが2人共満足(というか満腹)して、腹をさすりながら帰った。

20061012.1.jpg

ほんとは「ここでおいしいものを食べてから、どっかBARかなんかで飲み直そう」なんて相談しながら食べてたんだけど、お腹いっぱいになり過ぎてそんな余裕なかったよ…ゲフッ
 

テーマ:焼き肉 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/10/13(金) 14:14:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:9

結婚記念日

今日10/12は、我々夫婦の4回目の結婚記念日である。
何かと過去の記憶の薄いボクであるが、結婚式の日のことは忘れずよく覚えている。パーティーの為に実行委員会を組んでミーティングしたこと、東京からわざわざ駆け付けてくれた友人の多かったこと、特注した豆腐での『豆腐入刀』、なおなおが携帯電話を見ながら素晴らしいスピーチをしたこと、出席してくれた皆が誉めてくれた楽しいパーティーだった。そういえば、結婚式の写真って結局日記で使わなかったな…と思いデータを漁っていたら、ゆみちゃんが撮影してくれたものが何枚か出てきた。

20021012.jpg

ボクもカミサンも(当たり前だが)今より痩せてるなあ…我々の結婚式の話になると必ず出るのが、司会のポチあにきが泣いてしまったことだ。司会者のシナリオはボクが全部書いていたので、ポチあにきが何を思って涙したかスグにわかってボクももらい泣き、そしてカミサンはそんな2人を見て笑っているという不思議な事態に…写真を探してる時にシナリオのデータも見つけてしまったので、問題の場面を掲載してみる。

『それでは、ここで新郎新婦からご両親に花束を贈呈していただきます。
 新郎新婦が、ご両親より生を受けてから長い月日が流れました。
 その間には、新郎ははぐれ雲のような生活を長く続け ご両親を心配させ、
 新婦は引きこもりをこじらせ ご両親を心配させ、数々の苦労を重ねてここまで
 育てていただきました。おふたりにとっても、ご両親にとっても
 数々の名場面、珍場面が走馬灯のように脳裏を駆けめぐっているにちがいありません。』

カミサンの脳味噌が一番煮えて引きこもり最前線だった頃、時間を作っては顔を出しサポートしていたポチあにきにとって、フトンから這い出し、部屋のドアを開け、今日こうして嫁いで行くという事実に対し、まさに「多くの思いが、脳裏を駆けめぐってしまった」のだと思う。にしても、花束贈呈の寸前で司会者と新郎が泣き出してしまったものだから、本来感動させられるべき両親達はポカ~ン「脳裏を駆けめぐらせる」ことが出来なかったのだけが残念だった。先日、入籍を済ませたポチあにきがどういう形で式なりパーティーをやるのかはまだわからないが、ま、ボクも絶対泣くだろうな…と自分で思う。気をつけねば!

さあ、今日は何を食べに行こうかしら?

テーマ:結婚生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2006/10/12(木) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋空

P1030884.jpg

依頼人はひとり暮らしの老婦人、数年前に亡くなったご主人が書き溜めた短歌と絵を冊子にまとめ、月末の法事で身内に配りたいとの事だった。ドサッと渡されたノートには、戦中~戦後にかけて南方の収容所での苦しい体験が歌にして綴られていた。達筆を通り越し叩き付けるように書かれたものも少なくなく、解読に時間を要したが(おかげでそっち方面の地名に詳しくなってしまった)どうにかまとめあげ、横幅1m以上もある大判の油絵は予算的にスタジオに持ち込むわけにもいかないので、お宅の中の一番明るい部屋で額を解体しボクのカメラで撮影した。校正に行くたびに…故人への想いが膨らんじゃうんだろうけど「これも追加で載せてください」「これもどこかに入れられないかね?」と原稿が増えていくのには難儀したけど、どうにか形になり昨日製本屋から仕上がって来た。

んで今朝、昨夜納品してきた上司に聞いたら…ばあちゃん、泣いてたって…喜んでもらえて良かった。思わずジンワリきちゃったね、尿漏れ?ちがうよ!心がジーンとさ、ね。でも、ほんとに良かったよ「ちゃんと“本”になった」と「仏壇に供えてあげたい」と思ってもらえたって事だろうから…こっちも、そういう物を作ろうと頑張ってたんだしさ。あと、正直言うと家族を泣かせたいという気持ちも少々ありました…多くの戦争の歌と共に家族への想いを詠ったものもあったから、それを効果的にちりばめたつもり「自分がこの作者の息子だったら、これ読んだら涙でるだろうな」とか妄想しながら…

現在離れて暮らしている娘さんが、あの本を見ての第一声が「母さん、これ作るのにいくらかかったの?」とかじゃないといいなあ…それだけが心配!とてつもなく大きなお世話だけど心配!どうか、依頼人に「いい本だね」って言ってあげて欲しい。
 

テーマ:仕事 - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2006/10/11(水) 18:18:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飲酒履歴

先週は連休前のラッシュが激しくここ最近一番の忙しさだったので、腰も肩もクタクタ…仕事が終った後、帰宅前に会社近くの温泉でひと風呂浴びてくことにした。暴風雨のため市営の共同浴場はガラガラ、雨と風の音を聞きながら貸し切り状態の風呂につかり、ちょっと贅沢な気分に浸る。帰宅後、カミサンと2人で半年間ご無沙汰にしている近所の立ち飲み屋へ…別に何かあって行かなくなったってわけじゃないんだけど、冬は雪だの何だので飲み歩くのもままならないので近場に通い、暖かくなって活動範囲が広がったので自然と足が遠のいたという…にしても、毎週のように通ってたのに突然行かなくなっちゃったから、ちょっと気まづさは感じつつ、でも平静を装って行ってみた。

「こんばんわ~」「いらっしゃ~あら、ひさしぶり~」「ふへへ、ひさしぶり~」「・・・」「・・・」最初はさすがにお互いぎこちなさもあったけど、酒が進めばいつもの調子、外は暴風雨でお客さんも少なく(結局この日は我々以外に1組しか来なかった)おかげでノンビリと半年前と変わらないバカ話を楽しむ事ができた。飲んだのは、生ビール → 芋焼酎 → 赤ワイン → 梅干ハイ → 芋焼酎という悪酔いしそうなローテーションで10杯ばかり。この日はとにかく油モノが食べたかったので、鶏カラ揚げ、フライドポテト、ロシアンコロッケ(6個の丸コロッケの中のひとつが激辛)等をつまみつつ0時近くまで遊んだ。

帰り道、小腹が空いていたので閉店間際のスーパーで惣菜を何品か買い物。家に帰り、本田夫妻とビデオチャットで話しつつ芋焼酎をチビリチビリやってるうちに眠くなり、ひとりだけ先に寝落ち…

翌朝、目を覚ますと二日酔い。明日は特に予定ないから…とタカをくくり前晩に酒豪伝説を服用しなかったのが効いたらしく、それ程バカ飲みしたつもりはないのに気持ち悪い。自分の肝臓の腑甲斐なさに切ないものを感じつつ、フトンの中で呻いて過ごす。本来この日はトランクがバイクで山形に来る予定だったのだが、昨日からの雨が降り止まずにいたので当然計画は中止になっていると思っていた。が、午後にメールが来て「山形に向かっている」との報が…しかもボクが日記に書いた通り、悪天候と事故で通行止めになってしまい足止め食らっているという。み、未来日記を書いてしまった!

「この悪天候の中、本気でキャンプするんだろうか?」という心配通り、12時間かけてどうにか山形に着いたトランクとその後輩青年は、その後の予定を決められず市内のスーパーで暖をとってるというので、一夜の宿を提供する事を申し出てあげた。この日バイトの予定だったカミサンを送り届け、トランクと後輩青年を車に乗せて温泉に連れて行く。露天でのんびり暖まった後はメシだ!酒だ!スーパーを回りビールと惣菜を買って帰宅、酒盛り開始!何しろ二日酔い開けなので飲める自信はなかったが、とにかく飲まない事にはテンションが上がらないので、味わう余裕もないままにグビリグビリとビールを流し込む。

びんちょうマグロ刺身、アジ刺身、牡蠣フライ、ゲソ天、カニサラダ、肉ダンゴ、ワラビの1本漬け等…買ってきた惣菜を温めて皿に盛る。出来合いの物だけじゃ寂しいので、味噌仕立てのキノコ汁を作ってみる…シメジ、なめこ、適当な大きさに切ったエリンギに厚揚げと豚バラも入れて豚汁風に仕上げた。飲めないと思ってたビールもグビリグビリやってるうちに調子が出てきたので、注ぎ合いしつつ(普段は注ぎ合うの嫌いなので、このへんでもうおかしかったんだと思う)どんどん杯を進める。0時頃、キノコ汁を2杯飲んで満腹になったトランクがダウン、後輩青年と「猫って最高にカワイイよね」「ですよね」って話を2時過ぎまで語って就寝。ベッドに入る時、カミサンに「今日は酒豪伝説を飲んでから寝てね」と言われるが全然酔ってる実感がなく(明らかにおかしい)、むしろ清々して良い気分だったので「なんでよ?いらないよ!今日は必要ないよ!」と全体的に「よ」にアクセントを置きつつ拒否するが、どうしてもとしつこく言われ渋々飲んだ。

翌朝、粗相して目を覚ました。詳しく書くと死にたくなるので割愛するが、泥酔した時は紙オムツして寝るべきかと真剣に検討中。ちょっと三日酔いをなめていた…二日酔いと同じに考えちゃいかんのだな、いやはや恐ろしい。

この日は、トランクが外に飲みに行きたいとの事だったので、夕方まで三日酔い克服に専念する。しかし、18時過ぎても寒河江ダムまでツーリングにと出かけて行ったトランクと後輩青年から連絡はない。すでに外は真っ暗で雨も降ってるのに、何か事故に巻き込まれてなきゃいいけど…とメールすると「近くの河原のテントにいる」という。「後輩青年は1人で東京に帰った」「寒河江ダムには行かなかった」と次々にわけのわからない事を言うので「とりあえず我々は待ってるのだからウチに来てくれ」と告げると、30分以上かかり雨に濡れてやっと現れた。なおなおと待ち合わせしていたので、とりあえず3人でタクシーに乗り込み移動、なおなお宅近くの居酒屋に向かった

居酒屋に落ち着きトランクからさっきのわからなかった話の説明を聞くが、どうも釈然としない…昨日といい今日といい、かまわれたくないんだかそうじゃないんだか、そうだとしたらあまりにぞんざいな対応に不満の我々夫婦を代表してカミサンがキレて説教。三日酔いのボク、説教されてヘコみ気味のトランク、飲みにくる直前に夕飯食べちゃってお腹いっぱいで苦しいなおなお、怒りのおさまらないカミサン…という愉快なメンバーで、テーブル脇の水槽を泳ぐ片目の金魚を呆然と眺めながら、ビールをすすった。ひとしきりトランクの人生に口をはさんだ後は、なおなおが息子の爆笑エピソードの数々を披露してくれて、どうにか場が和みはじめる。

P1030893.jpg

ビールは何ともおいしく感じられなかったので、焼酎のボトルを入れて水割りでいただく…うん、こっちの方がうまい!料理は、白モツ、カワ、ハツの焼鳥、牡蠣バター炒め、白子バター炒め、モツ煮豆腐、ゲソ天等…何だかんだで0時近くまで飲み、ボトルを1本空けて終了。なおなおと別れ3人でタクシーに乗る、河原のテントに帰るというトランクに「もう少しウチで飲んでくか?」と聞くとふたつ返事で着いてくる。本田夫妻に声をかけ、ビデオチャットしながら飲み直し…ここらへんでボクとトランクに変なスイッチが入り、酒がうまくなってくる。ボトルの赤ワインを2人でアッという間に空け、どうにも止まらず缶ビールに移行してガンガン飲み進んだ。結局4時頃まで騒ぎ倒し、河原へと帰って行くトランクを見送った後は、酔い覚ましだと言い張って大盛りカップ麺をたいらげて寝た。

次の朝…何しろ昨日は三日酔いだったから、念には念をと酒豪伝説も2度にわけて投入していたのだが、目覚めてみればやはり二日酔い、いや、すでに四日酔いか…雨男トランクが山形を発った為に晴天となった空を窓から目を細め眺めながら、今日で3連休も終りだなと憂いながら嘔吐!二日酔い、三日酔いでは抑え切れた吐き気も四日酔いのパワーの凄さの前にホップ・ステップ・嘔吐!嘔吐!結局暗くなるまで動けず、フトンの中で秋晴れの休日をアクティブにすごしたのでありました…めでたしめでたし(うん、めでたくないね
 

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2006/10/10(火) 19:19:19|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

RAIN MAN

P1030867.jpg

明日からの3連休にトランクさんが「バイクで山形にキャンプしに行く!」と言ってたので「もしや…」と思っていたのだが、やっぱり雨!しかも横なぐりの暴風雨!さすがだ…強烈な雨男のトランクさんが山形に来る時の80%近くが、決まって雨である。全日程雨が降り続く事こそ稀だが、来る時に降られてカッパ着っぱなしだったからムレムレで我が家に到着!とか、曇りの予報だけど思いのほか良い天気だから「西蔵王をひと回りしてから東京に帰るわ」と出て行った30分後に雨が降り出す…とか、あげていったらキリがない程に降られまくっている。

今回もきっと「この天気じゃさすがに危険だから断念するわ」と決心した1時間後に雨が上がり「天気図を見る限り東北方面もこのまま晴れそうだから、やっぱし行くわ」と出発すると、那須あたりで暴風雨に巻き込まれSAで3時間程足止めをくい、どうにかこうにか山形に着いても月曜日まで雨が降り止まず、結局しっとりしたままのカッパを再び着込んで東京まで帰る事になるだろうと思う。

さっき、メールで「この雨男能力をビジネスに生かせたら一獲千金も夢じゃないな」と送ったら「雨男ビジネスか…嵐を呼ぶ男とよんでください」という微妙な返答が…キャッチボールしてて、ボールを投げたら煮卵になって戻ってきた!みたいな気がした。
 

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

  1. 2006/10/06(金) 18:18:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

毛玉男

毛玉工房、本日(10/5)15時に無事更新しております。徹夜で作業してたカミサンが値段とか間違えてないか実に心配だ!今回は秋冬物って事だったんだけど、やっぱしこうやって見渡してみるとちょっと無理あるような…ワンピースとか、ショートパンツとか「えっ、いま?」って感じがしなくもなくもなくも…でも、今回はいつもより価格を控えめに設定したそうなので、じっくり吟味していただきたいと思います。ブラウスとかコートとか、ZIPPERやFRUiTSに掲載されてる似たデザインのものも、毛玉では半額程度だけれども、それは毛玉で扱ってるものがボロいわけではなくて、毛玉は「これで儲けて店舗を作ってやろう」とか「サクセスしてやるぜ」という考えはなく「我々の渡航費用がまかなえて、もう一度仕入れに行ければいいな」という事しか望んでいない為…だからなのです。仕入れに同行してくれてる友達の旅費等が加算されてるとかいう事もないし(みな自費で同行してくれてます)、撮影もサイト作ってるのも、梱包やら郵便局に持って行くのも全部ボクとカミサンでヘコヘコやってるから、この価格が実現できております!できておるのですよ奥様!という…ええ、宣伝でございました

fukukedama.jpg

というわけで、昨日予告した通りに今回出品されてる商品の中で印象深い物いくつかについて語らせていただきたいと思います。

P1010369.jpg

まずはコチラ、前回思いのほか好評だった子供用水マクラ!今回も同じ場所で同じババアが売ってました。チャイナタウンの市場内、店舗じゃなくてワゴンに山積みにして売ってるんだけど、あんまり下の方まで探ろうとするとババアが嫌がるのね…無理して積み上げてある山が崩れちゃうから。でも、カミサンはおかまいなしで山を探るという…しばらくして「あ、こいつら1個だけじゃなくて何個か買うんだな」と気づくと自分でも我々が好きそうな色模様のを掘り出して「これはどうだ?」って突き出すんだけど、それがカワイかったことは1度もないという…動物柄が好きなんだなってとこまではわかるらしいんだけど、柄が顔半分で切れちゃってるやつとか平気で出してくるの…ヤル気があるんだか無いんだかワカラン

P1010325.jpg

次はコチラ、気味の悪い陶器の動物達!これはウィークエンドマーケットの塀の外、周辺道路の歩道にゴザひいて売られてたのよ。値段の割に造りが丁寧だったんで買ったんだけど、妙にキョドったお兄ちゃん(たぶん、マーケットの警備員が来たらスグ逃げなきゃいけないから)が新聞紙をビリビリと実にいいかげんにやぶいて、それで1個1個包んでくれて…この中途半端なサービス精神が実にタイ人らしいなと思ったりしました。でも、こういうのって西洋人は意外と普通に「オ~キュート!」とか言って買って行きそう。
【追記】3匹ともマッハで売り切れた!ちょっとビックリ…

babaaaaaaa.jpg

最後はイチオシのババア人形!これはねえ…写真だとあまり綺麗に見えないけど、実物はかなり綺麗なのですよ。灰色っぽく見える刺繍は全部銀色の糸で、サンダルも腕も足も全部左右非対称ってとこなんかも含めて、かなり凝った造りになっています。写真がなあ…良くないなあ…もしかしてあまり売りたくないのかなあ?カミサンは自分の分も含めて3個仕入れて、かなり時間をかけて値切ってたので値段も…でも、ちょっと安くし過ぎてる気はする。30cm以上も大きさがあって、個性的で凝った造りのヌイグルミがこの値段てどうかと思う。しかし、そもそも写真がなあ…ブツブツ

テーマ:自宅ショップ - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/10/05(木) 19:19:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

引き分け組

P1030858.jpg

 指定介護老人福祉施設『姥捨山』

どうだろう?
自分で言うのも何だが今年一番のイヤミだという自信があります。

 外側はサクサク、でも内側はトロ~リとした犬のフン

どうだろう?
途中まで食べ物の話かと思って読んでしまった方々、どうだろう?
ボクの同級生の折笠君は、小学校の時に犬のフンを素手で持ち皆を追いかけ回すのが特技だったのだが、後に上に書いたように外サク内トロのフンを選んでいたと語っていた。「だから汚くないんだよ」とすら…充分過ぎる程に汚いと思うが。ちなみに、1度だけ外トロをつまんでしまった事もあり「あの時は泣きそうだった」とのこと

 絶望ダイエット

どうだろう?
朝昼晩と1日3回、20回ずつタメ息をつくだけというダイエットだ。お腹を膨らますよう意識して鼻から深く息を吸い、ゆっくりと口から吐く。これを繰り返すだけで代謝が上がり脂肪は燃焼、背筋を伸ばして行えば腹筋もつくであろう。興味を持たれた方は是非お試しください。息を吐く時に「はぁあぁ~~~」とか「もうダメだ~~~」なんて言うと、より絶望感が増してGOOD…あ、いや、BADだ!いま思いついたにしてはなかなか効果ありそうだが、ボクはやらない。

先月中に更新予定だった毛玉工房ですが、カミサンが体調不良のためズレこんでしまい明日10/5の更新となっております。ご興味のある方はどうぞご覧下さいませ。「あ~それはアジアだわ、実にアジアっぽいよ」って感じの秋冬向衣料や、おかしなオモチャなどを取り揃えてお待ち申し上げております。今回の目玉は…と、語りたいところですがボクも明日どの品物が出てくるか具体的にはわからないので…明日語らせていただくことといたします。
 

テーマ:勝ち組が読む情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/10/04(水) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酒豪伝説

sachikaさんに沖縄土産として送っていただいた『酒豪伝説』ありがたく愛飲させていただいております。ウコン錠剤各種、ヘパリーゼ錠剤、ヘパリーゼドリンク、ウコンの力、ハイチオールC等々…各種サプリを試してきたボクですが、今までで1番効いてる気がします。いただいた分がこないだ無くなってしまったので、早速amazonで注文した次第!バカ飲みする時は、飲む直前に1包、寝る前に1包、朝起きた時に二日酔いの予感があったらそこでさらに1包って感じで(一応それぞれ6時間以上は空けて)服用すると、今までのように嘔吐する事もなく最悪でも昼時には酔いから覚めています。



ただ、この「これを飲んどけば大丈夫」状態がいつまで続くことやら…たぶん身体が馴れちゃうんだと思うけど、今までも効いてたサプリが段々効かなくなるって傾向が必ずやってくるので、それが怖い…せめて年内はもってくれ!

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/10/03(火) 12:12:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

宅飲暴走録

P1030077.jpg

けして健康とはいえないカミサンだが、胃だけはボクより強かった。が、寄る年並には勝てないのかついに胃痛に苦しむようになってしまった…普段から強めの薬を飲んでるのでちょっと潰瘍ができたりすると悪化するのも早く、先週はそのせいで寝込む日もあったので病院に連れて行き胃薬を処方してもらってきた。そのおかげで楽にはなったようだが、胃痛との付き合いが短いので対応が甘く、ちょっと良くなると気を許してしまい油モノを食べたりビールを飲んで、また痛くなり寝込む始末。おとなしくお粥でも食べてなさいと注意しても、ボクが会社に行ってるスキに煙草を吸ったりしている。

しかも、カミサンの具合が悪いと決まってゼニにも伝染する…基本的に病弱なゼニだが、最近はたまに吐いたりする事はあったもののスグ回復してくれてたので、去年の11月から病院に通わずに済んでいたいた。しかし、今回は1週間以上嘔吐が止まらないので1年ぶりの病院へ…なので、先週は2度も病院付き添いに走ってしまった。

ゼニは注射を打ってもらい、処方してもらった薬を飲んでだいぶ調子が戻ったが、カミサンの方は胃痛に加えメバチコ疑惑と風邪疑惑まで増えてしまい、現在絶不調中で今日はバイトも休むことにしたそうだ。若く見られるとはいえもう30歳を過ぎたのだから、若い時のようにパジャマ1枚でポケ~ッとしてても体調不良がいつの間にか治る!なんて事はもうないのだという現実に気がついてほしい。パジャマの下にババシャツを着て、ハラマキをして、家の中であっても布団から出たらジャージを羽織り、靴下をはいて身体を温める習慣を身につけていただきたい。死なれると私がたいそう困るので、どうかよろしくお願いします。

そんなわけなので、先週末は外飲みに出かけなかった…なので、超久々に飲酒履歴お休み!スーパーで惣菜を買ってきて、つまみながらビールを飲みはしたのだが家ではテンションも上がらず、杯も進まない…そのうち布団に入ってしまい、それでも早く寝てしまうのはもったいないのでトランクさんとビデオチャットなどしつつ、ただダラダラと深夜まで起きていた。

日曜日、不調を理由に家を出たがらないカミサンを引っ張りだして温泉施設へ行き、サウナで汗を出していたら、おそらく不完全燃焼だった昨夜の余波だろう「このまんまじゃイカン」という気持ちが強く沸き立ってきた。「たとえやんごとなき理由があったとしても、週末の泥酔デーをスルーしてしまうと来週はタイヘンなことになるんだかんな!」ボクの中の誰かが強い口調で注意を促す。オーケーオーケーそっちがそうならこっちだってこうだ!サウナから出たらタダじゃすまさんぞ!意味もなく荒ぶった気持ちで温泉から上がると、うまいこと気分転換に成功したカミサンとスーパーに向かった。普通の買い物に加え、酒のツマミ要員として『カツオの酒盗』と山形の漬け物『おみつけ』を購入。帰宅と同時に冷蔵庫を開け、良く冷えたサントリーモルツをブシッと開け、サウナでカラカラに乾いたノドへゴリュゴリュゴリュ…ブハッ(ゲフッ)

で、いきなりオチなんですけど、おかでさまで飲み過ぎましてですね…月曜日から二日酔いですよ。18時前に飲み始めて、結局深夜2時までグビリグビリと…缶ビール8本と、ワインボトル1本を開けてですね…あ、ボトル開けた後にまたビール飲んだから計9本かな?まあ、どっちにしろ明日会社があるのに飲む量じゃないであろうアルコールをですね、ええ、カミサンは飲めないんで1人でね。寝る前に『酒豪伝説』飲んといたんで、どうにか午前中にヤマは越しましたけど、しかしつらかったなあ…しかし、この失敗を教訓に今週の週末はみっちりきっちりと飲まないとイカンな!うん
 

テーマ:こんなわたしたち - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2006/10/02(月) 17:17:17|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0