禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飲酒履歴

先週末はカミサンがお疲れ気味だったので久々に2人きりで飲みに出た。テンション低めなカミサンに「ツブ刺し食うか?バチマグロ食うか?」と気を使ったのだが「あまりお腹すいてないからいらない」と言いながら馬刺しを注文してた。ビールを飲み干し焼酎の水割りをすすってると、酔いが回りフワフワしてくるボクと反比例してカミサンはどんどん元気になっていった。

sansyu.jpg

結局その後、焼酎に飽きたカミサンは「ポン酒いっちゃおうかなポン酒、ね、どう?どう?」「や、オレはいいよ…」「しょうがねえな、ひとりで飲むか」と言って熱燗を飲んでいた。サチカさんが沖縄で手に入れ「禿生さんの肝臓にぜひ!」と送ってきてくれた実に効きそうなパッケージのサプリ(?)があったので、ベロベロになったらアレを試してみよう…なんて思ってたのだが、ベロベロになる前にヘロヘロになってしまった。

syugou.jpg

カウンター奥のテレビで24時間TVの、大衆を泣かせる為だけに制作されてる難病ドラマを見るともなしに見ていたのだが、クライマックスのジャニーズ亀梨がヨボヨボになったとこでチャンネルを変えられてしまいガックリ…戻してくれと言うほどアレでもないからいいんだけどさ…いいんだけどさ…

こんな感じで早めに酔いが回った時は、次の日に残ったりしないのだけが嬉しい。というわけで日曜日、目を覚ますと実に快調!一日のんびりとすごし、夕飯の後にDVDなど見つつビールを飲んでみたら昼間に汗をかいたおかげかスルスル入る!うまいうまいと500mlの缶をどんどん空け、午前1時近くになりさすがに明日が怖くなったので(何故ここでやめなかったのだろう?)ウイスキー水割りをチビチビ、トマトジュースにウオッカをたらしてチビチビ…

もう、オチはわかってるかと思いますが…週始めである月曜日の朝から二日酔いで、酒臭いため息をつきながら出社…泣きたかった(サチカさんからもらったサプリの事を思い出したのは会社についてからだった。
 
スポンサーサイト

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/08/30(水) 22:22:22|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オレとオマエと変動重力源

『新世紀エヴァンゲリオン』がパチンコ台になり注目され、10年前とはちがう層のファンが増えて話題になっているが、そのエヴァの監督である庵野秀明が1988年に初監督したアニメ作品が『トップをねらえ!』である。当時流行っていたハリウッド映画『トップガン』のアクション要素と、往年の少女漫画『エースをねらえ!』のスポコン要素をミックスさせたストーリーをベースにして、アニメファン好みの美少女とロボットを配置させた作風はマニア受けし、OVA(オリジナルビデオアニメーション)としてそれなりの成功を納めたが、TV放送のないビデオ作品はマニアックなファン以外には届くことはなく、この時点ではあくまで「オタクのみぞ知る名作」の中の1本に過ぎなかった。しかしこの後、庵野秀明は『ふしぎの海のナディア』そしてエヴァと次々作品をヒットさせ、その度にトップは新規ファンに注目され、LDセット、DVD-BOXと形を変えて再販されては人気を高めていった。そして2004年、「まだまだトップは金になる」と踏んだのであろうGAINAXの算段の下、エヴァの助監督を経て『フリクリ』の監督で評価を得た鶴巻和哉を庵野に変わる監督として迎え、『トップをねらえ2!』は始まった。

top2-1.jpg

そして2年の月日が流れた2006年夏、全6巻に渡り発売された『トップをねらえ2!』は完結した。数カ月ごとにポツリポツリと発売され、その都度ハラハラドキドキしながら見続けたが、まあ…とにかく終ってしまったのだ。前作をリアルタイムで見ており、大きな思い入れをもっていたボクとしては、全く雰囲気を変えた世界観やキャラクターがどこで前作とリンクするのか?それとも全く違う世界の話として終わるのか?何よりそれが気になり続けた2年間だったのだが、最後の最後で、ああ…もう「ありがとうございました」っていうか「それやられたらもう負けです」みたいなシーンを見る事ができたので、涙しながら成仏することができました。

top2-2.jpg

しかし、不満がないわけではない…細かいそれらをチマチマ拾い集めてグチるのもアレなんでザックリ言わせていただくと、前作は公のために個である己を殺し戦火から国(人類)を守る“特攻隊”の話だったのだが、今回は「人類のため」とセリフには出てきても、実際戦っている主人公達と人類(=一般市民)との接点はあまりに薄く、守るべきものや、戦う意味がどんどん己の内へ内へと入っていってしまい、見る者が物語に感情移入してくるのを避けるようにして逃げて行ってしまったような印象を受けた。エヴァ以降に見受けられる、外敵よりも自身のトラウマとの戦いを重視する雰囲気や、それでも好きだったフリクリを見てるだけにこうなるのはわかってはいたが、これではトップじゃなくても…あ、いや、だからこそトップに繋がるってのがいいのか…いやしかし、うむむ

top2-3.jpg

トップ2で良かったなあ…と強く心に残ったのは、音楽の使い方。やはり、宇宙を舞台にしたSF作品にはオーケストラがよく似合うし、劇場版『銀河鉄道999』を彷佛とさせる情緒的な旋律はドラマをグッと盛り上げてくれていた。6話を通して、いくつかの印象的なメロディーがアレンジを変えて流れてくれるのも、芸が細かくて嬉しい。戦闘シーンだからといって激しい曲を流さず、わざと優雅な曲を聞かせたり、OPやEDも各話ごとに扱いが変わったりと(5話のEDはどうかと思うが)、多くのアイディアが注ぎ込まれ、これによって作品に良いテンポができあがっていたように思った。ラストシーンの曲の繋ぎも美しい!「10年後」というテロップの後、ラルクのシルエットのバックにちょっと不穏なシーンで流れるメロディを使い「ん?」と思わせておいて、宇宙港のチコのカットからカメラがラルクに戻ると、前作のラストシーンのメロディーが不意を突いて聞こえてきて…って、多くの人はこれで涙がドッと溢れちゃうっていう(もちろんボクも泣きましたけど)、アレにはやられたなあ

top2-4.jpg

そこまで色々「おいおい…」って気持ちがありながら、最後に号泣してしまうってのはボクが思うに、10年以上前に自分が好きだった作品がこうしてリスペクトされるのって、やっぱ嬉しいし感動するんだよね。だから(前作と新作との係わりが)どうなるかわからん…ていう内心のドキドキがありつつも「普通に新作アニメとして楽しいんじゃない?」なんて平気な顏して2年間を経てきて、最後の最後でないがしろにされてなかったって事を知って涙がゴーーーッって、だからアレは嬉し泣きだと思いますよ。「ありがとう!」っていうさ、自分の好きだった作品には、それを見ていた時の自分が投影されてるから「それを認めてくれてありがとう!」で、涙が…まあ、そこらへんのアレは人それぞれなんでしょうけど、ボクはそういうふうに思いました。

top2-5.jpg

というわけで、今後はまず9月発売のサウンドトラックはもちろん買いですわな。そんで、10月公開の映画が当初は秋葉原1館のみだってんで諦めてたんですけど、新潟でもやるみたいなんで行かねばならないかな…という、や、これはカミサン次第だな。この日記を見てトップに興味をもたれた方は是非、レンタル屋のアニメコーナーで手にとっていただくなり、バンダイチャンネルで配信(有料だったり無料だったり)されてたり、You TubeにもUPされたり削除されたり見え隠れしているので各自調査の上ご検討くださいませませ。

 ☆ トップをねらえ2!公式サイト
 ☆ トップをねらえ2!劇場版(10月公開)
 ☆ トップをねらえ!&トップをねらえ2!配信中(バンダイチャンネル)

 
 

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/08/29(火) 21:21:21|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇宙サウンド

ucyusounds.jpg

1コ前のBO GUMBOSの日記を書きながら「我ながら、ただ思った事をダラダラ書いただけの何のヒネリもない日記だなあ…でもまあ、BO GUMBOSに反応してくれる人なんているまい」「いるまいと思いながらも書いてる自分ていったい…」などと考えていたのだが、意外な事にエルニはコメントしてくれるし、彩も「BO GUMBOS、懐かしいね~」と声をかけてくれたし、しかも!しかも!驚いた事に記事内に貼ったアマゾンリンクから磔磔ライブのCDを購入した方がいらっしゃったとですよ!いや~ビックリした。ちなみに、購入はなさらなかったけどリンクをクリックして商品詳細を見てみたって方は6人もいらっしゃった!これにもビックリ!物珍しさだか懐かしさだかはわからないけど、商品詳細を見ていただけただけでも何だか嬉しい。いや、ホントに反応してくれた皆様ありがとうございます。

カミサンが「BO GUMBOSってどんなバンドだっけ?」と聞くので、デビュービデオである『宇宙サウンド』を見せてあげたら、思いの他ちゃんと見てくれて、特にKYONのピアノに感心を持っていたようだった。しかし、このビデオは何度見ても素晴らしい…セットといい、メンバーの服装といい、照明、観客、ミキシング、どれをとっても非の打ち所のない、ボクが見た数多くのライブビデオの中でNo.1といっても過言ではない作品である。30分ていう短さも集中力が途切れず、ちょっと物足りなさが感じれてgood!長らくYou TubeにBO GUMBOSの曲はUPされてなかったんだけど、最近この『宇宙サウンド』から『泥んこ道を二人』が上げられていたので、この2回の日記でちょっとBO GUMBOSに興味を持った方は是非見るがいいと思いますよ!

ちなみに『宇宙サウンド』と、ニューオリンズでのライブビデオ『Walkin' to New Orleans』が一緒に入ったDVDが、ファンの署名によって去年発売されているそうです(いま調べて知った)。いや~ビデオもずいぶん劣化して調子悪かったから、ボクも欲しいなあ…と、さりげなくこの場でカミサンに許しを乞うたりして。


テーマ:懐かしい音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2006/08/28(月) 23:23:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BO&GUMBO DISCO

dnt2.jpg

長生きはするもんだ…なんてこと言うような歳でもないが、15年前にテレビで1度だけ見て「もう1回見たい!」と思ってたBO GUMBOSの名曲『BO&GUMBO DISCO』に今日ついに巡りあうことができた。つねに目をギラつかせて探してたというわけではないが、それでも数回は真剣に音源を探したものだが、アルバム等には収録されていないライブだけでやってた曲だろう…というのがボクの出した結論だった。

が、ところがだ、1988年に京都の磔磔でやったライブCDに収録されていたのだ!このCDの発売は2000年(ちなみにBO GUMBOSは1995年に解散、ボーカルのどんとは2000年に他界している。という事はコレはアレか!どんとの追悼的なアレで出されたアルバムってわけだな)う~ん、6年も気づかなかったとは…ていうか、1988年て事は結成されたばかりじゃん!BO&GUMBO DISCOって何となく後期のイメージだったんだけど、全然初期からやってた曲だったんだなあ。BO GUMBOSはオリジナルアルバムに入ってない、いわゆるライブでお馴染みという曲がかなり多い印象があるんだけど、このライブで演奏している『君の家は変な家だなあ』もCDにはなっていなかった気がする…

と思ったのだが、調べたらベスト版に入ってやがった!そして恐ろしい事にボクが15年前にテレビで見たという『HOT HOT GUMBO'91』のDVDまで出てるよ!おいおい…てなわけで、とりとめなくなってしまったのでBO&GUMBO DISCOを歌って終わりたいと思います。

  オレはなまけもの~♪ 地獄でうまれて 仕事もやらないよ~♪
  だけど夜になったら人が変わるのさ 歌って踊るのさ~♪
  DISCO BO BO BO BO GUMBO♪
  Oh Yeah BO BO BO BO GUMBO♪

 
 

テーマ:懐かしい音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2006/08/25(金) 23:23:23|
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

土器を投げる症状

824yuyake2.jpg

現在公開中の映画『時をかける少女』の評判がすごぶるいい。原田知世版の『時かけ』がいまだに好きなので、予告編を見た時は「ああ、はいはいこんな感じね…」としか思わなかったのだが、ネットでの批評を読めば読むほどボク好み。つい先日、お気に入りのブログでも絶賛されておるのを見てからは益々気がはやってしまい、Yon Tubeで主題歌プロモを凝視しては爪を噛む毎日…なのだが、山形の公開日は10/21…なんと2ヶ月後ですよ!待ちきれねえ…ていうか、きっとこれ年末にはDVD出そうじゃない?ねえ…いっそ仙台まで観に行っちゃう(仙台では上映中)?でも、カミサンは仙台までは付いてこないだろうなあ…2時間かけて行って号泣して1人で帰ってくるってのも虚しいし…どうしよう

エビプリバーガー(今はエビフィレオというらしいが)ってやつを始めて食べた。ちゃんと火は通ってるのだろうか?と思うほどにエビがプリっとしていた…たぶん、もう2度と食べない。

好きな物を好きなだけ食べる事の出来る(スリムな)身体を持ってる人は、それがどんなに素晴らしい事かって気づいてないように思う。が、多分それに気づいてしまった瞬間に(スリムな)身体を失ってしまうのではないだろうか?気づくってのは、食べ物への執着が芽生えたって事だろうから…

昨日、夜歩きをしながらフト思った「そういえば最近、ウンコ踏んでない」

“そういえば”と“総入れ歯”をかけたダジャレをなるべく恥ずかしくないタイミングで言いたい…そう狙い続けて10年以上たつが、なかなかチャンスを見出せずにいる。

テーマ:時をかける少女 - ジャンル:映画

  1. 2006/08/24(木) 11:11:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

824yuyake1.jpg

このニュースを読んでから頭に血が昇っちゃってどうにも具合が悪い。どうにかうまいことイヤミで丸め込み日記ネタにしてやろうと3日に渡り考え続けたが、猫と暮らし、産まれてきた子猫を育てた経験のあるボクにとって、この陰惨な虐殺を冷静に分析するのは無理な話だった。

きっとこの人、最初はうまく言い訳作って行為をこなす事ができてたんだろうけど、繰り返す内に頭がおかしくなっちゃったんだと思うよ。だから、自分の言い訳を他人に聞かせたくなったんだと思う…自分の行動に自信があったら黙ってるだろうからね。「『罰』は神が下すものじゃなくて、本人の中で芽生え時間をかけて育つものだ」ってのはボクの持論だけど、そういう事なんじゃないかなあ…たぶん、動物愛護団体やマスコミに叩かれると「ホッ」とすると思うよ、やっと罪を償えた気がして…そんで、2年後くらいに虐殺を行っていた時の頭おかしかった自分が正気を取り戻すまでをネタに小説書いたりしそう。あ~なに、この最悪なシナリオ!

テーマ:悪質犯罪 - ジャンル:ニュース

  1. 2006/08/24(木) 09:09:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飲酒履歴

そんなこんなで土曜日も飲酒!東京から遊びに来た本田夫妻、標本さん、修行僧の4名と、我々夫婦&なおなおを加えた総勢7名でまずは『佐門』でレバ刺しを…と思って行ったのですが、あいにくレバ刺しが売り切れ!一番楽しみにしていたのであろうカミサンはがっくりと肩を落とし、それでもハツ刺しとセンマイ刺しをほおばっておりました。朝から海に遊びに行っていた東京組はお疲れ気味でテンション低め…これは、今日は早めに撤収かな?という雰囲気が一瞬漂ったりもしたのですが、今回彼等が山形に来たキッカケでもある『にこみや』には行かねばなるまいと立ち上がり、店を移動。

060819_2312~00.jpg

そのキッカケとは先月彼等が遊びに来た時に連れて来た『にこみや』で、標本さんがマスターから八つ目ウナギを手掴かみできるポイントを聞いた事なのだったんでしたのだ。捕れる時期は盆が終わってから…と聞いた彼等は、八つ目ウナギを捕る為にワザワザ今月も山形まで来たってわけなのだが…まあ、捕れたかどうかの顛末は標本さんがネタにするだろうから書かないでおこう。

めずらしく賑やかな七日街をフラフラ歩いて『にこみや』に到着。2軒目なので各々思い思いのアルコールを注文して乾杯。とりあえずの注文は、煮込み、カシラ、ガツ、コンゴウ!カウンターの角席に陣取った標本さんが、再度マスターとウナギ話で炎上し始めたあたりから皆のテンションも上がり始め、座敷きとカウンターでそれぞれ盛り上がりグハグハとかムハムハいう笑い声が店内に響いたのだった。かくいうボクも二日酔いを引きずっていたのでビールから離れられなかったが、盛り上がりに乗じて芋焼酎を経由したのち燗酒方面へと移行、修行僧の焼酎ストレートを奪ってグビリグビリと酔いを深め11時過ぎまで楽しんだ。帰り際、縄のれんを鼻に差し込んで皆に撮影されている彩をマスターはどう思っただろうか?ちょっと心配

060819_2352~01.jpg

翌朝、本田夫妻は2人してピンクのTシャツ。林家ペーパー夫妻のようだと皆に言われると、その場でカメラを構えてコントしてくれた。そして当然のように、今回もボクだけが二日酔い「たいして飲んでないのに何で二日酔いなのだ?」と同じセリフを投げつけてきたカミサンと彩に言っておきたいのは「ボクの肝臓は非常に繊細なガラスでできてるの!」ってこと
 

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/08/21(月) 17:17:17|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Velvet Feces

うちのカミサンもそうだが、山形県民でダニエル・カールを嫌ってる人は意外に多い。流暢な山形弁をしゃべる外人タレントとして全国的に知られてるカールだが、山形で生活していたのはわずか3年間、他県人の耳は誤魔化せてもネイティブ山形人にとっては「おいおい」と思うような間違ったイントネーションが気になったりもするのだろう。ちなみに、カールの肩書きのひとつに『山形弁研究家』というのがあるが、研究家ってのは便利な言葉だよな…それを言ったらボクだって『脂身研究家』であり『肉球研究家』だといえよう。いわないけどな

P30023.jpg

昨日は、先月も東京から遊びに来た本田夫妻と標本さんが、新たに修行僧という人物まで引き連れて山形にやってきた。みんなが持って来てくれたおみやげだのをツマミながら飲酒しておったのだが「ボクは明日も仕事だから軽く」のつもりが、楽しくなっちゃってガブガブモードに…おかげで今日は結構ひどい二日酔い。午前中は会社のトイレで吐いてました。赤ワインを飲んでたからだと思うんだけど、ゲル状ウンコが黒いのよ、黒くてよく見ると若干グリーン…まるで、ビロードのような高級感漂う大便に首をかしげる午前9時…外ではセミが激しく鳴いておりました。

ちなみに今夜は、外で飲む予定。

そんな標本さんが、今日『デイリーポータルZ』でライターデビューを果たした。本名での記名記事なので後で本人からクレームがつくかもしれないが、マズかったら後でここらへんだけ消そう。みなさんも、どうぞ見てやってください『アナジャコは筆以外で捕まえられるか』という記事でございます。なかなか面白かったんだけど、欲を言えば穴にオチンチンを差し込んでほしかったなあ…そんで、アナジャコが反応すると刺さってる標本さんがフワフワ動くの。ちなみに、今回山形に来たのも新たなネタを作るためらしく、昨日は最上川、今日は鶴岡の海へと生き物を捕まえに行っている。仕事じゃなかったら同行したかったよ…

テーマ:やまがた - ジャンル:地域情報

  1. 2006/08/19(土) 18:18:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残暑以上猛暑未満

「アツがナツい」っていうのを聞いたのはいつの頃だったか…初めて耳にした時は「そのトンチ、かっちょいい~」と思ったものだが、問題は「かっこちょいい~」という気持ちがいまだに消えてないことである。なので、今でも暑い日は「アツがナツいねえ」がノドまで出て来てしまうのだが、これはもう多分オヤジギャグの領域なのでグッとガマン!ガマン・オブザ・イヤー!

あ、「○○・オブザ・イヤー」もヤバいかもな…

naruto.jpg

盆休み後半に、夫婦で義親の新居に遊びに行った。2人暮しなのにすごく広い家で、何故か自分の部屋まであったカミサンは満足気に「これで、アタシも『実家に帰らせていただきます!』ができるなあ…フッフッフ」とほくそ笑んでいた…ていうか、ボクにも部屋ください。でも、3匹いる猫のそれぞれの縄張りにトイレが置いてあるので、家のアチコチが便所砂だらけだった。義親は2人とも大の高校野球ファンなので、常にテレビには高校野球関係の番組が写っている。ビールを飲みながら何の気なしに見てたのだが、負けが確定しそうなチームって試合終了前から泣きながら戦ってるのな!こんな光景始めて見たので、驚いてカミサンと「え~?」「おいおい」って騒いでたら、義親が我々を暗い目で睨んでいた。すまんすまん

しかし、それをキッカケに高校野球について色々聞いてるうちに興味がでてきて、2日後の日大山形の試合はかなりのめりこんで見ることができた(熱戦だったしね)。そんで、今日の試合!仕事しながらも気になって気になって…ネットでカチカチとチェックしながら熱く追っていたのだが、結果は逆転負け…はぁ…いやぁ…なんていうか…うん、スポーツニュースで映像見たら泣いちゃいそう。
 

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/18(金) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

考えていた

P1020754.jpg

実家で父親と酒を飲んでる時にボクが「会社の近くのスーパーで週に一回特売日があって、その日に昼飯を買いに言ったりすると近所の年寄りで超混雑してるんだよ。こないだなんか店内にコロコロとウンコが転がっててさ~客のばあちゃんが店員呼んできたら『たまにあるんだよね~誰かこぼれちゃったんだね』なんて言いながら驚くでも怒るでもなくテイッシュでサッと拾って、それでおしまいだった」って話をしたのよ「妙に馴れた対応で、それがまた無気味だった」って、したら父親が結構ウケてて「老人が多い街はなあ…」なんて言ってたんだけど、次の日に親戚が集まった時にその話を叔母さんとかにしだしたのよ。でも、父親の語りがショボくて「こいつの会社の近くのスーパーで、こないだウンコが落ちてたんだってさ、あっはっは」だって…そりゃないよな、自分は全部わかってるからおもしろいとこをピンポイントで説明したつもりなんだろうけど、そりゃないぜ…聞いてる叔母さんもポカ~ンだったから、横から補足しようかとも思ったけどヤメた。ウンコネタってそういう意味でデリケートなんだよ、言葉のインパクトが強いからオチでうまく使えば笑いをとりやすいんだけど、連呼しちゃうと気持ち悪い話になっちゃうからさ。だから、ダメだなあ…親父ダメだよ、それじゃ居酒屋の人気者にはなれまい、もっとオモロネタを大切に扱わなきゃダメ!って1人で悶々と考えていた。

父親にとってみれば、こんな息子の方がダメだって思うかもしれないけどな…

テーマ:帰省 - ジャンル:ライフ

  1. 2006/08/17(木) 21:21:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飲酒履歴

12日
父親の見舞い(というか、もう治っちゃってるので快気祝い)と、先月亡くなった実家の犬の墓参り(というか、墓はないので位牌参り)の為に盆休みを利用して帰省。昼間は所用で立ち寄った渋谷でおそでさん親子と初対面。食事を済ました後に入ったファミレスで、ミニボトルの焼酎を見つけてテンションを上げようと飲酒!が、おそで親子のナチュラルハイテンションには勝てず煽られっぱなし…いや、予想以上にすごかった…そして、楽しかった。

1-h.jpg

夜は両親と共に実家近くの回転寿司『銚子丸』で生ビールをグビリグビリ…やっぱ、この店はいいなあ~皿が輝いて見えるよ!帰宅後は、父親に付き合ってウイスキーを飲みながら遅くまで手術経過等を詳しく聞く。

1-y.jpg


13日
父親の実家で親戚が集まるというので、久々に顔を出しに行く。ばあちゃんには年1回会ってるのだが、叔父叔母に会うのは弟の結婚式以来「太ったね~」「丸くなったね~」「もうちょっと痩せないとね~」「よっぽど山形のゴハンがおいしいのかねえ?」「うちの一族には、こんな大きな人はいないはず…」など口々に好き勝手言われるが、目の前に大量のビールがあるので終始ニコニコ顔。カミサンにばあちゃんとのツーショットも撮ってもらい、ゴーヤだのトウモロコシだのおみやげをたっぷり頂いて満腹で帰る。

2-h.jpg

夕飯は料理好きな父親がはりきってアレコレ作ってくれる…が、息子の好みより息子の嫁の好みが重視され、魚ばっかり…ま、いいよ、ビール飲み放題だからボクはそれで満足だよ。病み上がりの父はさすがに酒が弱くなり、水割り一杯でギブだったが、ボクとカミサンはおかまいなしにガンガン飲まさせていただいた。ちなみに母親はまったく酒を飲めない。

2-y.jpg


14日
両親と我々、弟夫婦の6人が揃い日本料理屋で父親の快気祝い。弟は見るたびに痩せてゆくな…昔はボクよりポッチャリだったのに…弟嫁は来年1月に出産予定、ちょっとお腹が膨れてきているがツワリはそれほど重くないらしく明るい表情、安産であることを願ってやまない。懐石料理をつまみながら生ビールを飲み干すと、冷酒を注文…これだけ毎日昼酒を楽しんでると「連休を満喫してるぞ!」って気分に浸れて嬉しい。睡眠もたっぷりとれてるので二日酔いもなく、いい感じ。食事会後、東京駅まで弟に送ってもらう…また車が変わってた。皮張りシートに最新式のカーナビ…ボロ軽に乗ってる兄としては、妬ましい限りなのでカミサンと2人で散々悪態をついてきた。

3-h.jpg

最終の新幹線まで時間があるので、いつもビデオチャットで晩酌してる仲間を呼び出し出発まで付き合ってもらう。時間限定だとわかってるから皆ハイペースで飲む飲む!おそでさんが初対面の時、額に『肉』と書いてきたのがおもしろかったので、皆でそれぞれ額に文字を書きこんで飲む飲む!バターコーンを爪楊枝でつつきながら飲む飲む!

3-y.jpg

わずか3時間でヘロヘロに酔い、皆に見送ってもらって新幹線に乗った。いや~肝臓よ、よくぞ3日間頑張ってくれた!そして、息子嫁としてカミサンも実に頑張ってくれた。ありがとう!

3-y2.jpg

 

テーマ:夏休み - ジャンル:日記

  1. 2006/08/16(水) 13:13:13|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四次元

P1020332.jpg

今日の愛妻弁当はケチャップ三昧だった。ウインナーにケチャップ、チーズオムレツにケチャップで、酢豚…食後「ハッ」と気づくと白いTシャツの腹にケチャップがデロ~ンとついているではないか!日頃、食らいこぼすことが少ないだけに自分の箸使いを過信し、最悪のタイミングでしくじってしまったらしい。「バカバカ!ボクのバカ!」思わず赤ちゃん言葉でもののしる「ダメでちゅね~ボクちゃん食べるのヘタでちゅね~」自分に言われても、これが一番ムカつく。悔しさに唸りつつ、濡らしたテイッシュでこすって余計にシミを広げ、どうしても駅の窓口にチケットを取りに行かねばならぬ用事があったので、開き直り「食いしん坊ですが何か?」って顔して炎天下の街を歩いた。

『四次元ポケット』を開発した人が食いしん坊だったら、きっと試作品の段階で『四次元ドンブリ』も作ってたはず。食べても食べても中身の減らないドンブリ…いい悪いは別として、ポケットよりインパクトは強い気がする。「ドラえも~ん!今日もジャイアンにいじめられたよ~」「しょうがないなあ…じゃあ、今日はこれを食べなさい『シャケとイクラのこってり親子丼』!北海道旭川で捕れた旬の鮭を素材に、銀座の老舗料亭“朝川”の板さんが腕によりをかけて造った逸品だよ。そして、何より注目なのはこの特製のタレ!たまり醤油に裏ごしした鮭の白子と本わさびが和えてあって、とびっきり濃厚!こんなの、ジャイアンはおろかスネオだって見たことすらないはず…これを食べて元気を出して!」「う、うん…」

そして1年後、『四次元ドンブリ』の恩恵をあずかったのび太はジャイアンより巨漢になっていた…
 

テーマ:ほんのりと怖い話。 - ジャンル:

  1. 2006/08/11(金) 16:16:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

POISONING

DSCN6076.jpg

ヨコチン中毒【懐古性笑壺失調症】

何らかの理由で極端に幼稚化してしまった笑いの壺に対し、絶えまなく刺激を与えずにいれなくなってしまう症状を総称して「ヨコチン中毒」と呼んでいます。名前の由来は「ヨコチン・ウンコ・ゲボ」などの幼稚な下品言葉からきており、決して「下着の端から性器を露出させることによって性的快楽を得る」とか「下着から一部分だけ露出されてる性器にしか興奮しない」という病気ではありません。

症状の初期段階としては「最近のお笑いは全然おもしろくない」「バラエティ番組を見てもクスリとも笑えない」「でも、家族・友人は大爆笑」「正月に見たバカ殿に涙を流して笑った」「その事を同僚に話したら引かれた」から始まり、ドリフのDVDや過去のバカ殿のビデオをヤフオクで買い漁ったり、宮藤官九郎脚本のドラマが好きだという同僚に『刑事ヨロシク』のビデオを「絶対笑えるから」と言って無理矢理貸して迷惑がられたり、でも何で共感してもらえないのかが自分で解らないまま、ズルズルとコミュニケーション不全に陥っていく…というパターンが報告されています。

「笑い」に関しては、他のエンターテイメントとちがい「自分も同年代の人達と同じモノをおもしろいと思わなくちゃ」と焦れば焦る程「笑えない」状態になってしまうという特性があります。その為、具体的な治療方法としては「ヨコチン中毒」である自分を受け入れるためのカウンセリングを中心としたものが一般的で、不眠・不安神経症等を併発してしまってる患者には安定剤などの薬が処方される場合もあります。
 

テーマ:スピリチュアルもの - ジャンル:ライフ

  1. 2006/08/10(木) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏夕暮

P1020719.jpg

山形の夏の風物詩『スイカ売り』の軽トラックが「尾花沢のスイカだよ~♪」と軽快に歌いながら今日も住宅街をノロノロ走っている。毎夏必ず一回は、わが社の会長が社員にこのスイカを振る舞ってくれるのだが、サービス精神からか大量に切り分けてくれるので、しゃがんでると食道からスイカ汁が逆流しそうなほど食べる事になる。んで、今日がその日だったわけなんだけど、例年どうり「もう今年はスイカ食べなくていいは~」って気分になっております。や~もうホント今年はいいや

『震災疎開パッケージ』ってご存知ですか?ボクも知らなかったんですけど、たまたまそれ関係の仕事に携わることになって「お~」と思ったわけですよ。年間5千円ばかりの出費で登録、もしあなたが住んでる場所で震災があったら一時的に(最長一ヶ月とか)被害の及んでない地方の温泉街などが、登録者の疎開を受け入れるという…東京生まれ東京育ちで、県外に親戚のいない人なんて関東大震災が起きたら逃げ場なくて大変なんだろうな…と思ってただけにこのアイディアには、いい意味でビックリ。年5千円が高いか安いかは微妙な所だけど、震災がなかった年は登録地方の名産品を送ってくれたりするサービスをしてる所もある。ただ、ひとつの地域での受け入れ人数が意外に少なく設定されているので、大規模な震災が起きた場合はどうなるんだろう…登録して毎年お金を振り込んでたのに、いざ疎開してみたら「定員オーバーにつき受入制限中」なんて事になってたらショックだよなあ…とりあえず、いまボクの手元にある資料ではわからないので、もう少し調べてみます。いや~しかし、おもしろい発想だなあ

Yahoo!辞書『震災疎開パッケージ』
 

テーマ:やまがた - ジャンル:地域情報

  1. 2006/08/09(水) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

妄想先進国

hitominonakani.jpg

先週から突然暑くなったので、バタバタと老人が亡くなっている。関東ではあまりそういう事を実感できなかったが、山形はやはり年配の方が多いので旧道などを走っていると花環の数で気候の急変が老体に与える影響力を感じる。先日は、同僚の近所のばあちゃんが畑仕事してる途中で熱中症で倒れ亡くなったそうな…あと、そうめんを食べてて亡くなった方がいるという話には驚いたな。『正月に餅』と対になりそうな季節感溢れる死因…失礼だが、そんなことを思ってしまう。「あんな柔いものが詰まりますかね?」何気なく口にしたが、事務のおばちゃんの「ちょっと乾いちゃうとうまくほぐれないべ、あれがかたまりのまま詰まったんでねか?」という素晴らしい推理に納得、思わず拍手した。

画像は出来心です。ヒマなわけではないのだが…
むしろ忙しい時こそ、こういう物を作りたくなるものですよね?
 

テーマ:宇宙 - ジャンル:

  1. 2006/08/08(火) 16:16:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

飲酒履歴

というわけで、先週末はポチあにきの誕生会で久々に『炙りやジョニー』の宴会コース!料理内容はちょっと変わっていたけど、肉!肉!肉!のボリュームは相変わらずでたらふく食べました!最近、すっかりビンビール派なボクですが、ここの生ビールは泡のキメも細かくおいしいので、安心して飲みまくり!2時間で生ビール10杯に、ジョッキのサワー系2杯の合計12杯をたいらげ、これだけでも会費はペイ…あにきとトランクも同じペースで飲んでたよ。

060805_1852~01.jpg
左:ジョニー 中左:カミサンは網奉行 中右:8杯目の生ビール 右:男子はみんな甚平着用

ちょっと気合い入れてお腹に詰め込み過ぎたので、店を出た時にはフラフラ…正直かなり具合悪かったんですけど、ここで終わるなんてとんでもない!今夜はとことんポチあにきのペースに付き合うつもりだったので(がっつり飲む為の言い訳)、次に行こう!次に!で、2軒目は『こちらマルトク漁業部』へ!運良く座敷き個室に通してもらえたのでちょいと横になり、カミサンがコンビニで買ってきてくれた“ウコンのチカラ”と錠剤ウコンを飲みリスタート!芋焼酎の水割りをチビチビやってるうちに調子も戻ったので、再びギアをトップに入れて飲みまくる。

060806_0004~01.jpg

飲んでく先から寺ちゃんが作り足してくれるので、ガンガン飲みまくり結局ボトル2本が空に…いつものように、ポチあにきは12時過ぎに寝てしまったので店先まで担いでタクシーに乗せておやすみなさい。残った5人は「どうする?」「もうちょっと遊ぼうよ」で意見が一致して、向かいのカラオケ屋へ…結局、朝方まで歌い騒いでタクシーで帰宅。いや~久々にみっちり遊んだ、酒乱も(多分)発動することなく皆でワーッと楽しい時間を過ごせて実に満足!

060805_2241~03.jpg
トランクに“日本酒ためし飲みセット”を飲んでる所を撮ってくれと頼んだら「1杯づつ味を顔で表現して」と言われ「そんなことできねーよ!」とボヤきながらも一生懸命やっている姿…やっぱできねーよ!

んで、次の日は当然のように二日酔いで夜まで廃人…でも、悔いはなし!
 

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/08/07(月) 16:16:16|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

箇条書き

P1020642.jpg

・実生活で「かたじけない」って言ってみたい。
・スカーンと底抜けに明るい日記を書いてみたい。
・とりあえず「スカーン」と書き出したものの、それきり何も書けなかった。
・「禿生さんて悩みなさそうで、いいですね」と言われてみたい。
・そして「そんなことないですよ~ボクだって人並みに悩んでますよ~」って返したい。
・最近、大きな耳クソが捕れない。
・耳の中がキレイなのか、奥にごっそり溜まってるかのどっちかだな…
・「空を自由に飛びたいな♪」「はい、お金」って言われてみたい。
・「空を自由に飛びたいな♪」「はい、覚醒剤」って
・「空を自由に飛びたいな♪」「はい、遺書」って
・「空を自由に飛びたいな♪」「はいはい(ため息混じりに」
・骨折した事がないのと、入院した事がないってのだけが自慢の人生。
・空気は読めるんだけど、どうしたらいいかはわからない。
・この世の生物の中で一番かわいらしいのは『猫』だと思っています。
・馬が埋まってる。
・猿が去る。
・犬がいぬ(先々週亡くなりました。
・飲食店からの依頼でライバル店に行き、
 食事中に嘔吐するという『吐き屋』っていう商売を考えた。
・食べた分だけ吐くのが1.5万+諸経費、食べた量より多く吐くのは3万以上+諸経費。
・横浜中華街なんて、あんだけ同じジャンルの店が並んでるんだから需要ありそう。
・うちのカミサンは顔を洗わずにファンデーションを塗っている。
・善悪の価値観は人それぞれなのだなあ…ってのは、実感しちゃうとそれなりにショック。
・ショック、ショッキン、ショッカー(3段活用)
お兄ちゃんの部屋から白い蟻が出てきます。
・『あなたのハンドル名を考えます』というコミュをmixi内に立ち上げたい。
・メンバーが依頼者のプロフィールや日記の内容から、適切なハンドル名の案を考えてあげるのだ。
・誰が依頼しても「ゴンザレス」としか提案しない管理人…ダメだろうな。
・『老人性痴呆拳』という拳法…すごく不謹慎だとは思うが、すごくイメージが湧く。
・2時間ドラマで渡辺いっけいがちょっと気弱な善人を演じてると、後半に本性が現れて結局犯人。
・「あたし、耳遠いかも」って言う女の人は意外に多い。
・飴を編んで鞭状にした『アメとムチ』っていう商品はどうだろう?
 

テーマ:宇宙文明 - ジャンル:サブカル

  1. 2006/08/05(土) 16:16:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飲酒履歴

先週末も飲み歩いてはいたのですが、写真を1枚も撮っていなかったのと記事としてまとめやすい飲酒ではなかったので、ズリズリと書き倦ねておりました。一緒に遊んだのは、2度目ましての志乃ちゃんと、3度目ましての寺ちゃん。久々に女性3人に対して紅一点ならぬ黒一点とでもいうべき布陣…まあ、そんな状況だからといって何か色っぽい思いができるわけでもなく、皆に染まってオバサ…いや、オネエサン化してグヘグヘ言いながら飲みまくっておりました。

志乃ちゃんも寺ちゃんもバツイチで妙齢の美人さんなのですが、カミサンが「うちのダンナは女性に相談されるのが大好きだから、何かあったら聞かせてやって」なんて煽るもんだから(や、嬉しいんだけど)「実はねえ…」と微笑みながらも、30代ならではのズッシリとした人生の苦悩が溢れだし、みっちりと…それでいて若者のように熱く価値観がぶつかりあうような事はなく、互いのスタンスを認めあった上での「ボクはこう思うけど」「あたしならこうするけど」みたいな会話を、時には笑顔で、時には真顔で交わしてまいりました。

そんなわけで、会話の内容を書ければアレなんですが、何しろズッシリだもんで無責任にネタにできるようなわけもなく…おかげであまり身のない飲酒履歴になっちまうわけでございます。が、しかし今週はアレです、ぽちアニキの誕生会があるので写真もばっちり、ネタもおそらくばっちりの予定。久々の生ビール飲み放題!ボク以上に暴走するであろうぽちアニキと、がっつり飲み比べてやろうかな!と思っております。いや~かなり楽しみだよ!

yoi.jpg

画像は、カミサンが記録した酔っぱらいの姿。

テーマ:あたしの存在 - ジャンル:心と身体

  1. 2006/08/04(金) 17:17:17|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脳内会議風景

jibunkaigi.jpg

「腹ワタが煮えくり返る」と言われるとドキドキするが、「菊ワタが煮えくり返る」と言われるとワクワクする。いや、「コンロの火を止めなきゃ」とも思うかな…季節はずれな話題だが、どうしても冬まで待てなかったのだ、タラにめんじて許してやってくれ。

昨夜はトランクさんと飲酒しながら、だらだらとチャットをした。随分前から話題になっている彼の引っ越しの話になったのだが、現在住んでいる中野区周辺はなかなか家賃が高く良い場所を見つけるのが大変だとのこと。「どうせ自宅勤務メインで毎日都心に通勤する必要ないんだから、船橋~市川あたりにすれば?思ってるより都内に近いんだよ」とか言いながら、2人で物件を検索してみたら激安物件がガンガン見つかってしまい盛り上がった。なんか、ボクが住んでた頃より全然安くなってる気がするんですけど…船橋法典駅徒歩圏内の1K(カウンターキッチン・ロフト・バイク置場付)で共益費込32000円!すごい!山形より安いよ!「2部屋借りて片方を事務所、片方を自宅にしたら?」「いいなあ~それ、いいかも~」なんて言ってたが、よくよく考えてみると、風呂とトイレとキッチンが2個づつっていらないだろうし、食器を取りにわざわざ自宅に戻って…とか地味に不便そうだ。やっぱ普通の2DKとかにした方がいいよ!

赤塚不二夫が植物人間のようになってしまいずいぶんたつが、赤塚プロの社長をしつつ週の半分は病院に泊まりこんで看病を続けていたという奥さんが、先月12日に急死なさっていたそうだ…大ファンだったというわけではないが、世代的に赤塚不二夫に対して思い入れのある者としては、妙に感情移入してしまってやるせない気持ちになる。もし自分が赤塚不二夫と同じ立場だったら…胸が張り裂けてしまいそうだ。
 

テーマ:熟年おやじの青春記 - ジャンル:恋愛

  1. 2006/08/02(水) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ONLY OF ME



歳の割に、今まで周囲から出産の報が聞こえてくる事が少なかったのですが、今年はやばい!マジやばい!そこらじゅうから「出産した」「妊娠した」という声が…一番驚いたのは、昔の同僚が突然「最近こんなの出ました」って赤子の写メを送って来たこと…いや、昔から「子供はあまり好きじゃない」って言ってたから、ちょっと心配(ていうか何ていうか)してたんだけど、いやはやなんだか嬉しかった。実弟の嫁(すなわち義妹)も、色々あったのを乗り越えて無事妊娠!ついに、ボクも叔父さんになるのか!そんなこんなで、我が家も焦りつつ本格的に…と言いたいところですが、今年はもう1回タイに行く予定があるので、それが済んでですかね。え?そんな呑気なこと言ってるからいつまでたっても出来ないって?はあ…

昨夜、まだテレビを見てるから…というカミサンを残しベッドに入ったのが深夜2時、「眠れないんだけど」と声をかけられ起こされたのが4時、半分寝たままでカミサンのひとり言のような話を聞いてたのだが、何故か理想の飲み屋の料理のことなんか語り始めやがって、ただでさえ空腹をごまかしながら床についたというのに…気づいたらカップ麺食ってました。午前4時半にカップ麺…だってここ一週間ラーメン食ってなかったからさ…そんで、腹が満たされたら寝れると思うじゃない?ところがどっこい、ボクはちょっとカップ麺の油をなめてたみたいね…や、なめてたというより飲んでたけどさ。胃がいい感じにもたれて寝れなくなってやんの…午前5時「あと2時間で起きて会社だ」と思いながら胃をさすってる時の気持ちわかりますか?いま、猛烈に眠いです…多分、カミサンは広くなったベッドで爆睡してると思う。泣きたい。

テーマ:旦那の日記 - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2006/08/01(火) 09:09:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3