禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AROUND THE WORLD

nanoka.jpg

七日町はずれの骨董屋(?)、以前から車で通りがかるたびにカミサンと「気になる」と話してた(付近に駐車スペースがないので気安く寄れなかった)のだが、ついに訪れる機会が…しかし、車窓から眺めたのではわからなかったが店内に並ぶ物はどれもホコリだらけで営業してるのかすら怪しい状態。店先の“どれでも百円”の食器類も長いこと雨ざらしになってるのであろう、手にとる事も(いい意味で)はばかれる。

nanoka2.jpg

無人と思われた店内(昼間でもかなり薄暗い)に目をこらすと、こちらを見てるおじいさんが!平静を装い声をかける「ちょっと、のぞかせてもらってもいいですか?」「・・・・」、ダメとは言われなかったのでソロソロと入らせてもらう。奥をのぞきこむと開いてた障子がピシャリと音をたてた…なんとなく、おばあちゃんがいた気がする。最近、酒器に興味があるので店内に雑然と積まれた陶器の中から徳利や猪口を探し、手に取って見る。古臭いながらも品のあるデザインの物が結構多かったが、何しろホコリが凄くて値段を聞く気にはならず…5分程見て回り帰ってきた。おじいさんは入口付近に立ちすくんだまま結局最後まで何もしゃべらなかった。
 
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアルワールド - ジャンル:

  1. 2006/05/30(火) 13:13:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

飲酒履歴

先週末は“やきとり二口橋”で、久々になおなおと飲酒。なんと、新年会以来だから半年近く会ってなかったのだ…身内に不幸があったり息子の幼稚園生活についてなど、この数カ月の密度濃い報告を聞きながら気持ち良く酔った。携帯電話を会社に置き忘れてしまい画像が全くないのが残念だが、いたしかたない。はじめてこの店に来たのはちょうど1ヶ月前頃、あの時は桜を見ながら河原を吹く風に震えつつ歩いたが、今は陽も伸びTシャツの背に軽く汗などかきながら向かった。カウンターに座り冷えたビールをキューッと飲み干すと、やはり寒い時期の10倍位おいしく感じた。

siro.jpg

先週の事だが、夕食後グウタラしている時にちょっと上体をひねったら腰のあたりに激痛が走り「バキバキ」という音が!なんじゃこりゃ?と思いつつ振り返ると脂肪の塊がドサッと…落ちてない落ちてない、そんな取れ方したら超嬉しいけど、とにかく痛みに耐えつつ「もしや、これがギックリ腰ってやつか?やべ~」なんて思ってたんだけど、痛い箇所がどうも腰というより背中…なんで背中が?と考えるも、思い当たるのは休みだった前日に2時間ばかり自転車でフラフラしてた事ぐらい。自転車で散歩してただけで筋肉が炎症を…どんだけ運動不足なんだよ!と自分にツッコミを入れた。今はどうにか痛みが消えてくれたけど、マジで何か運動しないとなあ…

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/05/29(月) 16:16:16|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガリガリさん

来月ついに、ガリガリくんの大人向け高級バージョン1本240円もするという『ガリガリさん』が発売になるそうですね!

syake.jpg

すいません、いま思いついたウソでした。悪気はないけど、多少の悪意は否めません…でも、ほんとに発売したら売れそうな気が…しませんか?イメージとしては、シャーベットとクリームがミルフィーユのように多層構造になってて、所々に氷粒がありシャリシャリガリガリとした食感で、あまり大き過ぎなくて、味は…シャンパンミルキーとかそんな感じ、パッケージはちょっとダンディな雰囲気のガリガリくんが、タキシードでシャンパングラスをかかげてウインク☆みたいな…どうよどうよ

kirin.jpg

ここ最近は『涼宮ハルヒの憂鬱』の事で頭がいっぱいです。毎日繰り返し『ハレ晴レユカイ』の動画ばかり見てたらカミサンが踊るようになりました。ビデオチャットしてるモニターのむこうで彩も踊ってます。中学生の時にアニメ大好きだった波多野幹治くんもハルヒ見てるかなあ?見てたらいいなあ~ちょっと気持ち悪いけど

hruhied.jpg

関係ないけど、そういえばボクって妹いるんだよ!弟の嫁!なんとか自然な理由で「おにいちゃん」と呼ばせる方法はないものか?ないよなあ…ていうか、こんな事を考えてると酔った席で「ボクの事おにいちゃんて呼んでよ~ね~ってば~グフグフ」とか言ってしまいそうで怖い!あんま考えんとこ…ちなみに義妹は美人です。

hoya.jpg

カミサンは相変わらずホヤばかり食べています。そういえば、毛玉工房が更新されております!今回ガッツリ仕入れてきたTシャツの評判も上々で、カミサンと2人で反響に大喜びしております。

ts.jpg

噂の99%カカオのチョコレートを食べてみました…地味にマズかったです。ウンコって苦いって言うじゃないですか?でも、この位の苦さだったら食べれるな…いや、ウンコこんなもんじゃないはず、こんな生易しい物じゃないよ。ウンコをなめちゃいけない、色んな意味で

cacao.jpg

テーマ:子宝グッズ・子宝情報 - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2006/05/27(土) 14:14:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

レストラン ろかーれ

住所:山形県山形市飯田西4-3-19【地図】
営業時間:11:00~21:30(ランチは15:00まで)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
テーブル:塩、コショウ、タバスコ
接客:特に気にならない
画像:日替ランチ(舌ビラメのムニエル・デミグラスソース)690円、ハンバーグランチ(デミグラスソース)900円

rokare1.jpg

色んなサイトで大盛りだ大盛りだと絶賛されてたので、期待し過ぎてしまったようです。たしかにゴハンは大盛りだし、皿は大きくデミグラスソースはたっぷりだけど、ムニエルもハンバーグもそれ程の量ではありませんでした。多分、メニューのチョイスも悪かったのかも…スパゲティとかカレー類が多いらしい。ランチも種類によってはすごいみたいだけど、舌ビラメじゃねえ…

rokare3.jpg

お味はかなり大衆的で、油も味も濃い目です。学生やサラリーマンを始め常連が多く、12~13時は裏の駐車場は常に満車状態です。ランチタイム中も禁煙はしてないから、そういうのが気になる人は注意が必要。

rokare2.jpg

再来店の可能性:△
 

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

  1. 2006/05/26(金) 15:15:15|
  2. 街の食堂消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

住所:山形県山形市小白川町4-18-1【地図】
営業時間:11:30~19:00
定休日:火曜日
画像:たこ焼き(10個)350円

fuku1.jpg

ある日、近所のさほど大きくない通りにたこ焼き屋さんができていた。あれまあ?と思いつつ物は試しと買いに行った。店内で食べる事もできるそうだが、どうせ近いのだからと帰宅してビニール袋を空けてみたらビックリ!これは、め組と同じ箱…慌ててフタを空けて確信、このカツオ節の量、このソース、間違いない「あの店、数カ月前に撤去してしまい閉店したと思っていため組のおばちゃんが新しく始めた店なんだ!」

fuku2.jpg

あいかわらずタコは大きいし、キャベツがシャキシャキでおいしい。「め組のタコヤキが山形で一番おいしい!」と豪語してたカミサンに奇跡の復活を告げると、おばあちゃんが生き返ったと聞いたかのように「ええっ!」と驚き喜んでいた。

fuku3.jpg

さっそくカミサンを連れて再訪、注文した後おばちゃんに「あの…このお店って以前、桜田コープでめ組を…」と言うと「あら、わかった?そうなのよ~」とちょっと嬉しそうな反応、なんでもこっちの方が住まいから近く広いので移転したとのこと。調子に乗って「ですよね~前の店、せまかったもんね~」と言ったら苦笑してた。「お住まいはあっち(桜田方面)なの?」と聞かれたんで「いいえ、この近くです。近くに来てくれたから嬉しくて」と言ったら「ありがとう」と満面の笑み。集客を考えると以前の場所より全然つらいだろうけど、頑張っていただきたい。あいかわらず、お持ち帰り用の焼き鳥も扱っていました。

再来店の可能性:◎
 

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

  1. 2006/05/26(金) 14:14:14|
  2. 小麦粉モノ消化機構
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

競馬場に行きたい

船橋に住んでいた頃は自転車で移動できる距離ってのもあって、よく競馬場で遊んでいた。今でもたまに行きたいと思う事がある…競馬をしたいわけではなく、競馬場でしか食べられなかったものが無性に恋しくなるのだ。なので、恨めしい気持ちを文章に託してブツブツとつぶやかせていただこうと思う。

中山競馬場、地下フードコートにある鳥千の『フライドチキン(310円』!揚げたてアツアツにカラシをいっぱいつけてガブリとかじると、サクサクの鳥皮と肉の間からジューシーな脂がジュワッと出てくる。ただし、かなり熱いので手渡されてスグにかぶりつくと口の中を火傷する。生ビールをすすりつつ、たまにチキンを唇にチョンチョンと当てて適温を探りながら食べ頃を見極めるのが楽しい。

 画像はコチラ… 中山競馬場グルメ

馬場内のスタンドにある北斗の『味噌ラーメン(530円』!モヤシとネギがてんこもりでボリュームたっぷり!麺は柔らかめで、スープはおそらく業務用そのまんま、味だけなら翠松楼のワンタンメンの方がはるかに上だろうが、競馬場内で量的にこれだけ満足できるメニューは稀なのだ。

 画像はコチラ… 中山の北斗の画像が無かったので府中の北斗

ところ変わって船橋競馬場、スタンド1階の売店の『あんかけ焼そば(400円』!鉄板の上の調理されたソース焼そばをプラスティックの器に盛り、その上にカレー風味のあんかけをデロ~ン!互いに単体でも個性派の料理同志が混ざると一体どうなるのかというと…どうにもならずにボヤ~ンとした味わいに…でも、これが一緒にスタンドで買ったレモンサワーと妙に合うんだよなあ。

 画像はコチラ… 船橋競馬場グルメ

同じくスタンド1階で売られている、串に刺した『モツの味噌煮(100円』!茶褐色の大鍋でグツグツと煮えているのは、シロ(白モツ)と、クロ(レバー)の2種類で、赤エンピツを耳にひっかけた親父達は競馬新聞から視線をはずさぬまま「シロとクロ」とぶっきらぼうに注文し、かじりながら歩いてゆく。これには、やはりホッピーが合うだろうなあ…ああ、うまそう。船橋競馬場は他にも個性的なメニューがアチコチにある。串に刺して焼いた大判のさつま揚げ、肉豆腐やおでん、何故か余所では見た事ない細長い瓶ビールなんてもあったっけなあ…

kiri.jpg

今となってしまっては、たまに里帰りしても予定ギッシリで競馬場でノンビリとビールを飲んでる暇なんて無いけど、10年後に行っても同じように食べれるかと想像すると不安だ。昔つきあってた女性の名前が思い出せず、カミサンに「あんたは冷たい男だ」と言われるくらい記憶力に自信の無いボクだが、こういう話はスラスラ書けるから不思議。目をつぶればいつでも記憶の中の美しい思い出として、フライドチキンの油がキラキラと輝いている。
 

テーマ:ファーストフード・メニュー♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2006/05/23(火) 15:15:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

飲酒履歴

土曜日はポチあにき・カミサンと共に、先週行ってすっかり気に入ってしまった居酒屋“やきとり八起”に再訪してきた。相変わらず店内はガランとしていたが「こんばんわ」と言って暖簾をくぐると、おばちゃんが「あら」と言って明るく微笑んでくれた。今回は先週の反省を生かしてビールと餃子からスタート。カミサンが「おとうやんは日記で餃子に春雨が入ってるって書いてたけど、コレは春雨じゃなくて細かく切った野菜だよ」と言うので、注意しながら食べてみたら確かにそんな気もした…普通間違えるかね?と思うだろうけど、似てるんだよな…是非お試しいただきたい。酸味があって不思議な餃子…でも、おいしい。

yaoki10.jpg

カウンター内の棚に一升瓶の焼酎がズラッと並んでいるのだが、ポチあにきは入店してからズッと熱い視線を這わせっぱなしで、我々と会話していても目線は棚のラベルを凝視しつつウンウンと相づちを打ち、会話が途切れるとおばちゃんに「これはどこの焼酎か?」「何の焼酎か?」と熱心に質問している。案の定、ビールを1本飲み終えると棚から黒糖の焼酎を出してもらいロックでグビリといき、満面の微笑みを浮べている。

yaoki11.jpg

レバー・ハツは相変わらず、塩で焼いてもらったタンもおいしかった。3杯目の焼酎を飲みながらポチあにきが「いい店だなあ~幸せだなあ~」とトロンとしている。おばちゃんが「よかったら食べて」と、ワラビのおひたしを出してくれる。大ぶりなのにスジがなくて何とも美味…3人で「うまいうまい」とついばむ。ほんとは、ここで軽く飲んだ後は“浅葱”か“にこみや”に移動しようかと考えていたのだけど、ポチあにきに提案したらヤンワリと…しかし力強く「ここがいい」と拒否されたので、それなら今日はここでみっちり飲むかと同調し、我々も焼酎に移行した。

yaoki12.jpg

お客さんは途中で年配の夫婦が1組と、以前別の居酒屋で何度か会った事のある方が1人でフラッと入って来たりして、おひさしぶりの噂話なんかをした。GWに初対面の人ばかりの飲み会をして失敗、その事が悔やまれてしょうがなかった…という話をポチあにきにしたら、カラカラと笑い「気にしすぎだよ~」と言われる。ボクは元来から気に病む性分なので、他人にバッサリ斬られるとヘソを曲げてしまいがちだが、ポチあにきに言われると「だ、だよね…」と思えるから不思議だ…いや、不思議じゃない、ほんとにどうでもいいことで悩んでおるのだから…

yaoki13.jpg

若い頃は自分の優柔不断さに振り回され、必要以上に思い悩んで生きてきたが、今は悩む事を自分の『趣味』だと思っている。なので、心や時間に余裕のある時は、思いっきり悩む事を楽しむ。でも余裕の無い時は(やや投げやりな感はいなめないが)にスパッと決断する。こうでないと、周囲の人に迷惑をかけてしまう事になるからだ。特に時間的制約が無いのをいい事に、いつまでもグジグジといじくってた悩みを捨てられるのは、友のこんな一言なのかもしれない。結局、12時近くまでカウンターでグヘグヘと笑い、おばちゃんに「あら、結構飲んだわね~」といわれるくらいの会計を済ませて帰途についた。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/05/23(火) 11:11:11|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ちん豚

住所:山形県山形市城西町4丁目20-30【地図】
営業時間:11:00~14:15 17:00~21:00
定休日:火曜
テーブル:醤油、唐辛子
接客:寡黙ながらもいい感じ
画像:とんかつ定食(1,100円)、カキフライ定食(750円)

chintou1.jpg

そのなんともクラシカルな佇まいと、友達の「あそこ、おいしいよ」という情報から行ってみようと心に決めてはいたものの、お気に入りの店を回るのに手いっぱいでなかなか訪れる機会がありませんでした。んで、こないだの週末、あてにしてた店が3ケ所ほど行列ができてたりなんだりで入れず途方に暮れてたところ、たまたま通りがかって「ここだ!」と…そういうわけでやっと来訪!やっぱりいい店だった!

chinton3.jpg

とんかつ定食は、厚みがあってギュッとしまったロース肉のとんかつ。内側がほんのりピンク色なのが嬉しい火の通り具合で、何より特徴的なのがコロモ!最近流行りの『サクサク』とした軽めのモノではなくて、固めで香ばしく『ザクザク』とした歯応えで実に美味。だから、キャベツと一緒に盛ってあっても下に金網なんかひかなくても最後の一切れまでザクザク感が味わえます。ほっくりしながら粒のしっかりとしたご飯は山盛り!ソースと味噌汁はノーマル、タクワンも山盛り、大根オロシもついてるからオロシ醤油で和風にいただく事もできます。

chinton2.jpg

カキフライ定食は季節物なのかな?メニュー表には無く、壁に品書きが貼ってありました。やはりザクザクのコロモで中身はプリッとした牡蠣がトロ~ンと出てくる。頭も丸ごとフライされてるエビも小ぶりながらいい感じ。このボリュームでこの値段なら、かなりのお値打ちである事は間違いなし!

chinton4.jpg

他のメニューは、ヒレかつ定食(1,200円)、かつ丼(750円)、鯵フライ定食(750円)等…あと、この店の名物メニューのエビフライ定食(時価)は大体2,000円以上ぐらいでスンゴク大きいらしいですよ!外観から思ってたよりかなり小奇麗な店内を切り盛りしているのは年配のおばちゃん2人、しっかり揚げているので多少時間はかかるけどお客さんの方もそれを心得ているようで、のんびり待ってる雰囲気がいい感じだな…と思いました。

再来店の可能性:◎
 

テーマ:オーガニックライフ - ジャンル:グルメ

  1. 2006/05/22(月) 13:14:28|
  2. 街の食堂消化機構
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

改造への躍動

先日の事だが、近所の公園にポツンと1本だけたっていた巨木が突然切り倒されていた。いたずらとかではなく行政からの要請で業者が行ったものだが、何の前触れも無く身の回りの巨大な…なんつーか…目印?みたいなものが無くなると、意外な喪失感があるもので「何の断わりもなく勝手に切るなよな!」みたいな気持ちになる。別にボクの所有物ではないので、断わりを入れてもらういわれはないのだが何とも釈然としない。まだ、ここいらに3~4年しか住んでないボクでさえこんな風に思うのだから、この付近で長く暮してる人にとっては…あいや“子供の頃からあの木を知ってる”みたいな人にとっては、やるせない思いで胸がいっぱいだろうに…まあ、そういう人に会ったというわけではないので、あくまで想像にすぎないんだけどさ

kyoboku.jpg

ところでみなさん、You Tube 見てますか?ボクは見てます。
最近、晩酌中はTVを消してもっぱらYou Tubeで過去に好きだったアーティストの名前を検索しまくって、泣いたり笑ったりしております。ボクは主に10~20年前のPVや、テレビ番組なんかを漁っておるのですが、ほんとに信じられない…世界中で自分を含めて1000人くらいしか(大袈裟)知らないんじゃないかなあ?なんて思ってたアーティストのPVなんか見つけた日にゃ、嬉しさで心臓が爆発しそうになりますね。しかし、ひと昔前にはコンピューターやネットワークが発達した未来に、こんな娯楽が生まれてくるなんて思いもよりませんでした。てっきり未来の世界のTVモニターには最先端のソフトが溢れ、過去のジャンクな音や映像なんか無かったもののように忘れ去られてゆくものとばかり思っておりました。それが、まさか実際21世紀になった今モニターに写ってるのが、夜ヒットでレイダーマンを歌う戸川純だとは思いもよらないじゃないですか!疑似ロボット高性能、識別不可能ですよ!マジでマジで!

jt.jpg

特に、ボクにとって興味深いのはヒカシューとかP-MODEL、ムーンライダースみたいな自分が好きだったミュージシャンがリスペクトしていたバンドの全盛期の映像を見るのができた事です。ここらへんのミュージシャンズミユージシャンのような方達って、よくインタビューなんかで話題になる事はあってもソフトとして流通にのる事も稀だし、でも個人所有のビデオテープの中にはあったりするじゃないですか?それが見れる!っていう…これは間違いなく『たまらんオブザイヤー』受賞ですよ!世界中からクレームが殺到して、閉鎖の噂も流れておりますが末永く無法地帯として…いや、無理だろうなあ

You Tube まとめサイトのまとめ
http://news4vip.livedoor.biz/archives/50649839.html
 

テーマ:宇宙文明 - ジャンル:サブカル

  1. 2006/05/19(金) 16:16:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

野菜以上脂未満

yasai.jpg

昨日はカミサンがバイトだったので、作り置きしてってくれたナスの煮びたしと共に自分で、完熟トマトをオリーブオイルとドライハーブでグワーッってやったのと、春キャベツをゴマ油でジュワーッとやったやつで夕飯を済ましました。トマトのはチーズとか入れるとおいしくなるのはわってたけど、カロリーカロリーと思いながらグッとガマン…野菜ばかりのヘルシーメニューだわ~なんて満足してたのですが、深夜にテレビ見てたら頭の中がカップ麺に支配されてまして、気がついた時には瞬殺ならぬ瞬食しておりました…唖然。やっぱ、野菜だけだと腹モチ悪いから食べ物の出てくるテレビ番組や本や雑誌を見てはいけませんね。まあ、ボクの周りにはそんなものばかりが溢れてるので、かなり困難ではありますけど。自責の念に耐え切れずに40分ばかり夜歩きしてきました。

takenoko.jpg
左:大家さんにもらったタケノコ 中:毒 右:たとえ眠くても食事中は側でジッとしている

そういえば、ボブ・サップがオランダでのK-1の試合前に会場を逃げ出してそのまま行方不明に…という事件が日曜日にあって、いま格闘技系のニュースサイトではそれに対する憶測が飛びまくってますね。アーネスト・ホーストの引退試合であり、過去に2度負けてるホーストにとってはリベンジする最後のチャンスという、重要な試合を台無しにしたって事で、K-1側では賠償請求も考えているとのこと…何でも試合直前にK-1谷川プロデューサーに試合拒否をチラつかせながら無理難題を吹っ掛けたらしいんですが、その内容が「PRIDE参戦の容認」とか「作り試合の拒否」だとか色々言われています。まあ、谷川プロデューサーもコメントで「契約上に関わる事なので詳しく話せない」と濁しているので、あらぬ噂が錯綜してしまうのも無理ないのかもしれませんが…

サップ逃げた、前代未聞!試合30分前

気になるのは、ドタキャンしたサップがその後、ホテルにも戻ってないしチェックアウトもしてないという事実。これはよっぽどの緊急事態ですよね…ちなみに、サップの中の野獣がナリを潜め一転してビビリキャラになってしまったのは2年前、2004年5月のROMANEXでの藤田戦以降…それまで昇り調子でK-1、総合、プロレスとギッシリと試合予定の入ってたサップだが、この試合の直後にプロレスのタイトル戦を投げ出し緊急帰国!1ヶ月後どうにかなだめられてK-1に出場するも、試合途中でセコンドのサム・グレコに「I can't no more !」と泣きついたのは有名なエピソードです。個人的には、サップ、そして曙なんかもリアルファイトから足を洗って、これからはエンターテイメントの世界でファンに夢を見せて行く…っていう、そんな潮時のような気がしています。

格闘技関係のニュースでもう1つ。昨日のyahooニュースでもトップで扱われた、女子キックボクシング軽量級チャンピオンのひき逃げ事件ですが、多くのマスコミが確定した事件として報道している中、スポーツ報知ではこんな記事が

キックの女王ひき逃げ逮捕!アリバイ主張

ずっと冤罪を主張していた容疑者が、逮捕された途端に罪を認めるっていう…事実がどちらかはわかりませんが、あまりに他社の報道が“罪を犯した女性チャンピオン”ってとこに照準を絞り過ぎてるんじゃないかなあ…と感じたので「こんな話もありまっせ」と貼りたくなった次第でございます。
  

テーマ:愛・地球博&モリゾーとキッコロ - ジャンル:サブカル

  1. 2006/05/17(水) 16:16:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二日酔い

日曜日に「あれ?いつの間に寝たんだろう…」と思いながらバリバリの二日酔い状態で目を覚まし、トイレにて排尿を済まし茶の間に敷かれたフトンに戻ると、何故かそこに昨夜はいていたはずの黒ブリーフが…ゲッ?と思い今はいてるパンツを見ると赤ブリーフ!ん?あれ?また何かやっちゃったのか??と思いながらフトン周辺を調べるが、粗相した様子はない…ホッとしつつも寝室のベッドで寝ているカミサンに確認「ボク、昨日とパンツがちがうんだけど…何かやった?」「は?ナニ?」と怪訝そうに目を明けるカミサン「あたしは知らないけど…」「そうか、だったらいいんだ(ホッ)もう一度寝てください」ボクもフトンに戻って二度寝に入りました。その晩、2人で色々と推理をめぐらせたのですが結局本人の記憶は全く戻らなかったので、一番説得力のあったカミサンの推理『爆睡中に尿意を感じてフトンの中でパンツを脱いだ→どうにか起き上がりトイレで排尿→終えた後にパンツがない事に気づく→タンスから新しいパンツを取り出し→はいてフトンに戻った』を“暫定的な真相”という事にして一件落着といたしました。怖い怖い…

そういえば、浅葱で飲んでる時にたまたま男性のパンツ話になったら、常連の年輩のおとうさん(昨日の日記に写ってる方)が、ベルトをカチャカチャとはずし「オレは黒ブリーフ!(パンツどーん!」それを見たボクが「え、いや、え、ボクも黒ブリーフ!(パンツどーん!」そしたら、カウンターの中にいたヤッちゃんも「オ、オレも黒ブリーフだよ!(パンツどーん!」で全員で「ガハハハハハ!」3人のオクサン達も一緒に笑ってましたが、お1人で来てた女性は気まづそうに苦笑いしてましたね…いやあ、スマンスマン。その後は当然、黒ブリーフの素晴らしさについて皆で語り合い、トランクスの不粋さをコキ降ろし、がぜん機嫌良くなったおとうさんは「よ~し、全員に日本酒ごちそうしちゃうもんね!」「わ~い、ありがと~」って…そりゃ、歩けなくなるまで酔うわ

ボクの中でトランクスっていうのは、多感な少年時代に自分のセクシャリティやコンプレックスを隠したいという自意識が具現化された下着だと思っているので、白ブリーフから黒ブリーフへと至る道程の中でいうと“サナギ”みたいなね…だから、みんな早く黒ブリーフはいて大人になろうよ!みたいな…ここいる男は全員黒ブリーフだ!ってだけで気が大きくなりそんな話をしていた記憶がありますが、一般社会ではあきらかに我々の方がマイノリティである事はいわずもがな…でも、楽しかったなあ。

kouraku1.jpg

テーマ:メンタルポエム。 - ジャンル:心と身体

  1. 2006/05/16(火) 15:15:15|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飲酒履歴

土曜日はカミサンの具合もだいぶ良くなったので、ちょいと街に出た。とにかく頭の中が大衆居酒屋で満たされていたのでどの店に行こうか悩んだのだが、1軒目は久々に新規開拓してみようという話になった。繁華街の裏通りをキョロキョロしながら歩き、以前から気になっていた1軒の焼き鳥屋を指差し、カミサンに「ここはどう?」と聞いたら「何年か前に1度来たじゃん」との事、「で、どうだったんだっけ?」「お店の人が、常連の人達と妙に仲良過ぎて居づらい感じでスグ出てきちゃったんだよ…」そう言われてみれば、ボンヤリ記憶が…店主がズーッと常連客とおしゃべりしてて、メニューにない料理なんかを振舞ったりしてるのを横で見ててちょっと嫌な気持ちになり、ビール1杯で出て来てしまったような気がする。結局、もうしばらく歩き小さな交差点の角の“八起”という名の焼き鳥屋に入る事にした。

yaoki1.jpg

カウンターだけの小さい店内は薄暗く、お客は1人もいなかった。「いらっしゃい」テレビでサッカー中継をみていた年輩のおばちゃんがこちらに顔を上げながら言う。メニューはシンプルに、焼き鳥4種と餃子、ビールと日本酒という木札が下がっている。注文した瓶ビール(600円)と共に小鉢が運ばれた、お通しは厚揚げの煮物。特にインパクトはないがしみじみと美味しい…カミサンなんかあっという間に食べ終えていた。いま思えばおかわりすれば良かったなあ…レバー(70円)とハツ(70円)をタレで注文。格安だったので期待はしてなかったが、スーパーの惣菜などとは違うちゃんとした「お店の味」だった。ビールがなくなったので熱燗(450円)を注文。炭火の焼き台に乗せられたヤカンで、おばちゃんが火加減を調節しながら燗をつけてくれてる…燗つけ機からジョボーっとつがれるのとちがい何とも贅沢な気持ちだ。「ぬるかったら言ってね、温めなおすから」そう言われて渡されたお酒はホントにぬるかったが、いい気分だったので「大丈夫です」と言ってしまった(おかげでその後もずっとヌル燗だった…)。

追加で注文した餃子(300円)は、丁寧に手造りされた小振りの物で、カウンター内のホットプレートにラードをひいて焼いていた。ぎっしり入った具に春雨が混ざっていて、これもおいしい。サッカーを見終わったおばちゃんに「最初にビールと餃子で、後から日本酒と焼き鳥ってのが正解でしたね」と話したら笑っていた。次回は絶対にその作戦でいこうと思う。お酒のおかわりを頼んでお手洗いの場所を聞いたら、なんと厨房を通過した2階にあるという。家庭のキッチンと変わらない小さな流しを通り、せまくて急な階段を昇ると真っ暗な2階にポツンと座敷きがあり、手前に手洗いがあった。用を足しながら窓の外を眺めると、よく知った道の新鮮なアングルに心動かされるものを感じた。小さな居酒屋~厨房奥の細い階段~生活感のない小さな座敷~なんて連想すると、つい青線なんかを思い浮かべてしまうが(カミサンは「つげ義春の漫画に出てきそうな…」と言っていた)、年季が入っていながら清掃のいきとどいた室内には凛とした空気が漂っていた。

asagi1.jpg

酔いが回って口も滑らかになり、おばちゃんとお決まりの千葉話などをした。以前は毎年のように房総の海に行っていたとか…「館山まで行くと海もスゴク綺麗でね」なんて言いながら中空を見やるおばちゃんは、そのまま脳内で回想シーンがはじまっちゃったようで、しばらく遠くに行ったままだった。大きめの徳利を3本空にして、常連のおじさんと入れ違いで店を後にした。カミサンの調子も良さそうなので、久々に『浅葱』に(ちょっとだけ)顔を出そうという事になり寄ったのだが、顔なじみのお客さんなどもいて盛り上がり、結局3時過ぎまで飲みまくりベロンベロンに酔って帰る事になってしまった(当然、帰り道の記憶はない)。翌日、ゾンビのようにカクカクとしか動けないボクを連れて帰るのがいかに大変だったか…とカミサンがあきれながら話していた。1軒目まではいい感じだったのになあ…

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/05/15(月) 17:17:17|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

晩酌履歴

20歳位の時は割と日本酒を飲んでいた気がする。あの頃はまだ現在のような辛口ブームなど無くて、甘く「水のような」と形容されるような酒が流行っていた。越乃寒梅はすでにかなりの人気で、微妙に名前をマネた類似品がずいぶん出回っていたように覚えている。当時はまだ酒の飲み方なぞ分からなかったから、とにかくツマミを食べまくってその合間にズビズビとススって酔えれば何でも良かったのだが、ビールを「ノドごしで飲む」という楽しみを覚えてからは、料理そっちのけでとにかくグビリグビリと飲みまくるのが快感になってゆき、強い酒からはどんどん遠のいてしまった…

sake11.jpg

最近になってグビリグビリに体がついていかなくなっているのを感じ、去年あたりから焼酎を色々試してきたのだが、それでも結局炭酸じゃなくなったってだけで、氷や水で割ってグビグビしてるに過ぎず体への負担はあまり変わってない気がした…

kyuuri.jpg
左:タイ風インスタント汁なし麺 中:キュウリ浅漬 右:炒飯

で、ここで日本酒ですよ!香りに濃さと強さがあるから気安くグビグビとはいけないし、熱燗とかだとスグにフワ~ッとなれるから、自分の酔い具合を実感できる!ビールとかチューハイのような冷たい酒だと、あまり酔いを実感できないうちにガンガン飲めて、後からガツーンと回ってくるじゃん?スグにフワ~ッとなっても、様子を見てるうちにスーッと醒めてくれるのも素晴らしい!というわけで、これからは日本酒ですよ!

でも、量たくさん飲んじゃったら何でも一緒なんだけどね…
  

テーマ:アニメ - ジャンル:日記

  1. 2006/05/13(土) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩酌履歴

試験勉強しなきゃしなきゃ!と思ってる時に限って、普段は絶対しない部屋の掃除に熱中しちゃうのと同じようなもんだと思いますが、居酒屋に行けないと思うと行きたくてしょうがなくなったりするわけで、めずらしく家で燗つけたりなんかして晩酌。んで、夜8時にはウトウトと居眠りしたりなんかして…このまま風呂入って寝ちゃえば健康な生活なのかもしれませんが、1時間程で復活、中途半端だった夜飯を食べ直したりするから太っちまうんでしょうな。

beer1.jpg
ビールはやっぱりキリンが一番好き!でも、生はモルツを扱ってる店が一番安定してる気がする

カミサンも洗濯物を畳んだり、明日の弁当の下ごしらえをしたり元気に動いてたんですが、ベッドに入るって頃になると又ゲホンゴホンと咳が始まり苦しそうに…朝も咳込む音で目を覚ましました。カミサンが具合悪くするとすぐにうつってしまうゼニも昨日から吐いてるし、困ったもんですたい。ですたいと言えばアレですよね、アレ…え~と…

beer2.jpg
左:ジャーマンポテト 中:松前漬けアレンジ 右:ナスのナポリタンスパゲッティ

ん、何でも無かったや
   

テーマ:禁煙日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/12(金) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不健康診断

GWに休日出勤したので、昨日はその振替休日。しかし朝、普段と変わらない時間に起きて市の健康診断に…会社で健康診断とかやってくれないから、休み取って自腹でってせつないなあ…と思いつつもかれこれ1年以上血液検査もしてないので、お年寄りに混ざって公民館に並んだ。とりあえず尿に「糖」の反応はなかったようで、ホッとひと安心。帰り道に美容室で髪を切ってもらうが実に変な髪型にされてしまった。前回は上手だと思ったのになあ…きぐしねえです。

ここ数日セキが止まらず、昨夜は一晩中ゴホンゲホンといってたカミサンを病院に連れて行く…いつも混んでる内科で診察終わるまで2時間、ボクも昨夜はほとんど寝れなかったので居眠りなどしつつ待つ。結果はなんと気管支炎だそうな!たまたま休みで、病院に連れてこれて良かった…今日は植木市の最終日だったので午後から行く約束をしていたのだが、これでは無理だ。なんだかんだ5年間も行けずにいるのは運がないという事かもしれないが、来年こそはご縁がある事を願い諦める。食欲はあるというので、久々に「かかし」で焼肉食べ放題!さすがに平日は空いててノンビリできる…料理のレベルも地味にアップしてて嬉しい。脂身の多い薄切り豚肉、たっぷりの大根おろし、塩ダレ、スパゲティボロネーゼ、蕎麦汁に中華麺、チープな味のゼリー等が印象的だった。

kakasi.jpg

帰宅後、太田和彦の本を読みながら「飲みに行きたいなあ…」と悶々。前日から植木市の帰りにどっかで煮込みと燗酒をキュッと…なんて思ってたので悲しさもひとしお。土曜日までには気管支炎が良くなってくれるといいなあ…でも病み上がりにタバコ臭い居酒屋なんて心配だしなあ…どうしたもんだろうか。自宅で晩酌するかなと思い、夜半過ぎに買い物に出た時にスーパーで日本酒を見るがピンとくるものがない。近所に良い酒屋があるので、後日そこに訪れた方がよさそうだと考え購入を断念。夕飯は主食抜きで、野菜中心にポリポリと…甘ったるくなくて最近気に入ってるタカラ缶チューハイのハイボールでホロ酔い気分になり就寝。
  

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:日記

  1. 2006/05/11(木) 17:17:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全国ドブ自慢大会

dobu1.jpg

山形に移住するにあたって“ドン”と背中を押された事のひとつに「ドブを流れてる水までキレイ」ってのがある。千葉にいた頃は、森に囲まれた田んぼの脇をサラサラと流れる小川でさえ、洗剤で白濁した汚水で、川底にはヘドロが溜っていた。清流なんてテレビの中か、自分の生活圏から遠く離れた場所にしか存在しないものだった。

dobu2.jpg

ところが、山形では街中のドブにまで透明な水が流れている!いや、汚い場所もあるだろうけど「キレイだなあ…」と感動することの方がはるかに多い!それを自慢するための画像を貼った事をもちまして、本日の日記にかえさせていただきます。ご静聴ありがとうございました!

dobu3.jpg

テーマ:グローバルインベストメントエージェンシー - ジャンル:日記

  1. 2006/05/09(火) 16:16:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

海鞘履歴

最近、カミサンのブームは「ホヤ」!
ホヤに関してはかなり熱く語りたがるし、
食べ物の趣向もホヤを軸にして選り好んだりする。

060508_0003~01.jpg

自分で捌いたホヤをツマミに
冷やの日本酒をキュッと飲み干し
「おとうやんはホヤ食べれないなんて、ほんとに不幸だなあ…」
なんて呟いてやがる。

三十代になってから親父化が加速してきた気がしてならない。
  

テーマ:メイドさん日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/09(火) 15:15:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

GW履歴:後半

5/6
朝イチで実家から荷物が届く、中身は惣菜の数々…休みの間に両親が作ってくれたとの事、ありがたい。早速、朝メシにいただく…歳を取るごとに実家の味が胸に沁みるのを実感。

こないだ飲んだ時に半田くんと話していて、我が家に5年間放置してあるカミサンのモンキーの修理を引き受けてくれるという申し出に甘えさせていただく事になったので、半田家ガレージまで車で運搬。「よろしくお願いします」と渡してそのまま帰ってくるつもりだったが、お茶でもどうぞとの事だったので上がらせてもらい、ケーキだのコーヒー、キュウリ、シュークリーム、お茶だのを御馳走になった上に、烏龍茶と乾麺をお土産にいただく…恥ずかしい事にお願いに伺ったこちらが手ブラですっかり恐縮してしまった。しかし、裁縫番長な半田くんのお母さんと猫の話なんかをしながら、居間でキュウリをかじってると妙に穏やかな気分になれて楽しかった。

帰りがけに又しても温泉に行き、サウナで汗を流す。家に向かう車の中で、一昨日の宴会について「ああすれば良かった、あそこがいけなかった…」とカミサン相手に愚痴ってたら、さすがに「まだ気にしてるの?たかが飲み会に…」みたいに言われるが、ボクにとって飲み会はそれぐらい大事なものなので今だにこないだの事が悔やまれてならないのだ。ボクの中の鬼コーチが「こんな試合運びじゃ県大会なんてとても無理だ!やる気ないならやめちまえ!」みたいに激怒している。勉強やスポーツにこれぐらい執着できたら、もっと違う人生を送ってたんだろうに…

chizu.jpg
チーズもち、マジやばい!マジうまい!セブンイレブンで売ってます!

夜半過ぎ、カミサンの友人から突然電話があり、遊びに来る事に…離婚して女手ひとつで子育てに仕事にと頑張ってる彼女の相談に、たまにメールで応じていたのだが、直接会うのは1年ぶり。ビールを飲みながら最近の展開についてみっちりと話す。ボクも一応バツイチの先輩としてぶっちゃけられるものは全部ぶっちゃけておいた。基本的に暗い話に終始してしまったが、深夜3時過ぎまで語り明かし、彼女は「楽しかった、ありがとね」と言って帰宅。切羽詰まっていた1年前より、表情が柔らいでいたのが印象的だった。大変だけど、どうにか頑張ってほしい…

syabu.jpg

5/7
雲行きの怪しい空を眺めながら「GWの5日間、身体動かしたのは初日の散歩だけか…」と暗い気分で本を読みながらダラダラ…カミサンは「風邪気味ぽい」と言ってベッドから出てこようとしなかったが、昼過ぎのTV番組で寿司屋の特集が流れだしたら「寿司行く?寿司行く?」と突然元気になり、着替えだした。久々に西バイパスの栄助寿司で食事…やっぱりここの店は素晴らしい!連休前に北ジャスコ近くの店舗に行ったけど、あそこはヒドかったなあ~乾いたシャリの上で変色したネタが反り返っちゃってんの…何故かカウンターに仕事を覚えてないバイトが何人も入ってるし、待ってる客をさばくのも驚く程ヘタ!悲しい気分にさせらてしまう店だった。

食事の後は、スーパーや薬屋、本屋、100均を回り帰宅。良い生ラム肉が手に入ったので、カミサンと2人してキッチンのコンロ脇で立ったまましゃぶしゃぶ。西原理恵子の「毎日かあさん3巻」を読んで、しんみりしつつ眠りについた。
    

テーマ:ゴールデンウィーク - ジャンル:日記

  1. 2006/05/08(月) 16:16:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW履歴:前半

5/3
疲れのたまってるカミサンは起きる気配がないが、あまり天気がいいので1人で散歩に出る…写真を撮りながら裏道をテクテク。小腹が空いたのでコンビニに入ると、常々「行きたい!」と思っている昔好きだった千葉・東金のラーメン屋“ぐう”のカップ麺があり驚愕!思わず買って、その場で湯を入れ近くの公園へ…ほんとは河原で食べようと思ったのだが、あまりの人手に断念。味はまあまあ、思ったより悪くなかった…何故か陶器製のレンゲがついていた。

帰りに来週月曜日発売のジャンプを並べてるクリーニング店を見つけて、これまた驚愕!店の奥から出てきたおじいちゃんに「こ、これ、売ってくれるんですか?」「…はい」「普段て何曜日に売り出してるんですか?」「…土曜日」「!!」家に帰ると早速、ジャンプ仲間のぽちアニキに報告した。

カミサンが起きて来たので、疲れを癒そうと温泉に行ったらGWの影響で激混み…でも、サウナで汗を流し帰ってくる。夜はテレビでHERO'Sを見て、その後は本田夫妻とビデオチャットしながら晩酌。ボクは途中で寝たり、起きたり、隣の部屋で本を読みながら参加していたが、カミサンと彩はみっちり語り合い結局朝までチャットしていた。

guu.jpg

5/4
昼過ぎに起きて、炊事・洗濯・洗い物等の家事をした。18時から「やきとり二口橋」で実に異色なメンバーでの宴会を催す。カミサンのバイト仲間の女性2人、ボクの同僚男性1人、足マン監督の半田くん、足マンのミツオくん、タウン誌でカミサンの連載の担当をしてくれてる須貝ちゃんの合計8人。ほとんど全員が初対面!という形での宴会はやはり難しく、楽しめた人(もちろんボク含む)は楽しめたが…みたいな結果になってしまい残念。当たり前だけど「どうにかなるさあ」じゃ、どうにもならない時もある事を認識してしまい、海より深く反省。そういえば、我々が現地に到着した時に店の前の河原で半田くんとミツオくんがギターを弾きながら歌い踊ってたのが鮮烈だった。

gwnomi2.jpg

5/5
当然のように二日酔いながらも、昨夜の空中分解のような宴会がとにかく無念で一日寝込む。夜になってやや生き返ったので、スーパーで寿司だの惣菜を買い込んでPRIDE観戦。亀田戦もチラチラとは見たが、基本的に彼等の事は嫌いなので「ケッ」て感じ。格闘技の世界において相手の選手をリスペクトできない人間はほんとに見てて気分悪い。夫婦で「負けたらいいのにね」と話してたが、残念な事に勝ってしまった。

gwnomi1.jpg

テーマ:GW - ジャンル:日記

  1. 2006/05/08(月) 16:16:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

二日酔い

携帯電話の目覚ましで起きたら、昨夜の服のまま茶の間で寝ていた。慌ててシャワーを浴びて、なぜかウドンを煮て中途半端に食べ散らかして出勤。運転しながら気づいた「あれ、もしかしてまだ酔ってる?」吐き気や頭痛がなかったので、うまい具合に酒が抜けたのかと思いきや昨夜の酔っぱらいのまま体内に分解されてないアルコールが残ってるようだった。遅刻ギリギリでタイムカードを押し、そしらぬ素振りで自分の席に…お茶をガブ飲み、ガムを噛んでいると段々気持ち悪くなってきた。吐き気とダルさに耐えながらどうにか午前中を乗り切り昼休み、気分的には飲んだ後なのでラーメンを食べたくなる。普通のラーメンにしとけばいいものを、しっかり食べた方がアルコールも薄まるだろうと餃子にライスまで頼んでしまったのが運のつき。

060501_1251_01.jpg
【“二日酔い”の続きを読む】

テーマ:壊れそうな心 - ジャンル:心と身体

  1. 2006/05/02(火) 15:15:15|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飲酒履歴

先週末は年に1度の恒例行事で山形最大のフリーマーケットにカミサンと出店する予定だったが、会社が休める状態じゃなく急遽出勤になってしまったので、ポチあにきにお願いしてカミサンと2人で出てもらった。なので、日曜日はその打ち上げで飲みに行った。前週の“やきとり二口橋”をベタ褒めした日記を読んだポチあにきが「ぜひ行ってみたい」との事だったので、今回は3人で再訪店。こないだは土曜日とはいえ満席だったので、今回も「花見帰りの客で混んでて座れなかったらショックだ」と心配して家を出る時に電話で空席を確認してから行ったのだが、店に入ってビックリ!カウンターに1人客がいるだけでガラーンとしてる…あれれ?まあいいかと座敷きを広々と使わせていただいた。とりあえず3人で瓶ビールを1本づつ注文して、今夜は完全手酌方式で行く事を約束する。こないだ書いたような瓶ビールの良さをポチあにきに語りつつ、料理を何品か注文。焼き鳥と煮込みと、名前は失念してしまったが聞いたこともないような山菜を2つばかり。2本目のビールを注ぎながらポチあにきが一番搾りの瓶をシミジミと眺めながら「いいなあ~瓶ビール、なるほどね~」とつぶやいてたのをボクは聞き逃さなかった。

060430_03.jpg

途中でポチあにきの友達の寺ちゃんが合流。飲み仲間を探して電話してきたそうなのだが、我々の目の前で電話を取ったポチあにきは「いま飲んでるから来れば~?」とあっさり一言。この行動は初対面の寺ちゃんが到着してから「普通、我々に何か聞くよな~」とか言って笑いのネタにさせてもらった。思えばポチあにきと遊び始めてからもう6年、人付き合いとして長いか短いかは微妙なとこだが、お互いに持ってる「言わんでもわかるよな?」っていう信頼感はものすごく深い気がする。なので一緒にいて疲れないし、なにより余計な気を使わずに楽しい酒を飲む事ができる。

060430~01.jpg

寺ちゃんは気持ちのいい人柄で、ボクもカミサンもすぐに打ち解ける事ができた。山菜のおひたしに、こないだ悶絶したやたらに辛い洋カラシがついてので「このカラシ、あんまり辛くないからたっぷりつけて食べた方がいいよ」と言ったら本当にたっぷりつけて食べ、涙を流していた。気の許せる仲であれば「アホか!めちゃめちゃ辛いやんけ!」とパンチの1発も入れられるだろうに、初対面じゃどうリアクションとっていいかわからずに耐えてる姿を見ながら、とりあえずボクとしても気まづい思いで苦笑いを浮かべるのが精一杯だった。「飲みに行きたくてもなかなか予定が合う飲み友達がいなくて…」と言うので立候補してメアドを交換。ちなみに寺ちゃんが注文したのは、餃子とシシャモフライ。1人暮しなのに居酒屋に来てまでスーパーの惣菜チックな物を頼んでしまうところに性格が感じられて面白い。その後もドジョウ鍋を皆でキャッキャ言いながら食べたりした。

結局この日は、我々とカウンターの1人客以外に客は来なかった…23時過ぎ、ポチあにきが居眠りを始めマスターが「そろそろ閉めっか~」と言い出したのを号令に、やっと重い腰を上げた。焼酎のボトルを2本も空けてしまったので、こないだほどお安くはなかったが楽しい酒が飲めて満足だった。帰りは寺ちゃんと同じ方向だったので、代行に御一緒させてもらった。降り際に「我々の分」と言って千円札を握らせようとしたが「いいからいいから、通り道なんだからさ~」と頑に拒まれた。楽しい酒席にめぐり会うと調子良くなっちゃうのは酒好きの常、こっちも気持ちよく「ありがとうね、次回はまたアレがアレだからアレだぞ~」と約束して厚意に甘えさせてもらった。これで次の日が休みだったら最高だったんだけどなあ…

テーマ:ねこ日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/02(火) 13:13:13|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad