禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おでん東大

toudai1.jpg

事前に調べて知ってたとはいえ、薄暗い繁華街の路地裏で看板の灯りもつけずに夜9時過ぎに開店…というスタイルは、あまりに特殊で驚いた(写真で看板が光ってるのは隣のスナック)。実際、開店10分後に店内の明かりすら漏らさぬように目隠しが貼られた扉を開けるとカウンターから座敷まで満席!どうにか相席させてもらい座る事ができた。さすが人気店…

toudai4.jpg

おでん(各100円台)…昆布の濃いダシが効いていて文句なしに美味。柔らかくプルプルのモツ、味が染みコリコリのハツ、太いヒジキがギッシリ入った袋は個性的、厚揚げは単なる豆腐じゃなく練り物系の食感があった…ちょっとした沖縄らしい特徴が面白い。

toudai3.jpg

焼きてびち(小600円)…この店の一番人気で、お客さん皆が注文している。我々は店内にいる客の中でラストに入店してきたので「何時に出せるかわからないけど…」と言われたけど、それでもお願いしますと頼んだ。一時間程かかりやっとテーブルに置かれた時は、思わず「うわっ!」と声が出た。外側はカリカリに揚げ焼きにされており、内側はコラーゲンと脂でトロトロ…もちろん美味しい!美味しいんだけど、さすがにこの脂…ボクは1/4でギブアップだったけど、残りは豚足大好きなジュンがキレイに!ホント骨までキレイにしゃぶりつくして完食!

toudai2.jpg

ミミガーとマメのサシミ(200円)…料理はたいらげてしまったけど、まだグラスの泡盛は残ってるね…という事で軽い気持ちで注文したこのひと皿、まさかのボリューム!これで200円ていったい??しかもスゴく美味しい!サシミと書いてはあるが、サッと湯通しされたミミガーとマメ(腎臓)がコリコリで醤油とコーレーグースの辛いタレに合うこと合うこと!

こんな人気店なのに、リーズナブルで美味しくて店員のお姉さんお兄さんも愛想よく…なんか、あまりのレベルの高さにクラッとしてしまった。決してキレイな店ではないし、騒がしいお客さんがいたりもあるだろうけど、それを乗り越えてでも来たくなる良店であった。

住所/沖縄県那覇市安里388-8
時間/21:30~翌4:00、日月曜定休・祝祭休・お盆休
 
スポンサーサイト
  1. 2012/12/12(水) 23:23:23|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山羊料理 美咲

今回の沖縄旅行で、ジュンが「絶対食べてみたい」と言っていたのが、山羊刺しだった。ネットで調べた人気店、早めの時間に伺ったつもりだったが、残念ながら満席!店のおばちゃんが「2時間くらい散歩してから来て~」とカウンター越しに笑う。小雨降る中、ホントに1時間ばかり街を歩くが、空腹と喉の乾きMAXで険悪なムードになってしまい人気店を諦め別の店に…で、無事入れたのがモノレール安里駅近くのこのお店。

長いカウンターと、その奥のカラオケの機械…場末のスナック?といった雰囲気だが、カウンターの中の元気なおばちゃんに促されるままに席についた。オリオンの生と、何はともあれまずは「山羊刺し」!

yagisasi1.jpg

山羊刺し(1人前1,200円)…驚くほど美味しかった!生肉好きな嫁に付き合い、かなり色々な生肉を食べてきたが今迄で一番美味しい生肉だと思った。生肉刺しの評価で必ず言われるのが「生臭いか?臭くないか?」だが、臭くないならないで味気なく、面白味に欠け「美味しい」には繋がらない気がする。その点、この山羊刺しはちゃんと肉に旨味が…ジンギスカンで香るような独特な旨味を感じることが出来る。タレのショウガ酢醤油の味が咀嚼と共に薄れると、噛むごとに旨味がどんどん強くなり「いま自分は山羊を食べてる!生で!」という思いが強くなるのだ。

柔らかい赤肉部とコリコリした皮部がセットになって切られているのもいい!あまり美味しいので、泡盛と共にお替わりしてしまった。肉の下に見慣れない葉っぱが敷かれていたので、おばちゃんに「コレ何ですか?」と聞くと「ヨモギだよ」と言い、我々の皿のヨモギを何枚かつまむとギュッギュと揉んでタレをつけてパクリ。我々も続けて真似てみたが、強烈な草の存在感!おばちゃんも苦そうな顔してた…でも、ホントに山羊料理にヨモギは付き物らしい。

yagisasi3.jpg

おばちゃんも隣席のじいちゃんも山形の話題を興味深そうに聞いてくれ盛り上がった。じいちゃんの「こういう、旅行に来て地元の人間と話し弾むの楽しいだろ?」という言葉が、嫌味じゃなく素直に伝わる。ボクも山形で県外の方と居酒屋で同席すると、同じような事を考えるもの。

yagisasi4.jpg

おばちゃんが「これ良かったら食べてみて」と出してくれたモズクの天麩羅やソーメンチャンプルー、何だかんだお代に入ってるんだろうな…と思ってたが、会計時に入ってない事がわかってビックリ!逆に悪い気すらしてしまった。たった一合の泡盛を注文するのに「オススメありますか?」と質問したら並んだ泡盛一種類ずつ細かく説明してくれたり、お替わりの山羊刺し半量でいいなと思い「オカーサン、ちょっとお願いあるんだけど」と声かけると「なに?なに?」とカウンターから身を乗り出してきてくれたりと、情の深さがいちいちハンパない!

yagisasi5.jpg

酒場を渡り歩く者には、ある意味挨拶のようなものだが、帰り際の「また来ます」がこれほど力強く口をついて出たのは久々かもしれない。ホント、行けるものなら今夜も行きたいと思ってしまう居酒屋だった。

住所/沖縄県那覇市安里388-6
時間/17:00~翌3:00
 
  1. 2012/12/11(火) 19:19:19|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛魚

uoznim3.jpg

盛岡市の繁華街である大通商店街の裏路地にある居酒屋、飛魚と書いて「アゴ」と読みます。名前のとおりアゴダシのおでんと、焼鳥の魚バージョン“魚串”をがウリのお店。

uoznim1.jpg

おでん盛り合わせ(800円)…食べかけ写真ですいません。ダシが主役で塩・醤油の引っ込んだ淡い味付けだが、アゴダシなので関西風というわけでもないし、まさに東北風の薄味って感じで面白い。盛り合わせ以外に単品メニューもあるけど、油っ気のある具はなし。しょっぱさと油を徹底的に排除したおでん…確かに今は中途半端なおでん作っても、コンビニの妙にクセになる汁のおでんに毒されてる舌には厳しかったりするだろう。かといって老舗の味を作り出すには手間とコストがかかり過ぎる…というわけで、引き算しまくったシンプルな物を神経質に…いや丁寧に作ってみよう作戦かな?と邪推。じゃがいもとコンニャクが美味しかった。

uoznim2.jpg

魚串並盛り(800円)…まず、見た目が美しい!赤魚と鰆は、パリパリと香ばしい皮とホックリした身の食感の妙が良かった、ねぎ間(まぐろ)は安定感ある組み合わせ、イカは柔らかく、それぞれ楽しめた。唯一、本ししゃもは微妙なサイズなので、丸ごとガブリだとワイルドな人は問題ないかもしれないが、個人的にちょっと小骨が気になってしまった。これで、器になってる石が少し温かくされていて、添えられた山葵と柚胡椒がもう少しいいものだとグッと満足度が増すだろうけど、そこまですると800円で済まないんだろうな…

uoznim4.jpg

一杯目にキリンラガー樽生(550円)をいただき、後は数種類ある純米酒一合(600円)の中から岩手のお酒を選んでいただいた。菊の司『精粋』は甘口で飲みやすいタイプ、鷲の尾『北窓三友』は辛口でドライな酒、月の輪『純米酒』は前の2種のちょうど中間のような甘過ぎず辛過ぎずでとても気に入り、翌日酒屋で買って自分達への土産にした。

uoznim5.jpg

白壁に木のテーブル&イス、白シャツと黒エプロンの店員、低く流れるジャズ…全国どこにでもある“ちょっと洒落た今風の居酒屋”。周囲に郷土料理を出す店もたくさんあったし、内陸の盛岡で魚料理もない気がしたが、一軒目で焼肉と冷麺をいただき腹の膨らんだ我々には惹かれるシュチュエーションだった。実際、大ぶりの猪口にもっきりで注がれたお酒を味わうのに、まったく邪魔にならない薄味のおでんはピッタリだった。難を言えば、カラシだけはガヒーンと鼻にくる下品なヤツの方が良かったなあ〜

住所/岩手県盛岡市菜園2-6-8
時間/17:00~20:00(日曜定休)
 
  1. 2012/11/13(火) 21:21:21|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HR/HM BAR『LAPIS』

知ってた?ボク全然知らなかった…七日町にヘビーメタル&ハードロックを堪能できるROCK BARがあったなんて!店内モニターでは全盛期のMotley CrueやSKID ROWのライブ映像が常時流れ、カウンターの常連女性が「やっぱ、この頃のバズが最高よね~」なんてタメ息ついてたりするの…スゴクない?いや~ビックリした。

lapi2.jpg

ハーフ顔のイケメンマスター(桐島ローランド似)は、鶴岡出身で何とボクと同い年!10年程前から同じ場所でBARをやってて、このスタイルになって5年くらいだそうです。もちろんHR/HM大好きで、キャッチーなバンドからゴリゴリのメタルまで知識豊富で、話してて最高に楽しい。会話してると、カウンター下から最新号のBURRN!がスッと出て来たりするのもウケる。

たまに店でライブもやってるそうで、店内には楽器がゴロゴロしてる…「いじっていい?」と聞くと「どうぞどうぞ」との事で、一度弾いてみたかったParkerのギターや懐かしいBill Lawrence、コンポーネントのランダムスターを酔った勢いでベタベタと触らせていただいた。ハァ~楽しい!

lapi3.jpg

飲み物は、生ビール(600円)、カクテル各種(700円~)等、ピザやパスタなどフードも充実している。メニューにモヒートが無かったので聞いたら「それっぽいので良ければ作れますよ」との事で、作ってもらったカクテルが美味だった(ミントが強くて、かなり酔ってる舌に爽やかだった)!

HR/HM BARという事で、「うるさい音楽がガンガン流れてて、会話もままならない店なんだろ?」と思う方もいるかもしれないが、ご安心めされい。音楽が常時流れてはいるが、うるさく感じるレベルではないので、ノー問題!そもそも、この店に連れてきてくれたのが行きつけの居酒屋のマスターで、HR/HMなんて全然興味ない人だもの。「最近気に入ってるBARがあるんだ」と連れてってもらったら、まさかのHR/HM BAR「うわ、最高!こんな店が七日町に?」と興奮するボクを見て「こーいうの好きだったんだ…」とポカンとしてた。

lapi1.jpg

場所は、七日町通りのセブンイレブンから東にシタタッと歩き、熊谷自転車さんの交差点から数メートルのビル2階。HR/HM好きな人は是非とも行くべし!安心して欲しいんだけど、決してマスターは「Wao!ファッキンビアでパーリーナイトだぜ!イエァ!」って人じゃなくて、我々と同じく「Wao!ファッキンビアでパーリーナイトだぜ!イエァ!」って人が好きな人だから。

HR/HM BAR『LAPIS(ラピス)』
住所/山形県山形市七日町4-1-31道産子ビル2F
営業/19:30~1:00頃(不定休)
 
  1. 2012/09/04(火) 17:17:17|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古民家宴会 2011 夏

いつも半田くん達と20名以上でやっていたタガマヤ村での古民家宴会、今回は関東の友人達と「少人数でまったり飲んでみっぺ」という事で、山形の古い仲間を含め10名でやってみた。

taga68.jpg

夏休みに入ったばかりのジュンの異母姉妹な小学生の妹も、この日に合わせて東京から呼んだ。最初はさすがに人見知りしてたが、すぐに打ち解けはシュンとはしゃいでいた。複雑な家庭環境ゆえ祖父祖母宅に遊びに行くような事の無いこの子の為に、この“古民家の夏”を味あわせてあげたかった。子供のうちにテレビや漫画に出て来る“田舎の風景”に触れさせてやりたかった。

taga63.jpg

taga64.jpg

庭でバーベキュー、馬焼肉食って、美味しい馬刺し食って、しこたまビール飲んで、卓球やって…10名だと人口密度低くて寂しいかな?と一瞬思ったりもしたけど、全然いい感じだった。

taga61.jpg

今回初挑戦だった露天風呂!気持ち良かった!さすがに女性陣は入らなかったけど、おっさん達は「どんなもんだか入ってみべえ」と代わる代わるドボン!翌日、帰宅してデジカメのデータ見たら露天に入った全員のチンコがガッツリ写ってて、初めて我が家で『オトウヤン専用フォルダ』が作られた。

taga66.jpg

ギャラリーに囲まれ、見守られながら入る露天風呂…

taga65.jpg

我ながら絶妙なアングルでチンコを隠し撮影された一枚。

taga69.jpg

暗くなってからフラッシュ焚いて撮ると、ちょっと盗撮っぽくて怖い。

taga70.jpg

しこたま飲んでつぶれて眠り、翌日は早朝からbabydriverさん指導のもと手打ち中華麺作り!細麺と太麺2種類打って、つけ麺でいただいた(ちなみにボクは手伝わず、一番最後まで寝てました)。大きなザルを皆でつつきながら食べたつけ麺おいしかった!

taga71.jpg

taga62.jpg

楽しい時間はあまりに早く、あっという間にお別れの時間…いつもの事だが一晩の短さを受け入れられず、去り際には「もっと何かできたんじゃないか?」「まだ、アレもしたかったコレもしたかった」と思いながら、この場所を後にする。

そーいえば、げんちゃんは一人きりで蔵で寝泊まりしたんだよ。酔っぱらって夜中に何度か覗きに行ったのを薄ら覚えている…スゲーな、暗闇平気なボクもさすがにアレは恐い。

最近、たまに考える事がある…気の許せる仲間と酒を飲んでいて、泥酔した目でふと辺りを見渡した時の風景が、今まで自分が歩んできた人生の“こここまでの結果”なんじゃないか?って…そう考えると、関東からわざわざ訪れてくれる友達がいて、山形の仲間も傍らにいて、皆が笑ってて…ボクの人生も「悪くないんじゃないかしら?」と思えてくる。1年ぶりのタガマヤ…去年は義母が亡くなり、タガマヤ明けで通夜だった。あれからグルッと12ヶ月たって、またここで仲間と良い飲めた。これ以上の幸福はない。

ちなみに、この時に玉置さんが取材した記事がコチラ。ジュンが山形の郷土料理“だし”を作っている。


 
  1. 2011/08/06(土) 10:10:10|
  2. 飲酒履歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad