禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻や愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

親の心子知らず

FullSizeRender.jpg

所謂『反抗期』に屁理屈で親をやりこめた事があって、母親が「あんたが親になった時に、どんな子育てするか楽しみだよ!」なんて憎まれ口を叩いたことを覚えているのですが、確かに親になる前と親になってからでは色々と感じ方が変わるものです。我が子のことを考えていて煮詰まった時とかに、ふと自分の両親のことを思い返すと今まで思ったこともなかった「愛されてたんだな」なんて気持ちが湧いてきてホロリとくる瞬間があったりします。逆に、ボクはあまり良い子供ではなかったので、よく親を怒らせたり泣かせたりして、真っ当に生きる親兄弟に比べ「自分のような不出来な者が身内にいて申し訳ない」みたいな感覚がズッとあったのですが、これ…親にも少なからず原因があるね。自分だけのせいだと今まで思ってたけど、ちがう気がする…これも親になったからこそ得られた感覚な気がします。「どんな子育てするか楽しみだよ!」と言ってた母は今「あなた達夫婦は本当によく頑張ってる」と褒めてくれてます。
 
関連記事
  1. 2015/03/08(日) 23:23:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

親心子知らずとはよく言ったもので、親になって初めて分かる事が多いですよね。自分も20年前に赤子を育てていた頃良く思ったものです。先は長い。気長に付き合うって事ですね。
  1. 2015/03/10(火) 14:30:54 |
  2. URL |
  3. 冬霧 #-
  4. [ 編集]

Re:

20年!長くもありあっという間でもあるんでしょうね…気長に子供との時間を楽しみたいと思います。
  1. 2015/04/25(土) 23:31:49 |
  2. URL |
  3. 禿生 * hagenama #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dondonyaki.blog38.fc2.com/tb.php/1122-22c61449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad